仮想通貨マーケットの仕組み ~バンドワゴン効果~

失敗するたびに這い上がり、不屈の闘志をもってマーケットに立ち向かうためには何が必要なのか。マーケットで勝ち続けるための発想術が書かれている投資家なら読んでおくべき不朽のロングセラーデイトレードを読んでいます。

トレードのテクニック的な話ではなくトレードする際の心構えといった精神論的な内容です。専門用語が出てくるわけではなく、わかりやすい例え話が中心で初心者には勉強になりありがたい1冊です。

今回はこの本の中で出てくる「バンドワゴン効果」というマーケットの仕組みを非常によく表してる話を紹介します。

2017年の仮想通貨バブルと2018年の大暴落を経験した方にとっては、以下の話は戦慄が体を突き抜けるでしょう。

バンドワゴン効果 ~マーケットの仕組みを垣間見る~

バンドワゴン(楽隊車)が賑やかに進んで行く様子を思い浮かべてほしい。耳に心地よい音楽がバンドワゴンのスピーカーから流れてきてはいるが、バンドワゴンの後ろについて思う存分楽しんで盛り上がっているのはごく少数の人々である。

音楽は大きな音で鮮明に鳴り響き、沿道にいる傍観者たちを次第に引きつけて行く。こうした傍観者たちは甘い音楽に抗することができず、盛り上がっているように見えるパーティーに飛びこんで行く。

傍観者たちが次々とバンドワゴンの後ろに参加していくなかで、当初パーティーの始まりを楽しんでいた人々は離れて行く。後からパーティーに参加してくる人々が増えてくるに従って、バンドワゴンは同じペースで前に進むことが困難になってくる。

バンドワゴンの進行速度は徐々に遅くなり、陽気な騒ぎを見物していた傍観者のさらなる参加を可能にする。群衆はさらに大きくなる。酔っ払った群衆に囲まれてバンドワゴンが前に進めなくなるまで群衆は拡大を続ける。

やがてバンドワゴンは完全に停止する。

バンドワゴンが全く動かなくなると、さらに群衆が膨らんでいく。それも当然である。この時点でパーティーに参加することは極めて容易である。パーティーに加わろうとする人々はもはやバンドワゴンに飛び乗る必要もなく、何の苦労も要しない。

しかし、バンドワゴンの本分は前に進むことである。停止しているバンドワゴンは不自然なものであり、したがって、その状態は長続きするものではない。バンドワゴンは前に進もうとするが、進むことができない。バンドワゴンの後ろの群衆があまりにも多すぎる。

バンドワゴンは何とかこの重荷を振り払わなければならない。そう、バンドワゴンはバックし、数人をなぎ倒すのである。

音楽が鳴り止む。群衆の中に困惑した顔が見える。何が起こっているのかわからぬうちに、再びバンドワゴンは先ほどよりも乱暴にバックする。さらに多くの人々が放り出される。そして、現実が目の当たりになる。

突如として饗宴は悪夢に変わり、パニックが生じる。ある者はバンドワゴンから飛び降りて死んでしまう。さらにバンドワゴンがバックすると、酔っ払って足許のおぼつかない人々が地面に投げつけられる。

この時点で、わずかな、熱狂的なバンドワゴンのファンのみがつかまっている。

彼らの命は非常に細い糸にかかっている。完全に自由になることができないまま、バンドワゴンはアクセルを全開にする。この最後のバックはあまりにも荒々しく、最後までバンドワゴンにしがみついていた人々は振り落とされ、地面に叩きつけられ重症を負ってしまう。

この時点で、新たな傍観者の一群がどこからともなく現れる。彼らは酔っ払っておらず、平静である。彼らの一挙手一投足は、今しがたの惨劇に関わっていなかったためか、力強く、はっきりとしたものである。

彼らは誰なのか。その新しく見える一群は決して新しい顔ぶれなのではなかった。その一群はパーティーが荒れ狂う前に静かにその場を離れていった人々だったのである。

倒れている傍観者たちは、さらに衝撃的な事実を知る。彼らはパーティーの最初の頃に参加していただけではなく、パーティーを始めた人々であったのである。

「何ということだ」と誰かが叫ぶ。振り落とされ、自由に動くこともままならない人々は、ゲームの達人が再び仕事にとりかかるのをただただ眺めるばかりである。

これらプロの一群はバンドワゴンに向かって駆け出していく。一瞬のうちに彼らはバンドワゴンに飛び乗る。あまりにも簡単なことである。群衆を振り払ったバンドワゴンは、自由に優雅に心地よく前進することができる。

