ビットコインのカップアンドハンドル狙い失敗

トレードは奥が深く難しいです。カップアンドハンドルの形からのロング狙いシナリオが見事に崩されました。

【エントリー】カップアンドハンドルのからの上昇ねらい

カップアンドハンドルのハンドル部分が完成しステージ1への移行も確認できたためロングエントリーしました。

【エグジット】上昇シナリオ不発ロスカット

シナリオどおりに上昇せず逆行。ロスカット設定に引っかかって負けトレードとなりました。勝率が3割を切ってしまった。

トレード結果

取引所 BitMex
通貨 ビットコイン
ポジション ロング
レバレッジ 1倍
エントリー 9199.5ドル
エグジット 8810.0ドル
損益額 △0.02853918XBT
損益率 △4.2%
勝率 29%
ペイオフレシオ 6.49

今後の予定

今回の下落は200MAで止められています。今後もし200MAを下抜けしていった場合、一度上抜けたオレンジの下降トレンドラインにサポートされるかどうかを見ていきたいと思います。

上昇の場合は、200MAか下降トレンドラインで跳ね返って上にいき、下降の場合は2つのサポートをぶち抜いて直近安値の7400ドル辺りを下抜けする展開だと思っています。

まずは200MA近辺の売買の攻防を見極めて自分のポジションを決めていきたいという感じですかね。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

ビットコインのショートポジションを一気に踏み上げられる

途中までシナリオどおりに動いていたBTCのショートポジションですが、わずか数時間で一気に踏み上げられ、ロスカットラインを突き抜けていきました。

【エントリー】エリオット波動で戻り売り狙い

 

エントリーは1回目のエントリーでロスカットにあった後、200MA付近まで戻ってきたので、いい売り場だなと思いエントリーしました。

直後に踏み上げられてロスカットラインぎりぎりまで迫られましたが、なんとか耐えて下落トレンドに乗れたと思っていました。

ヘッドアンドショルダーの形からきれいに下落してくれ、一時は含み益15%までいき、どこで利確しようか考えていたところ衝撃のオハギャーが訪れます。

【エグジット】テクニカル無視の大暴騰で一気に狩られる

エリオットのC波がどこまで伸びるかなと思い利確ポイントを考えながら眠り、朝起きたら一瞬にして建値まで戻っていました。

損小利大のスイングトレードだと下落直後に利確はできないため、このロスカットは諦めるしかないですね。

200MAと平行チャネルを一瞬でぶち抜くこの暴騰は予想できないです。

今にして思うとグーグルの研究チームが量子コンピュータの発表をしてブロックチェーンの暗号技術危うしBTC下落!というニュースが大々的にメディアに出ており、新規ショートの過剰誘致が疑わしかったですが、こんな大がかりなダマシが行われるとは想像以上でした。

今回は、むしろ損切りをきっちり入れて損失を最小限に抑えることができたので良かったと考えます。これもし損切り入れてなかったらと考えると震えます。

[aside type=”warning”]注意
テクニカル無視の急な暴騰・暴落はあきらめる。損切りに感謝する。
 [/aside]

トレード結果

取引所 BitMex
通貨 ビットコイン
ポジション ショート
レバレッジ 1倍
エントリー 8586.5ドル
エグジット 8940.0ドル
損益額 △0.02673900XBT
資金率 4.0%
勝率 33%
ペイオフレシオ 7.12

今後の予定

9月下旬から始まった下落トレンドはいったんこれで終了かなと思っています。

もちろんここからすぐに下落して平行チャネルに戻って再度下落が始まる可能性もありますが、この暴騰でかなりのエネルギーを放出しているため、限りなくその確率は低いと考えます。

また、暴騰したとはいえ完全に上昇トレンドに移行したわけではありません。ここから上に行くにしろ、下に行くにしろ、エネルギーを貯める期間が必要だと思うので、どこかの価格帯でレンジ入りすると思います。

イーサのチャートも見ながら、レンジ入りした時に優位性がありそうなポイントで上か下を見極めエントリーしていきたいです。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

ビットコイン戻り売りねらい失敗

下落初動を取り逃がしたので戻り売り狙いでエントリーしましたが、一発目は不発に終わりロスカットとなりました。残念。

【エントリー】4時間足の帯突入で戻り売りねらい

大陰線の後の4時間足の戻しでEMAの帯まで入ってきて小さな陰線が出たので、ここから再下落が始まると予想してショートエントリーしました。

【エグジット】上方向にブレイクしてロスカット

エントリー後すぐに逆行し、ロスカットまであと40ドルのところでギリギリ耐え、一時レンジ下限の7,800ドル付近まで下がりました。

当然下値ブレイクねらいで持ち続けていたところ、上に跳ねて見事ロスカット。

4時間足だけ見るとステージが6に移動していて上方向のサインが出ています。マイルールではステージ移転した時点で逃げておくべきタイミングでした。

しかし、日足だとまだまだステージ4の下落局面だからという理由で持ち続けてしまいました。失敗です。

エントリーとエグジットは同じ時間足で判断するというのは頭ではわかっていても実際のトレードとなると、自分の都合のよい方向に考えてしまいダメですね。

[aside type=”warning”]注意
エントリーとエグジットは必ず同じ時間足で判断すること!
 [/aside]

