高齢者の一人暮らしで料理しなくても食費を節約する方法

シニア世代にとって毎日の食事は経済面的に大きなウエイトを占めていると思います。毎日外食では食費がかさんでしまうため、料理が苦手でも自炊せざるを得ない環境にいる方も多いのではないでしょうか。

しかし、今から紹介するサービスを利用すれば、苦手な料理をぜずに美味しいプロの味を格安で味わえることができます。

高齢者の一人暮らしを助ける食事提供スマホアプリ

食事提供アプリReduce GOの説明 https://ydkr.jp/reducego/introduction
Reduce GOとは、飲食店が余してしまい廃棄してしまう食品(もちろん提供時は売り物なので、ちゃんと食べられる食品です)を、毎月定額で食べられるサービスです。使い方はとても簡単。アプリでお料理を探してご注文、あとは取りに行くだけです。現在、年内のリリースを目指して開発しております。

似たようなサービスでフードバンクというのがあります。以下Wikipediaでの説明です。

食品メーカーや外食産業などでは、品質には問題がないものの、包装不備などで市場での流通が困難になり、商品価値を失った食品が発生する。従来は廃棄されていたこうした食品の提供を原則として無償で受け、生活困窮者を支援しているNGO・NPO等の市民団体を通じて野外生活者や児童施設入居者などの生活困窮者に供給する。

賞味期限切れなど品質に問題のある食品は対象としない。提供を行う企業にとっては、廃棄に掛かる金銭的な費用を抑制できるだけでなく、食品廃棄物の発生を抑え、福祉活動に貢献しているという面でCSRの取り組みともなり、企業価値の向上にもつながってくる。

上の説明のようにフードバンクは貧困対策の側面を強く持っています。

Reduce GOも福祉的な面が加味されているのかもしれませんが、もう少し広い顧客層が利用しそうです。

毎日2回注文できて月額1,980円

利用料は定額で月額1,980円という設定です。

毎日2回利用したとすると、1食当たりなんと33円。

もともとは廃棄していた食品とはいえ、この価格はすごいですね。自炊よりも確実に安いでしょう。もう経済的な理由で苦手な料理をする必要がなくなります。

しかもプロの飲食店の料理なので自分で作ったものよりも確実に美味しいです。一人暮らしの方は利用するしかないでしょう。

まとめ

数年後の未来の食生活では、もう料理をする必要がなくなってくるのかもしれません。料理が好きな方は一定数いるので趣味としては残るでしょうけど、生活のためだけの料理はやらなくてもよくなるのではないでしょうか。

自動車の運転もいくら自動運転が普及しても趣味として残るだろうと思われます。料理も同じではないでしょうか。運転も料理もセルフでやる際は高いお金を払って趣味として行う。そんな時代がくるような気がしています。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”damoss” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

運動会の定番曲では物足りないあなたへ

運動会のBGMには定番曲があります。運動の苦手な人は定番曲を聞いただけで拒否反応を示す人も多いのではないでしょうか。

そこで運動の苦手な人でも楽しめる運動会のBGMを考えてみました。

運動会の曲:徒競走編

運動会の花形競技でもある徒競走。運動が苦手な人は後方を孤独に走り、ギャラリーの突き刺さる視線に耐えなければなりません。そんな魔の時間帯に元気を与えてくれるのはこんな曲ではないでしょうか。

定番曲はこれですかね。運動苦手な人は聞くだけでどこかに隠れたくなるでしょう。

運動会の曲:大玉ころがし編

大きな玉を3~4人で協力し、ころがしながらゴールを目指す競技。運動オンチの方は転倒などして確実に他のメンバーの足を引っ張ります。それでもがんばってゴールを目指さないといけません。そんなつらい時になんとか前に進む気力を与えてくれる曲。

定番曲はこれ。

運動会の曲:二人三脚編

二人三脚もパートナーとタイミングを合わせないと確実に転倒します。大事なのはリズム感。ノリノリのEDMで勢いだけでゴールになだれ込みましょう。

定番曲はこちら。

運動会の曲:綱引き編

綱引きは団体競技です。皆が同じ姿勢とタイミングで勢いよく綱を引き相手チームに勝利します。アイドルのライブでオーディエンスが同じ振り付けで応援するような感覚が大事なのではないでしょうか。

