仮想通貨規制する金融庁にはジャンカルロのような人が必要

仮想通貨の規制については、G20でも少し取り上げられたように世界中の関心事です。

しかし、その内容は日本と諸外国では大きくちがうと感じさせられたニュースがあったので取り上げてみます。

イノベーションの芽を摘み取る日本の規制

新しいものに対する日本の対処方法を見ていると既得権益層を守るためガチガチの規制をかけて身動き取れなくしイノベーションの芽を摘み取っているように見えます。

  • Airbnb
  • Uber
  • ドローン

世界では当たり前のサービスが日本ではガチガチ規制のため浸透していきません。

これは仮想通貨の世界でも同じで、対取引所、対ICOに関する金融庁の対応は疑問に思う内容が多いです。

「自由にやらせたほうが良い」と発言したジャンカルロはかっこいい

米商品先物取引委員会(CFTC)のクリストファー・ジャンカルロ委員長がアメリカ議会で発言した内容はかっこよくて共感しました。

私が良い例として指摘したいのは、1990年代、民主党政権と共和党議会が歩調を合わせてインターネットの発展を阻害しない方法を取ったことだ。規制は遅いがイノベーションの進化は速い。もちろん仮想通貨市場の動きに注意を払わなければならない。ただ規制を始める前に少し自由にやらせた方が良いと思う。

仮想通貨市場はG20で相手にされないほどのまだ小規模なんですよね。

そんなところにガチガチの規制をかけてどうするのという感じです。若い優秀な人々が多くコミットしている業界だからジャンカルロが言うように自由にやらせた方が業界は発展するはずです。

リテラシー低い養分はどうするの?

「自由にやらせたらスキャムにダマされ大損し金融庁に泣きついてくるリテラシー最下層が増殖して俺達の仕事が今以上に増えるじゃねえか、どうしてくれるのよ」

という金融庁職員の声が聞こえてきそうです。

そもそもいい大人が「1年で何百倍、何千倍になりますよ」という明らかなスキャムにダマされてしまう事自体が異常です。

原因はお金に対する教育不足だと思います。

中学、高校などからお金に関する正しい教育をきちんと受けるシステムを作れば、リテラシー低い層は増殖しないのではないでしょうか。

日本の金融庁に望むのは規制でコントロールするのではなく、教育で国民全体の金融リテラシーを向上させていく方向にもっていってほしいです。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

ビットコイン・スイングトレード実践日記(2018/07/29)

日々の生活が忙しくトレードに使える時間がなかなか確保できない方は多いと思います。

そんな方々のために朝の10分間を使ってビットコイントレードを行うBTCモーニング10をスタートしました。獲得目標日本円は年間20万円です。

20万円までなら所得税も非課税ですので安心です。年間20万目指して実践記を記録していきます。

BTCモーニング10ルール

[aside]BTCモーニング10ルール
・予算⇒10万円
・目標⇒年間20万円
・利用取引所⇒bitbank
・利用チャート⇒日足
・利用インディケータ⇒移動平均線、ストキャスティクス、MACD
[/aside]

こんな感じでやっていきます。

BTCモーニング10実践記

内容 BTC/JPY 投入および換金額
買い 1,185,500円 100,000円
売り 904,000円 76,354円
損益 △23,646円

実践の感想

いきなりの損切りからスタートするという自分らしい展開です。

反省点としては2月の買い時が悪いですね。ストキャスティクス見ても上がりきってるところで買っています。

買った時の気持ちとしては大きな暴落が終わり、また上昇トレンド入ったからこのまま上がり続けるだろという安直な考えで買っています。今思えばアホですね。甘すぎる。

まずはこのマイナスを取り返すトレード実践記となります。損切り貧乏日記になるかもしれません。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

ビットコイン(bitcoin)の将来価格推移 2018年末40万円!?

ビットコイン価格は2018年末に50,000ドルに上がるとか1,000ドルに落ちるとか色々言われています。

2018年から2019年にかけての少し長期のテクニカル分析をしたいと思います。

ビットコイン将来価格推移

ビットコイン価格はFXで言うところの上目線のロング派、下目線のショート派があると思います。いろいろな方の予想を見て個人的にこんな感じで推移しそうだなと思うところが拾い物の以下画像です。

バブル絡みの三角フラッグからの上放れ。2019年初め頃から下値支持線に沿って上昇。

ただ年初は税金の関係で売りが入りやすいんですよね。この辺りがどう動くのか難しいです。予想時期の前後はあると思いますがこの画像は納得できます。

2018年底値は3600ドル!?