トレード結果

取引所 BitMex
通貨 ビットコイン
ポジション ショート
レバレッジ 1倍
エントリー 8,230ドル
エグジット 8,560ドル
損益額 △0.02705385XBT
資金率 4.0%
勝率 40%
ペイオフレシオ 17.67

今後の予定

これを書いている段階ですでにBTC日足で判断し、エントリーしています。

日足のステージ4が続く限り、ある程度のロスカット覚悟で売り向かい下落トレンドを取りにいきたいです。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

イーサリアムのロング同値撤退

イーサリアムのロングポジションを閉じました。今回のトレードもなかなか勉強になったので記録しておきます。

【エントリー】イーサリアムが長い下落トレンドを抜けステージ6へ突入

イーサリアムの日足が帯抜けしステージ6へ突入したタイミングでロングしました。

BTCがレンジ相場であまり動きがなかったので比較的ボラがあったイーサでポジションをとってみました。

【エグジット】まさかの陰線連発で余儀なく同値撤退

200MAで跳ね返るかと思い見ていましたが、あっさり抜けてきたので諦めて決済しました。

9/24の20:00頃決済したのですが、その日の深夜に大暴落。

そのまま持っていてもロスカット(190ドル)は入れてあったので、暴落途中に損切りという結果となったので、多少は助かったかなという感じです。

悔やまれるのはBTCの下落初動を取れなかったことです。

ディセンディングトライアングルの先で煮詰まってきていてステージも4。そこからセオリーどおり下抜けしてきました。

この下落初動は取りたかったですが、イーサの負けトレードでエントリーする気力が残っていませんでした。

BTCの下落を見ていて感じたことは、BTCとETHは相関するので逆相関するようなポジションは危険だから避けるべしということです。

具体的に言うと今回のようにBTCが明らかに下落しそうな時にいくらイーサのチャートがきれいな上昇トレンドを描いていても、ダマシにあうということです。

今後、同じような局面に出くわしたら気を付けようと思います。

[aside type=”warning”]注意
ビットコインとイーサリアムは相関する。逆相関するポジションは取るな!
 [/aside]

トレード結果

取引所 BitMex
通貨 イーサリアム
ポジション ロング
レバレッジ 1倍
エントリー 198.00ドル
エグジット 197.00ドル
損益額 △0.0047XBT
資金率 4%
勝率 50%
ペイオフレシオ 11.78

今後の予定

BTCかイーサの下落トレンド途中での戻り売りを狙っていきたいと思います。イーサはだいぶ下げたので、下落余力があるのはBTCかなと思っています。

日足だと戻り売りポイントがつかみにくいため、4時間足でトレードしようかと思っています。

エリオットのC波をとりにいく作戦ですね。結果が出たらまたここで報告します。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

イーサリアムのショートを2ヶ月間握りしめた結果

イーサリアムでショートポジションをとり、エグジットするタイミングがなかなか訪れず2ヶ月が経過しました。

結果を報告したいと思います。

【エントリー】ダブルトップからの下落トレンド狙いがズバリ的中

ダブルトップのネックラインを割りステージも3に移行したため、ショートエントリーしました。

ラッキーなことにエントリー後、2時間程度で大陰線が出て勝利がほぼ確定。

BTCは同じようなダブルトップから下落せずにレンジに入ってトライアングルをつくっているだけに、イーサの綺麗な下落トレンドが取れたのはラッキーでした。

【エグジット】20EMA超えでエリオットC波終了と判断

エントリーしてから1度目の20EMA超えは、まだC波がくると思い耐えましたが、2度目は決済しました。

ここからまだ下落する可能性も当然ありますが、自分が決めたルール通りに利食いです。

トレード結果

取引所 Bitmex
通貨 イーサリアム
ポジション ショート
レバレッジ 1倍
エントリー 268.00ドル
エグジット 190.10ドル
損益額 0.14851613XBT
資金率 4%
勝率 67%
ペイオフレシオ 7.38

感想と今後の予定

今回のエントリーはトレンドに乗るまで一度もロスカットを食らわなかったのでラッキーだと思いました。

損切りをあまり食らわない精度の高いエントリーが理想ですが、まだまだある程度損切り覚悟でエントリーしないとトレンドに乗れないと感じます。

これからも損切りにビビらずに積極的にエントリーしていきたいと思います。

今後の予定としては、ディセンディングトライアングルを作っているBTCの抜けた方向へのエントリーか、イーサリアムが200MA超えてきたらロングエントリーかといったところですかね。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