その速度は徐々に加速し、すぐにスムーズなペースを取り戻すのである。誰にも邪魔されず数マイルを走ると、これらの達人の中の誰かがスイッチを入れる。すると、再び楽しげな音楽が大音量で流れ出すのである。

誰かが「さあ、やるぞ。また奴らがやって来るぞ。もう1回やってやろう」と叫ぶ。間もなく先ほどの惨劇の被害者たちが再び興味を持ち始める。音楽は墓場へと彼らを招いているようでもある。そして、終わりのない循環が再び始まるのである。

ビットコイン相場をバンドワゴンに当てはめてみる

バンドワゴン効果の話を現在のビットコイン相場に当てはめるとどうなるのでしょうか。

2018年に入りバブルから一転大暴落し、三角ペナントの形で上下しながら推移しています。

特徴的なのは下落が65万前後のところでピタリと止まっている点です。ここの底は相当堅いと思われます。推測するに2017年の春から秋にかけて参入し平均取得価格30万~50万でガチホしている層なのではないでしょうか。

バンドワゴンの話に当てはめると、2017年末に参入したいわゆる出川組は、最初のワゴンのバックで振り落とされています。

2017年参入ガチホ組で熱狂的なファンのみわずかにバンドワゴンにつかまっている状態です。

バンドワゴンの話のとおりのことが現実に起こるとすれば、65万の底値を守っている熱狂的なファンをも振り落とすアクセル全開の荒々しい大暴落が起こることになります。

65万の底値を守っているガチホ組は、2017年末のような高騰が今年(2018年)の年末も起こることを期待していると思います。

今の三角ペナントから上抜けすれば高騰するでしょうが、下抜けする可能性もあります。底値守り隊を振り落とすには年末大暴落は効果的でしょう。

パーティーを始めたのはどんな人?何の目的?

バンドワゴンの話で興味深いのはパーティーをコントロールしているのは、どのような立場の人が何の目的でやっているのかという点です。

この本のタイトルはデイトレーダーです。やはりコントロールしているのはプロのデイトレーダーと考えるのが自然な気がします。

次にプロのデイトレーダーは何の目的でワゴンに乗り込む人々の新陳代謝を行っているのでしょうか。

デイトレーダーは自分が買いたいときには売ってくれる相手が必要です。また売りたいときには買ってくれる相手が必要です。

デイトレーダーが一番恐れているのは売買する相手がいなくなることです。仕事をスムーズに行うには出来高が多く厚い板が必要なのです。

デイトレーダーにとってはバンドワゴンに乗っているのが熱狂的なファンばかりになってしまいトレードしなくなる状態では仕事になりません。一度いい思いをさせワゴンから振り落とします。

そして、振り落とされた者が時間が経過し少し回復してトレード欲が戻ってきた頃に音楽を鳴らして再びワゴンに乗り込んでくるのを待つのです。

これがプロ集団がワゴンに乗り込む人を新陳代謝する理由なのではないでしょうか。

バンドワゴンの話に古参のビットコイナーは出てこない

4~5年前から仮想通貨をガチホしている古参のビットコイナー達はバンドワゴンの話には出てきません。

彼らはバンドワゴンが街中で大音量で流す楽しげな音楽に興味を示しません。

あんな音楽何が楽しいんだろと思いながら、外の喧騒をよそに数年前に買ったレコードを部屋で一人静かに聞いているのです。

彼らはトレードとかマーケットという世界とは別のパラレルワールドで生きているのです。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

【土日投資】仮想通貨2025年までガチホ(2018/08/25)

仮想通貨長期保有の結果報告です。2025年までガチホして億り人を目指します。

特に投資初心者は短中期トレードよりもまず長期保有投資で安定した資産を確保することをおすすめします。投資経験をある程度積んだうえで短中期トレードに挑むべきだという考え方です。

仮想通貨の長期保有投資ガチホ結果報告

Bitcoin

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
783,800円 1,031,600円 976,893円 △247,800円

BTC、69万~72万のレンジからもう一段下げる可能性もありましたが素直に上抜けしてきました。

全体のトレンドは下降なので直近高値の90万円台までは届かず80~85万くらいで上値を切り下げられ止まるかなと見ています。

Ethereum

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
315,200円 492,100円 48,979円 △176,900円

イーサリアム、もうそろそろ底打ったような気がするのですが上がる気配がないですね。

NEM

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
218,400円 499,900円 25.7円 △281,500円