定番曲はこちら。

運動会の曲:おしくらまんじゅう編

おしくらまんじゅうは、激しいライブでオーディエンスが体をぶつけ合うモッシュに似ています。運動会のおしくらまんじゅうでこんな曲が流れたら、勢いあまって保護者席にダイブする人が続出するでしょう。

定番曲はこちら。

まとめ

運動会の定番曲に代わる選曲、いかがでしたでしょうか。実際にこんな曲たちが運動会で流れたら楽しいでしょうねえ。主に僕が。

運動会も曲をリクエストできるようになればよいのになと思う今日この頃です。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”damoss” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

フィンランドに行くならサウナに入るべし

日本にもかなり浸透してきたサウナですが、もともとはフィンランドが発祥の地です。「SAUNA」自体フィンランド語です。フィンランドに旅行に行く計画があるなら、ぜひともサウナは体験しておきたいところです。

フィンランドとサウナ

フィンランドは人口540万人でサウナの数はなんと300万個あると言われています。すごい数ですね。1家庭に1つサウナという感じでしょうか。

そんなフィンランドはどこにあるのでしょう。ヨーロッパの方だよなあという漠然としたイメージはあります。

画像:日経ビジネス

首都はヘルシンキ。ロシアに近いですね。緯度が高いのでやはり寒そうです。

日本からは何時間くらいかかるのでしょうか。

画像:北欧トラベル

約11時間ほどかかるようです。まあ普通に遠いですね。

フィンランド式サウナの入り方

写真:BSジャパン

サウナの構造自体は日本と変わらないようですが、サウナ専用のコテージがいくつもある感じです。

そして日本のスーパー銭湯のように水風呂をわざわざ用意する必要はありません。外に出ればそこは氷点下の世界。十分すぎるぐらい体が冷えます。

写真:BSジャパン

サウナ後は凍った湖へダイブ。これは日本では体験できないでしょう。ぜひやってみたいね。

写真:PRTIMES

サウナストーンに水をかけジュワーとさせて湿度を上げる行為を「ロウリュ」と言うらしいです。フィンランドのサウナではこのロウリュを行うのがスタンダード。

日本のサウナでもロウリュのサービスがあるお店ありますよね。

フィンランドでは「ロウリュ」がそのまま店名になった公衆サウナもあるようです。

Loyly公式サイト

ここも行ってみたい。

写真:CNN Travel

そしてフィンランドのサウナでは枝のついた白樺の葉で体を叩きます。これは皮膚の強化と血行促進に効くらしいです。

写真:SKY Spa

フィンランドサウナでは比較的飲食は自由らしいです。そしてこのサウナストーン上でじわじわと熟成させるソーセージ。これは食べてみたいですね。

まとめ

フィンランドサウナの特徴をまとめます。

  • サウナの構造自体は日本と変わらない
  • サウナ後は凍った湖へダイブ
  • ロウリュは必須
  • 白樺の葉で体を叩く
  • サウナストーン上で焼くソーセージが美味しそう

こんなところでしょうか。

行きたいですね、フィンランドサウナ。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”damoss” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

定年制度は70歳まで延びるのか

公務員の定年年齢を65歳以上とする案が検討されているというニュースを見ました。おそらく実現し、近い将来70歳まで延長するのではないかと言われています。果たしてこれはシニア世代にとって幸せな事なのでしょうか。

定年制度70歳に感じること

20代で働き始めたとして70歳まで約50年。

50年間同じ職場で働き続けるのは、さすがに長すぎるでしょう。

労働者側から考えて、50年も同じ職場だといくらお金のためとは言っても、さすがに飽きてきてモチベーションも維持しづらいと思います。

また、使用者側としても50年勤務の方にはそれなりの給与と地位を与えなければなりません。

これは労使にとってあまり良い状態とは言えないのではないでしょうか。

中高年は使えないのか

組織、特に最前線の現場は、若い人中心に回っているところが多いと思います。若いほうが時代の流れに敏感に反応できますし、体力もあります。

40代で管理職となり50歳半ばで役職定年、あまり重要でない部署へたらい回し。このような会社のお荷物コースを進む団塊ジュニア世代が大量に発生し組織を蝕んでいくケースが増えそうです。