上の画像の予想によると2018年ビットコインの底値は約3600ドル。日本円にして約40万円です。

40万というとちょうど僕が初めてビットコインを買った頃の価格ですね。2018年は1年通して買い増しチャンスyearだと思います。

僕の場合も現在持っているBTC平均取得単価が97万なので買い増しして少しでも単価下げたいところです。

ちなみにBitmexのCEOは底は5,000ドル、年末50,000ドル予想です。


[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

【土日投資】仮想通貨2025年までガチホ(2018/07/28)

仮想通貨長期保有の結果報告です。2025年までガチホして億り人を目指します。

特に投資初心者は短中期トレードよりもまず長期保有投資で安定した資産を確保することをおすすめします。投資経験をある程度積んだうえで短中期トレードに挑むべきだという考え方です。

仮想通貨の長期保有投資ガチホ結果報告

Bitcoin

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
959,300円 1,031,600円 976,893円 △72,300円

今週はビットコインETF一色でした。ETF申請がたくさん出て上昇⇒ウィンクルボス兄弟のETF2回目の否決でちょい下げ⇒現在にいたる、という感じです。

ETF日程は以下参考。


テクニカル的には時間足が下図のようにカップ型で上がっていきそうな形なのですがどうなんでしょうか。

Ethereum

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
521,900円 492,100円 48,979円 29,800円

イーサリアム周辺のプロダクトを見るとプラットフォームのインフラとしてどんどん成熟していっているイメージです。

NEM

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
376,600円 499,900円 25.7円 △123,300円

ネムは以下のツイートにあるようにネム決済できるワードプレスのフラグインを公開したというのが興味深かったです。ネムはプログラムとかわからない素人にも優しいんですよね。

COMSA(Mosaic)

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
43,200円 510,100円 270円 △466,900円

コムサはテレグラムに投稿された内容(グーグル翻訳)によると順調そうです。公式発表ではないにしろこのような進捗がわかる情報は安心できます。

まとめ

市場価格 購入コスト 損益
1,901,000円 2,533,700円 △632,700円

今年は年末まで含み損生活な予感がしています。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

儲かる?儲からない?本を読んで仮想通貨の今からを考えた

仮想通貨は今後どのように発展していくのでしょうか。

堀江貴文さんのこれからを稼ごう: 仮想通貨と未来のお金の話を読みました。タイトルだけ見て「稼ぐ」に重点を置いた内容なのかなと思っていましたが大石哲之さん監修ということで仮想通貨を前面に出した内容だとわかったので手に取りました。

仮想通貨は今から儲かる?儲からない?

この本の最初のページに出てくる言葉です。

[aside type=”boader”]
いつまで君は円建てで人生を考えているんだろう? [/aside]

儲かる、儲からないというより上の言葉が全てを物語っています。

円建てで考えている時点で古いというかダサいというか前時代的なんでしょうね。

前半は日本で人気のビットコイン、イーサリアム、リップルについての考察が書かれており堀江さんの仮想通貨に対する考え方がよく分かりました。

僕のイメージでは堀江さんは法定通貨と仮想通貨に対して中立的な考えかなと思っていたのですが、この本を読むと割とクリプト寄りだなあと思いました。

評価経済への不安

一番印象的だったのは後半に書かれていた「評価経済への不安」です。

「最強伝説黒沢」というマンガを例に出し主人公黒沢のようなタイプ<若くなく、イケメンでもない独身。努力をするけど空回り。友達も恋人もなく、一度もモテたことがない。自分に自信はないけど承認欲求は高い>

このような「低信用」「低評価」の人たちは今後訪れるであろう評価経済社会は少々生きづらいかもしれないと書かれています。

お金2.0 (NewsPicks Book) やWeb3.0の考え方に触れても未来は評価経済社会が確実に訪れるだろうと思います。

そのような未来に良いポジションを取るには今のうちから試行錯誤しながら行動して信用と評価を獲得しておかないと間に合わないと感じました。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

【土日投資】仮想通貨2025年までガチホ(2018/07/21)

仮想通貨長期保有の結果報告です。2025年までガチホして億り人を目指します。

特に投資初心者は短中期トレードよりもまず長期保有投資で安定した資産を確保することをおすすめします。投資経験をある程度積んだうえで短中期トレードに挑むべきだという考え方です。

仮想通貨の長期保有投資ガチホ結果報告

Bitcoin

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
863,100円 1,031,600円 976,893円 △168,500円

逆三尊が綺麗にきまって上昇しています。ここで下がるかもう一段上の95万を試しにいくかまさに丁半博打ですね。まったく予想できません。

Ethereum

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
499,700円 492,100円 48,979円 7,600円