いい通貨だと思うんですけどねXEM。市場からは過小評価されている気がします。

COMSA(Mosaic)

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
43,100円 518,100円 200円 △475,000円

ZaifでコムサのBTC建てが始まりました。このニュースで少し上がっています。

まだまだ出来高少ないのでBTC建てで海外投資家がザクザク購入してほしいですね。

まとめ

市場価格 購入コスト 損益
1,360,500円 2,541,700円 △1,181,200円

今年のガチホはダメですね。来年に期待します。

こういう下落相場の年は短中期トレードを楽しんで過ごしたほうが精神的に楽な気がします。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

ビットコイン(bitcoin)高騰!急落!価格は操作されているのか?!

ビットコイン相場は怪しい動きが多発します。

株式市場のように法規制が整っておらず出来高も少ないため、実際ある程度の資金を持っていれば価格操作可能です。

ビットコインの高騰と急落

2018年8月22日のBTC時間足チャートです。

10:00に71万から75万まで高騰しています。ちょうどこの時100倍のレバレッジをかけれることで有名なFX取引所のBitMexが10:00からメンテナンスに入ることがアナウンスされていました。

この時損切りしたくてもできなくてロスカされたショーターの方は大勢いたのではないでしょうか。恐ろしいですね。貯まったショート資金を根こそぎ回収です。

少し前にTetherの怪しい資金移動があったというニュースを読みましたがこれが目的だったんですね。このような大口の仕掛けを読んでロングでうまく乗れた方もいるようですが初心者には難易度高すぎます。

そして、レンジ相場が上抜けたのかと思わせておいて急落。ロング勢の資金を根こそぎ回収という荒業です。

短期トレードは価格操作がある前提で挑む必要あり

次々とアメリカSECに否認されたBTCのETFですが理由の一つに価格操作されているからというのがありました。

今回の値動きを見ても明らかに価格操作されているのを感じるので仕方ないですね。

短期トレードで成功するにはこのような大口の動きを読み切って売買する必要があると思います。

トレードの世界は本当に恐ろしいです。

それに比べると含み損抱えていてもガチホは平和で落ち着きます。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

仮想通貨投資スタイル ~ガチホ派vsトレード派~

ガチホ派とトレード派は、その投資スタイルや考え方の違いでSNS上などでしばしば衝突します。

そんな光景をちらりと見かけたので記事にしてまとめたいと思います。

ガチホ派vsトレード派

全部のやり取りは把握していませんが、こんな感じで衝突は各地で起こっているようです。

トレードのメリット・デメリット

トレードのメリット、デメリットは以下のとおりです。

トレードのメリット

  • 短時間で大きな利益が出る
  • テクニカル分析で様々な分野の相場に対応可能
  • 刺激があり楽しい
  • ポジションを手仕舞いしたり取り直したりできる
  • すべてのトレードで勝つ必要はなく敗北が折り込まれている

トレードのデメリット

  • 簡単には勝ちにくい
  • 一定時間相場に張り付く必要がある
  • 資金がゼロまたはマイナスとなる可能性あり

ガチホのメリット・デメリット

ガチホのメリット、デメリットです。

ガチホのメリット

  • 時間をかければ利益を出しやすい
  • 対象銘柄に詳しくなり知識が増える
  • 長期で見た場合、安定している

ガチホのデメリット

  • 利益を出すのに時間がかかる
  • 銘柄選択を誤ると消滅するリスクあり
  • 一度買ったらやることがなく退屈

まとめ

ガチホ、トレードともに一長一短あり、どちらが正しいという類のものではないと思います。

難易度からいくと確実にトレードのほうが難しいでしょう。その分、得られる利益も大きいです。

気を付けたほうがよいと思うのは初心者でいきなりFXなどのトレードから入るというやり方です。

SNS上などでは優秀なトレーダーが自身の7ケタ、8ケタの収益を晒しています。それにつられて経験もないのにトレードから入ると剛腕トレーダーに確実に狩り取られ相場から退場させられます。

トレードの世界はゼロサムゲームです。90%の負け組の資金を10%の有能なトレーダーが回収していく世界です。トレーダーが爆益を晒すのは釣られて飛び込んでくる初心者の投資金目当てです。自分たちが回収できる資金を増やしたいのです。

以下の記事にも書きましたがリスクが少ない理想の投資スタイルとしては、ガチホである程度余裕資金を作ってからのトレードだと思います。

[kanren postid=”1509″]

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

 