しかし、こういった中高年は知識と経験があります。これを活かし仕事に対するモチベーションを取り戻す方法はないのでしょうか。

40代の就活市場が必要

70歳までの50年間の職業人生を半分で分け、約25年目の40代半ば過ぎの転職市場が必要なのではないでしょうか。

現実は、40歳過ぎのおじさんの再就職は非常に困難です。それが分かっているから皆、嫌々今の会社にしがみついており、組織のお荷物と化していきます。

中高年も使い方次第で十分な労働力となると思うので、もう少し市場が受け入れる態勢を整えれば生産性の高い組織作りができるような気がします。

ステージ移行期間が必要

理想を言えば、最初の20何年勤め終わった後、「自分はこれからの職業人生で何がしたいのか」という自分を見つめ直す充電期間があると良いです。

この充電期間に自分の興味のある事、好きな事を小さく実践しながら次のステージに移行していくのが理想的だと考えます。

しかし、これには各家庭の経済状況等、複雑な要因が重なるため困難なケースが多々あるでしょう。

定年を考える際のおすすめ書籍

この本を読んで輝かしい定年後を過ごしている方は全て40代後半から50代前半に第ステージの準備を開始していることを知りました。

また、この本では人生100年時代に突入しているから、それに合わせたライフプランを再構築する必要性があることを知りました。

まとめ

人生100年時代を乗り切るには、在職中に何らかの準備をしていくことが必要不可欠だと思います。

金銭面、精神面ともに充実させ、安心で幸せなシニアライフを送りたいですね。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”damoss” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

家事分担を見直すべきシニア世代

日本の場合、女性に負担が偏りがちな夫婦間の家事分担。皆様のご家庭ではどのように分担されているでしょうか。

家事の分担内容を視覚的に分析

AERAが出した家事分担表が素晴らしいです。1日の家事内容を100のタスクとして表示しています。

こうやって一つ一つ書き出していくと、いかに家事タスクが多いかよく分かりますね。

僕自身も料理や掃除はそこそこやっていますが、育児関係をほとんどやっていないことを自覚しました。一度自分が家事全体の何割ほど負担しているか確認してみると良いと思います。家事に対する意識が変わる気がします。

家に居場所がない中高年

働き方改革で残業せずに早めに帰宅できる中年サラリーマン男性や退職後に時間を持て余すシニア男性は家にいても邪魔者扱いされ居場所がないというケースがあります。

このような方は上記の家事分担表の中から自分で出来そうなタスクを責任もってやってみてはどうでしょうか。家で役割があれば少なくとも居場所がないということにはならないと思います。

おすすめ家事は料理

男性におすすめしたい家事は料理です。

特にお酒が好きな方は料理したほうが良いと思います。自分が食べたいと思うおつまみを作るのは楽しいですよ。そのうえ家族にも感謝されます。

料理は材料の仕入れから、冷蔵庫の在庫管理、調味料の選定などやることが沢山あります。

そしていざ調理にとりかかればアーティストが一つの作品を作り上げるのと同じです。創意工夫やアイデア力、分量の調節能力やアレンジ力など上級者になればなるほど高い能力が必要となります。それだけ奥が深い世界ですので極めれば楽しくなります。

まとめ

  • 家に居場所がなくつらいと感じている人は家事を分担
  • おすすめ家事分担は料理

現役で働いている頃から積極的に家事に関わっていけば、定年後すぐに奥様に熟年離婚を迫られつらい思いをすることもないかと思います。

自分の得意分野を仕事だけではなく家庭でも活かして幸せなシニアライフを実現したいですね。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”damoss” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