イーサリアム安定しています。平常運転。

NEM

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
356,300円 499,900円 25.7円 △143,600円

ネム10円台の沼が居場所になりつつありますね。

COMSA(Mosaic)

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
45,300円 510,100円 270円 △464,800円

コムサはもうノーコメント。

まとめ

市場価格 購入コスト 損益
1,764,400円 2,533,700円 △769,300円

今週はBTCが上昇したので少し含み損が減りました。今後は上昇トレンドが続くのでしょうか。

夏場は外国人トレーダーがポジションを精算しサマーバケーションに入ると言われているのであまり期待できない気がします。

今週はビットコインETFの話や大手証券会社が参入かといったニュースが飛び交いましたがいずれも確定した話ではありませんでした。

BTC価格はポジティブニュースを受け上昇しましたが大口投資家が夏休み前に自分のポジションを精算するためメディアを使って価格が上がるよう仕向けたといううがった見方もできなくはないです。怖いですね。

チャートの形は上がっていきそうに見えますが、もしFXやってたらショートですかね。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

仮想通貨ビットコイン(bitcoin)年末チャートを予想する

ビットコインのチャートは年末どのようになっているのでしょうか。何らかのポジション持っている方は気になるところだと思います。

そんな時は過去の年末BTCの歴史を振り返ってみましょう。過去に学び新しい発見を導き出す、温故知新です。

仮想通貨ビットコイン年末を振り返る

さっそく振り返りましょう。

2009年~2011年

BTCが立ち上がったばかりの2009年、2010年は年始から年末にかけ順調に右肩上がりのチャートです。

最初のBTCバブルが起きた2011年はハッキング事件により直後に暴落しそのまま年末を迎えています。

2012年~2014年

この3年間も最初の2012年、2013年は順調ですが2014年は下落トレンド。2011年同様に取引所絡みの事件が起きています。

2015年~2017年

2015年からの3年間は黄金の3年間です。年末に向け見事な右肩上がり。

2018年のBTC年末チャートはどうなるのか

2018年も半分経過しました。今年の年末チャートはどのように描かれているのでしょうか。

約3年に1回程度年末に向け下落トレンドなチャートとなっています。確率的に考えると2018年は年末に向け下落する年になるような気がします。

年末下落した年は世間を騒がす大きなネガティブ事件が起こっています。その点でも年初にコインチェック事件があった2018年は下落トレンドになる可能性が高いのではないでしょうか。

年初の暴落直後に反発したダブルトップ120万のネックラインを超えてくると、ひょっとすると伸びる可能性がありますが、普通に考えると65万から110万の間を往復するレンジ相場で1年過ぎるのかなあと見ています。

上のツイートにもあるように長期的にみると2018年中は上下しながら下がり続け2019年に下値抵抗線に沿って上昇していくのではないかと見ています。

2018年末価格予想としては5000ドル(55万円)ですかね。ここで買い増ししたいところです。2018年は仕込みYearとなるのではないでしょうか。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

【土日投資】仮想通貨2025年までガチホ(2018/07/16)

仮想通貨長期保有の結果報告です。2025年までガチホして億り人を目指します。

特に投資初心者は短中期トレードよりもまず長期保有投資で安定した資産を確保することをおすすめします。投資経験をある程度積んだうえで短中期トレードに挑むべきだという考え方です。

仮想通貨の長期保有投資ガチホ結果報告

Bitcoin

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
755,100円 1,031,600円 976,893円 △276,500円

ファンダ的にはそんなに悪材料ないと思うのですが、市場の雰囲気は総悲観ですね。

Ethereum

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
506,500円 492,100円 48,979円 14,400円

まあ、いつも通りですね。

NEM

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
354,700円 499,900円 25.7円 △145,200円

こちらもいつも通り低空飛行。

COMSA(Mosaic)

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
43,800円 510,100円 270円 △466,300円

安いなあコムサ。

まとめ

市場価格 購入コスト 損益
1,660,100円 2,533,700円 △873,600円

いろいろな市場予測を目にしますがしばらく下落目線の方が多い気がします。

昨年取引所アフィで稼いだインフルエンサーも軒並み撤退している模様です。ネット上でさえこのような状況なので、リアルではもっと酷いことになっているでしょうね。

世間一般の方からすれば、仮想通貨=危険、ハッキング、詐欺、ギャンブルというイメージで誰も手を出さなくなってきています。

先日職場の後輩に「いやー僕もバカでした。仮想通貨に3万も入れて今1万になってますよ」と言われました。彼の中では仮想通貨で儲けようとしたけどやられた、某議員じゃないですがパチンコで負けたという感覚なのでしょう。