プライスアクションのインサイドをフル活用

BitMexで主にビットコインのトレードを練習中です。

勝率や資金管理、負けたトレードの反省点など忘れないように記録に残しておきます。時々見返しながら次のトレードに活かすためのトレード日記です。

【エントリー】プライスアクションのインサイド

エントリーした理由

  • ステージが2→1へ移行
  • 帯の中に入った陰線を母線として7日間もみ合った後、上に抜けた(プライスアクションのインサイド)

【エグジット】大陰線の出現

エグジットした理由

  • 前日ローソク足の安値を下抜けする大陰線の出現
  • 節目の水平ライン(11,698ドル)下抜け
  • エリオット5波、上昇トレンドが開始して3つ目の山完成に見える

トレード結果

取引所BitMex
通貨ビットコイン
ポジションロング
レバレッジ1倍
エントリー8,250ドル
エグジット11,914ドル
損益額0.12574221XBT
資金率4%
勝率50%
ペイオフレシオ6.77

今後の予定

6/27の大陰線を母線としたインサイドで上抜けした場合はエリオット5波継続と判断し、ロングエントリー。

下抜けした場合は5EMAが40EMAをデッドクロスした時点(第3ステージ)でショートエントリー。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

ステージの戻りは損切りすべし

移動平均線大循環での第2ステージから第1ステージへ一瞬戻ったのでロングで入ったのですが、すぐに第2ステージへ逆戻り。

逆戻りした場合は、一旦手仕舞いしたほうがよいと思いました。

ステージの戻り

BitMex日足

ステージの推移が2→1→2。2→1となったところでロングインしました。

結果、第1ステージは1日しか滞在せずにすぐに第2ステージへ移行してしまい損切り設定にひっかかりロスカット。

インサイドはブレイクした方向へ売買

プライスアクション的には、2段下げの2段目の大陰線を母線とすればインサイドにあたります。

インサイドの基本はブレイクした方向への売買なので、ここは上か下か見極めてインすべきでした。

トレード結果

区分内容
通貨ビットコイン
ポジションロング
レバレッジ1倍
エントリー8034
エグジット7712
ROE-4%

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

サバ缶そぼろは作り置きも美味しい

サバ缶ブームがあって家にサバ缶が大量にあったのでそぼろを作ってみました。当日だけではなく2日目も味がしみ込んで美味しいです。

サバ缶三色そぼろ

サバの水煮缶を水ごとフライパンにぶっこんで醤油、酒、生姜で炒め、最後にゴマを振りかけるだけの簡単レシピです。

これが初日もいいですが2日目もまた美味しいのでおすすめです。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

BitMEXは先物取引 満期日には気を付けよう

朝起きたらBitMEXで持ってたはずのライトコインのポジションが決済されていました。

よくよく調べてみるとBitMEXで取り扱っているアルトコインは満期日がある先物取引だったのです。知らずに持っていると満期日に自動決済されるので気を付けましょう。

BitMEX先物取引の満期日訪れる

10日間ほどBitMEXでライトコインのロングポジションを持っていたのですが、朝起きたら決済されていました。

最初は意味がわからず、ハッキングされた?とさえ思いましたが、調べた結果先物の満期日が訪れていただけでした。

恥ずかしながら自分が先物取引を行っていると思っていませんでした。FXだと思っていました。

[aside]先物取引
先物取引とは、ある商品を将来の特定の日(期限日)に現時点で取り決めた価格で売買することを契約する取引です。

決済に関しては、限月と呼ばれる決済月の決済期限日までに反対売買を行って、その差額を決済する差金決済制度が設けられています。
 [/aside]

FXとの大きな違いは満期日が設定されていることです。

MEXではBTCとETHは無期限となっていますが他のアルトコインは期限付きです。取引される際はくれぐれも気を付けてください。

トレード結果

区分内容
通貨ライトコイン
ポジションロング
レバレッジ1倍
エントリー0.01470XBT
エグジット0.01492XBT
ROE1.01%
ライトコイン日足

ここ数日もみ合っていましたが、まだまだ綺麗な上昇トレンドを描いているライトコインです。

20EMAをサポートラインとしてもう一段上にいくかなと思っていましたが先物強制決済によりポジション解消させられました。

再度入る気にもなれなかったので今はライトコインよりも勢いのありそうなカルダノのロングポジションを握っています。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

映画「マネー・ショート」を観て思ったこと

以前から気になっていた映画マネー・ショートを観ました。

優秀なトレーダーはショーターが多いと言いますから、これを観れば一流トレーダーの何かがわかるかもしれません。

映画「マネー・ショート」を観た感想

住宅バブルに沸いていた時にファンダメンタル的に崩壊すると読んで空売りを仕掛けるという内容です。

リーマンショック当時の様子がよくわかり興味深かったです。映画としてはすごく楽しめました。

しかし、この映画の手法を現実世界に落とし込むと、「ファンダ1本で逆張りして損切りせずに逆転狙い」という荒っぽいものになります。

本当にこれをやってしまったら確実に死亡するだろうなと思いました。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]