音楽と性格の関係

好きな音楽によって性格の特徴は表れるのでしょうか。少し調べてみました。

音楽と性格

好きな音楽によって性格の違いはあるのでしょうか。

NRIインサイトシグナルがアンケート調査した結果によると次のとおりです。

「ソウル/ラップ」「ワールド/レゲエ」系の音楽を好む人は、“外交的”・”ポジティブ・クリエイティブ的思考”・”自由や挑戦を好む”性格の人が多いことがわかります。次いで「ジャズ」「カントリー/ブルース」系の音楽を好む人は、”ポジティブな”性格である傾向が見られます。

そして、

「アニメ/ゲーム」「サウンドトラック」「ヒーリング」系の音楽を好んでいる人は、内向的・ネガティブな性格の人であることがわかります。また同時に、彼らの中には一人が好きな人が多いことも見受けられます。

さらに、

「フォーク」「クラシック」「サウンドトラック」を好む人は、他と比べて伝統や安泰を好む傾向にあることもわかります。

と続きます。

また、アンケート結果によると年代によっても音楽の好みは分かれてくるとのことです。

確かに、自分に置き換えて考えてみても若い頃はロックやパンクを好んで聴いていましたが、中年となった現在はもう少し落ち着いたものを求めるようになりました。

まとめ

好みの音楽による性格の傾向は以下のとおりです。

  • ソウル/ラップ/ワールド/レゲエ・・・外交的、ポジティブ、クリエイティブ思考、自由や挑戦を好む
  • アニメ/ゲーム/サウンドトラック/ヒーリング・・・内向的、ネガティブ
  • フォーク/クラシック/サウンドトラック・・・伝統や安泰を好む

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”damoss” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

サウナは女性のダイエットに効果的なのか

サウナは大量の汗をかくためダイエットに効果的です。今回はより効果が高いサウナの入浴方法を考えてみたいと思います。

女性はサウナでダイエット

世の中にはいろいろなダイエット法がありますが、サウナもその一つではないでしょうか。大量の汗をかくため、1回の入浴で1kg前後は減量します。

ポイントはいかに多くの汗をかくか。汗が大量にでれば脂肪が燃焼されダイエット効果抜群です。

今回は僕が実際にやっているサウナ入浴方法を紹介したいと思います。

まずは湯舟に入る

サウナに入る前準備として、まずやっていただきたいのは湯舟に入り体を暖めることです。体が暖まった状態でサウナに入ればより多くの発汗が期待できます。

体が冷えたままだと汗が出るまで時間がかかってしまい効率が悪いです。サウナの前には必ず湯舟に入りましょう。

サウナ室で10分間我慢しましょう

一発目のサウナ室10分間が一番きついですが、一番発汗作用があるため、ここは我慢してがんばりましょう。ここでがんばれるかどうかでダイエット効果に差が出てきます。

僕は自称サウナプロなのでこの最初の10分間は難なくクリアできますが、周囲のサウナ素人の方々は部屋を出るのが早いです。

水風呂に入ってリフレッシュ

より発汗効果を狙いにいく方は水風呂で体を冷やすと汗が出にくくなるため、おすすめしません。

しかし、サウナで熱くなった体を水風呂で冷やすとすごく気持ちいいので僕は絶対に入ります。

水風呂のベスト温度は15℃前後です。お店によっては20℃近い設定の水風呂がありますが、あまり気持ちよくありません。

水風呂温度はサウナプロにとっては重要です。お店選びの一つの基準として水風呂温度15℃前後というのは覚えておいて損はないでしょう。

また、サウナ⇒水風呂という温度差を体に感じさせることで自律神経の調整機能もあるようです。この入浴方法は体に良い事が多いので、ぜひやっていただきたいです。

サウナ⇒水風呂を5セット繰り返す

前述したサウナ⇒水風呂のパターンを5セット繰り返します。途中で休憩がてら湯舟に入ったりもします。

5セット繰り返すことにより、かなりの発汗量となりダイエット効果抜群です。

僕の場合、集中力も高まるので考え事をする時もサウナに行きます。仕事の新しいアイデアが浮かんできたりするのもサウナであることが多いです。

サウナと運動を組み合わせる

サウナと運動を組み合わせるとよりダイエット効果が高まります。

例えば、サウナ+ウォーキングサウナ+サイクリングなどです。

僕の場合は、よく行くサウナ店が近所に2店舗あり、一つは徒歩30分、もう一つは自転車で50分です。お店まで徒歩や自転車で行くことによりサウナ+運動のゴールデンコースが完成します。