3万投入でバカなら200万以上入れてガチホし含み損7ケタ近くの僕はどうなってしまうのでしょうか。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

ビットコイン(bitcoin)のハードフォーク ~消えていったコインたち~

ビットコインはハードフォーク問題を抱えています。通常のブロックチェーンからコミュニティーが分裂し全く新しいアルトコインが誕生するハードフォーク。

調べてみると実際にフォークしなかったコインを含め実に多くの種類があることがわかりました。今回はビットコインからハードフォークしたコインの事をまとめてみます。

ビットコインからハードフォークしたコインたち

BTCからフォークしたコインの一覧です。✻実際にフォークしなかったコイン含む。

  • BitcoinXT
  • Bitcoin Unlimited
  • Bitcoin Classic
  • Bitcoin Cash
  • Bitcoin Gold
  • Bitcoin Silver
  • Bitcoin Cash Plus
  • Bitcoin Diamond
  • Bitcoin Private

まだあるかもしれませんが、ざっと調べた限りこのくらいです。

BitcoinXTとは

フォークコインの中からBitcoinXTを調べてみました。

2015年にビットコインコミュニテイー内で議論になった内容は次のとおり。

BTCのトランザクション詰まりや手数料の高騰を解決するためブロックサイズを1MBから8MBに上げるべきというのがBitcoinXTの構想です。

結局、マイナーが一定数XTに移動しなかったためフォークは起こりませんでした。

長年の構想を実現したBitcoin Cash

XTのことを調べて既視感あるなあと思ったら、これまんまBCHのコンセプトなんですよね。

想像するにBTCコミュニティー内はXTの時からブロックサイズ変更問題は消えずにくすぶっていたのではないでしょうか。

そして2017年8月、念願のハードフォーク実現。

トランザクション詰まりや手数料高騰問題をサイドチェーンで解決しようとするBTCとメインチェーンで解決しようとするBCH。

何かと争いがちになる両者ですが、もう完全に別のチェーンに分岐したわけだから、お互い切磋琢磨して暗号通貨界を発展させていってほしいですね。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

ビットコイン(bitcoin)の半減期でマイナーいなくなる?!

ビットコインのマイニングで得られるコインには半減期があります。半減期の仕組みと今まで訪れた半減期の内容および今後の展望などをまとめてみます。

ビットコインの半減期とは

ビットコインのブロックチェーンはマイニングを行うマイナーの方々により公平性が保たれています。

総発行量が2100万枚と決まっているビットコインには供給過多によるインフレを防ぐ必要があります。そのためマイニングにより得られるコイン量が一定量に達した時点で半減期が設定されています。

ビットコインのブロックチェーンは10分に1回新たに生成されます。この時に最も早く計算できたマイナーに報酬としてビットコインが与えられます。

2018年現在ではマイニング報酬は12.5BTCです。

ビットコイン半減期の歴史

ビットコインの半減期はどのような経過をたどってきたのでしょうか。

マイニング報酬 BTC価格 報酬円換算
2010年11月 50BTC 25円 1,250円
2012年11月 25BTC 1,028円 25,700円
2016年7月 12.5BTC 68,405円 855,062円

2018年7月現在は以下のとおりです。

マイニング報酬 BTC価格 報酬円換算
2018年7月 12.5BTC 710,000円 8,875,000円

円換算の報酬が半減期ごとに1ケタ上がっています。

現在のマイニング報酬は1撃800万オーバー/10分はすごいですね。そりゃまあ大手企業も参戦するはずです。

今後の半減期予定です。

マイニング報酬 BTC価格 報酬円換算
2020年 6.25BTC ? ?
2024年 3.125BTC ? ?
2028年 1.5625BTC ? ?

半減期が繰り返されるとマイナーはいなくなるのか

マイニングの損益分岐点がBTC価格で7,000ドルとも8,000ドルとも言われていますが半減期の歴史を振り返ると疑問に感じます。

電気代の高い先進国でのマイニング損益分岐点は7~8千ドルなのかもしれません。しかしBTC価格が下落しても電気代の安い途上国のマイナーや趣味でやっている個人マイナーはいくらでもいるような気がします。

現に2010年、2012年頃のBTC価格が安いときからBTCのブロックチェーンはダウンすることなく稼働しています。マイナー達が常にマイニングし続けているのです。

マイニング状況を表すハッシュレートはBTC価格の下落に関係なく上がり続けています。

2017年11月のBTCとBCHの関係のようなディフィカルティも絡んだマイナー移動はある程度起こる可能性はあります。

しかし今までの歴史を振り返ってみてもBTCマイナーがいなくなるということは考えにくいのではないでしょうか。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]