ぜひ皆様も近所のサウナ店を探して通ってみてください。

まとめ

サウナはダイエットに効果があります。ダイエットだけではなく、ご飯も美味しく食べれますし、夜もよく眠れます。良いことばかりですので趣味・習慣として本当におすすめです。

サウナの入り方をまとめておきます。

  1. 湯舟に入る
  2. サウナで10分
  3. 水風呂
  4. サウナ⇒水風呂を5セット繰り返す

皆様がサウナを好きになることにより、スリムで健康な体を手に入れることができるよう願っております。

サウナの効果についてはこちらの記事でもまとめてありますので、ご参考にどうぞ。

[kanren postid=”416″]

 

サウナが健康に効果的である11の理由

サウナは健康に良いという何となくのイメージはありますが、具体的にどのような効果があるのでしょうか。調べてみました。

サウナの効果で健康ライフを送りましょう

日本サウナ・スパ協会によると、サウナが健康に良い理由が11挙げられています。さっそく一つずつ見ていきましょう。

①酸素摂取をよくして疲労回復

サウナに入ると血流は安静時の2倍近く亢進します。その結果酸素の摂取量が増え、筋肉疲労物質を分泌するなど、肉体疲労を回復し、エネルギー再生産がなされて疲労回復の効果が上がります。

血流2倍はすごいですね。

僕が良く行くサウナはブルーカラー層が多い気がします。普段体を使った仕事をしている方にとっては、仕事終わりのサウナは疲労回復にもってこいなのでしょう。

②温度刺激でストレス解消

サウナによる高温の空気が全身の皮膚を刺激し、中枢神経の興奮が高められます。これによって、神経による身体機能の調整が促され、ストレスの解消になるのです。

現代人の多くが抱えるストレス。これを食事やお酒で解消しようとすると体を壊します。買い物やギャンブルも危険。サウナの温度刺激でストレス解消できるなら体にも財布にも優しいですね。

③血管が拡張して血圧低下

入浴の直後は一時的に血圧が上昇しますが、その後血管の拡張によって最高血圧・最低血圧ともに低下します。特に最低血圧の低下は、高血圧の人にとって、サウナならではのうれしい効果です。しかし残念ながら入浴後は次第に普段の血圧に戻ります。

高血圧にも効果があるのですね。仕事柄シニア世代の健康診断結果を見る機会があるのですが、高血圧の方多いです。サウナに行きましょう。

しかし高血圧の方は無理は禁物です。以前通っていたサウナで入浴中に倒れ救急車で運ばれていった方を2度目撃しました。自分に合った入浴法でサウナを楽しんでください。

④低温サウナは安眠効果

低温サウナにゆっくり入ると、鎮静作用が働きます。活動的な昼のリズムから休息のリズムへの自然な転換がはかれ、快適な睡眠に役立てることができます。営業サウナでは下段の椅子に座るとよいでしょう。

不眠症で悩んでいるような方には寝る前のサウナは良いでしょうね。

⑤血行促進で肩こり解消

肩こりや筋肉痛の原因は、主に筋肉の過度の緊張や血流の不足です。サウナ浴をすると血行がよくなり、筋肉内を循環する血液量が増え、汗と共に疲労物質(乳酸)が排出されるので、肩こり、腰痛などの神経感覚的症状が改善されます。

スーパー銭湯にはよくジェット風呂や滝に打たれるような風呂があるので、それとサウナと組み合わせて入浴すると肩こりには効果的な気がします。

⑥減量効果

サウナに入ると大量の汗をかきますので、入浴後に体重を計れば1㎏くらい減っています。しかし入浴後は適度の水分補給が必要です。減量は運動や食事とサウナを組合わせるとより効果的です。

これは確かにありますね。「サウナ⇒水風呂」を5回程度繰り返すといつも1kgほど体重は減ります。しかし、サウナ後にお酒や食事を大量に摂取するとすぐ戻るというか増えます。

サウナ後のビールは美味しいんですよねえ。

⑦自律神経を調節して血管強化

サウナの温度刺激は自律神経の調節力を高め、血行をよくします。また毛細血管内の血流も促進されます。

自律神経系の病気を持っている方はよく利用するというのは聞いたことあります。

⑧心臓機能も亢進

サウナに入ると脈拍がしだいに増えてくることからわかるように、心臓の血液拍出量が増加します。したがって血液循環量も増え、酸素や栄養が全身によく供給されます。

僕は健康診断で軽度の不整脈でいつも引っかかるので心臓機能に効果あるのは嬉しいですね。

⑨交代浴で自律神経の訓練

交代浴といって、サウナと冷水浴・冷水シャワーなどを併用する入浴法があります。交代浴による温度変化は、自律神経系の訓練となり、それによって自らの器官機能を調整しますので、大きな健康効果が期待されます。

この交代浴は本当におすすめですね。結構集中力が高まって考え事などする時に良いと思います。

⑩汗腺・皮脂腺も清潔に

サウナによる筋温や血液温の上昇によって老廃物や疲労物質は、汗とともに体外に分泌されます。
体温が約38℃になると、全身の汗腺から汗がでます。同時に毛穴にある皮脂腺からあぶらが、アポクリン腺からは鼻を刺す臭いがでて、汗腺の機能を高め、皮膚や皮下組織を洗浄します。

これがサウナのコンディショニング効果で、疲労をいやし、労働や運動に適した身体状態をつくります。

体がきれいになって明日からの仕事もがんばれると。

⑪身体を温めるとHSPも増加

私たちの身体は約60兆という数の細胞で作られており,そのほとんどがタンパク質からできています。その細胞に熱を加えると細胞内のタンパク質は損傷を受けますが同時にHSP(ヒート・ショック・プロティン)というタンパク質が生まれます。

このHSPは損傷を受けたタンパク質を元通りに修復します。細胞は高熱だけでなく疲労、汗腺、血管の梗塞、虚血状態、紫外線などさまざまなストレスによっても損傷を受けますが,これらの細胞異常に効果があるのがHSPです。冷えは万病のもと、身体を温めると病は治ります。

細胞が復活して病気も治る。

まとめ

素晴らしかったですね、サウナの効果。ではまとめてみます。

  1. 酸素摂取をよくして疲労回復
  2. 温度刺激でストレス解消
  3. 血管が拡張して血圧低下
  4. 低温サウナは安眠効果
  5. 血行促進で肩こり解消
  6. 減量効果
  7. 自律神経を調節して血管強化
  8. 心臓機能も亢進
  9. 交代浴で自律神経の訓練
  10. 汗腺・皮脂腺も清潔に
  11. 身体を温めるとHSPも増加

以上、サウナが健康に効果的である11の理由でした。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”damoss” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

仕事を辞めたい中高年の野望

仕事を辞めるというと若者がブラック企業でうつ病を発症し、というようなネガティブなイメージがあります。

今回は中高年シニアが前向きに仕事を辞めることについて考えていきたいと思います。

仕事を辞めたい中高年は何を考えているか

シニア層が抱える大きな課題として定年後金銭面を含めどのようなライフプランを作っていくかということが重要視されてきています。

今までのような、<教育⇒仕事⇒引退>という3ステージは人間の寿命が長くなった分通用しなくなります。具体的には引退期間の収入は年金のみというライフスタイルは家計が崩壊するため、何らかの報酬を得る手段を持ち合わせていないと生活できません。

では、どのような手段で報酬を得るのがシニアにとって一番幸せなのか考えていきたいと思います。

組織に雇われるという働き方

仕事をするというと、どこかの組織に所属し雇われて働くというのが一般的です。しかし、サラリーマンを40年近く我慢してやってきて定年後も同じような雇われスタイルで働くのはつらいと考えている方は多いのではないでしょうか。

中高年の働き方には多様な選択肢がありますが、100年時代の人生設計や自分らしい働き方を考えていくと独立・起業やフリーランスという形態のほうが好ましいのではないかと思っています。

副業の重要性

副業というとサラリーマンが片手間にお遊び程度にやるイメージがあります。しかし、これからの時代、副業が最重要となってくる気がします。

定年後にいきなりゼロから事業をスタートさせるのは、かなりのリスクを伴います。定年前の40代、50代のうちに定年後も見据えた副業ノウハウを身につけることが幸せなシニアライフ実現には不可欠だと考えます。

副業が軌道に乗ってくれば早期退職し専業になることも可能です。

ここで重要となってくるのがどんな副業をするかということです。副業は必ず自分の好きな事や興味のある事でないと続かないと思います。稼げるからという理由だけで好きでもないことに手を出すと、途中でつまらなくなって投げ出してしまう可能性は高いです。

<教育⇒仕事⇒引退>の3ステージモデルから<教育⇒仕事・副業⇒副業を専業>の複合ステージモデルへの移行が必要な時代になってきていると感じます。

まとめ

中高年にとって仕事を辞めるというのは再就職が困難という意味で若者の何倍ものリスクを伴います。仕事が原因でうつ病等の病気が発症している場合は即退職すべきですが、そうではなくネガティブな理由でただ辞めたいという場合は再考する必要があるのではないでしょうか。

辞める場合もある程度退職後の所得の目途が立ってから辞めるべきでしょう。家庭がある場合は特に所得の有無が重要だと思います。

副業をうまく軌道に乗せ前向きでポジティブな退職を目指せば、その後の人生も輝いて充実したものになるのではないでしょうか。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”damoss” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

料理には音楽を添えましょう

料理をするのが苦手、苦痛だ、楽しくないという方は多いと思います。そんな方々に料理が楽しくなるコツを提案したいと思います。単調になりがちな料理という行為に音楽を取り込めば一気に楽しくなりますよ。

料理シーン別おすすめ音楽

下ごしらえ

まずは材料の下ごしらえに合う音楽の紹介です。野菜や肉を切ったり、魚をさばいたりする時に必要なのはリズムです。包丁でトントントンとリズミカルに材料を切っていくのに合う音楽は、ずばりこんな曲ではないでしょうか。

下ごしらえには同じリズムを反復するハウス系がおすすめです。

下ごしらえ推奨ジャンル:House,Electronica

炒める

フライパンを使用する炒め物料理に必要なのはスピード感。軽快なビートに乗せて手早く炒めましょう。そんな炒め物を作るときに合う音楽はこれです。

炒め物推奨ジャンル:Hip Hop,Rap,Punk

煮込む

カレーやシチュー、おでん、鍋など煮込み料理を作る機会は多いですね。煮込み料理に必要なのは焦らずじっくり煮込むこと。煮込めば煮込むほど料理が美味しくなります。そんな煮込み料理に合う音楽はこちら。

こういうジャジーな曲もいいかも。

煮込み推奨ジャンル:R&B,Soul,Alternative,Ambient,Jazz

盛り付け

いよいよ料理が完成しお皿に盛り付けます。料理に視覚効果は大きく、盛り付け次第で美味しく見えたり、イマイチだったりします。ここはキッチンから家族が待つ食事テーブルへ繰り出す最高に盛り上がる瞬間

派手めで盛り上がる曲をBGMに、奇麗に盛り付け「美味しそー!」と言ってもらいましょう。

盛り付け推奨ジャンル:Dance,Rock

洗い物

料理を作るのは好きだけど後片付けは嫌いという人も多いと思いますが、洗い物も音楽を添えれば楽しくできます。食器を洗うのに必要なのはリズムです。下ごしらえと同じで一定のリズムで洗っていくと均一に食器の汚れを落としていけます。

こんな曲が洗い物をする際には合うのではないでしょうか。

洗い物推奨ジャンル:Electronica,House

まとめ

このように音楽を添えるという少しの工夫で、今まで苦痛だった料理に対する意識が一変します。味気ないキッチンがあなた専用のDJブースに大変身。さあ、今すぐ料理に音楽を取り入れてみましょう。

ちなみに自分好みの音楽の探し方はこちらの記事で少し書いてますのでご参考にどうぞ。

[kanren postid=”332″]

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”damoss” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]