仮想通貨の相場予想は子どもと鳩で確実に読む

中短期トレードで相場の動きを確実に読む方法はあるのでしょうか。

相場の世界はプロのトレーダーがテクニカル分析を駆使して予想しても勝率は6~7割と言われています。確率論でいけば上がるか下がるかランダムにポジションとっても50%は当たります。

プロではない素人が50%より少しでも勝率を上げる考え方を紹介したいと思います。

子どもと鳩で仮想通貨の相場予想

昔2chに書き込まれたという子どもと鳩の話を紹介します。

小さい子どもが公園で遊んでいる。

この子どもが何をするかは予測不能だ。

しかし鳩の群れに向かっていくのを見た瞬間、鳩が飛び立つのは予想できる。

損をする人は子どもの挙動に賭けているのだ。だから当たったり外れたりする。

なかなか優れた例えだと思いました。

相場の格言の一つに「頭と尻尾はくれてやれ」というのがありますが、これに似ている話だと思いました。

誰もが底値で買いたい、天井で売りたいという欲望はあります。しかし、底・天井を求めるトレードはどうしても勝率は下がり損失リスクが高まります。

少しでも勝率を上げるため上昇や下落の確実なサインが出た時点でポジションをとることが大事ということですね。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

今後の評価経済社会を生き抜く仮想通貨の将来性

現在は産業革命以降続いてきた貨幣経済社会が終わり、評価経済社会に突入している。

貨幣経済社会では法定通貨中心に経済は回ってきましたが、評価経済社会では暗号通貨が主役になるのではないでしょうか。

今後の評価経済社会で活躍する仮想通貨の将来性

農業革命、産業革命を経て情報革命が起こり貨幣経済社会から評価経済社会へシフトしている最中だという内容です。

仕事でたくさん稼ぐ人や現金や貯金を多く持っている人がもてはやされるのが貨幣経済社会。評価経済社会は周囲への影響力やその人の持っている価値観が経済の中心となるという考え方です。

異なる価値観でいくつもの小グループに分かれる

「自分の気持ち」至上主義となり、自分に合う価値観をいくつか選択可能な世界となると書いてありました。

これはまさにブロックチェーンのコンセプトである分散型がうまくマッチすると思いました。

価値観の違ったいくつもの小さい評価経済圏が立ち上がり、そこで使われる暗号通貨を選択できるという世界ですかね。その頃には異なるブロックチェーンを行き来するクロスチェーンも実現されていると思います。

今日は価値観Aのグループで仕事して報酬としてBTCを得て、明日は価値観Bグループで報酬はXRPを得るというような世界です。

画一的な今の貨幣経済社会よりも断然面白そうです。

評価経済社会の概要は、著者の岡田さんと田端さんが対談している以下の動画がわかりやすいです。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

【土日投資】仮想通貨2025年までガチホ(2018/08/18)

仮想通貨長期保有の結果報告です。2025年までガチホして億り人を目指します。

特に投資初心者は短中期トレードよりもまず長期保有投資で安定した資産を確保することをおすすめします。投資経験をある程度積んだうえで短中期トレードに挑むべきだという考え方です。

仮想通貨の長期保有投資ガチホ結果報告

Bitcoin

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
762,600円 1,031,600円 976,893円 △269,000円

BTCの下落は60万円台後半で反発しています。

今年の底は5000ドルとも3000ドルとも言われています。しかし60万円台の底を今年4回挑戦していますがいずれも跳ね返されています。ここの底は固そうですね。逆にこれを突破すると下落の勢いは加速しそうです。

Ethereum

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
348,000円 492,100円 48,979円 △144,100円

イーサリアム暴落しました。一時2万円後半まで下落し、なんとZaif上場以来最安値を更新するという事態に。

下落要因はERC20系トークンを発行している詐欺的ICO団体が規制が厳しくなり儲からなくなったため、手持ちのETHを売りさばいているという噂です。

まあ市場健全化のためには仕方ないですね。

NEM

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
241,800円 499,900円 25.7円 △258,100円

ネム、5年後生き残っていてください。

COMSA(Mosaic)

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
33,600円 518,100円 200円 △484,500円

いま、コムサとネムの低レベルの価格競争が楽しいですよ。M気質の人限定です。

まとめ

市場価格 購入コスト 損益
1,386,000円 2,541,700円 △1,155,700円

以前はクリプトフォリオで毎日収支結果を見ていましたが、最近はこの記事を書くためだけに週一で見るのみです。今年のガチホ分は完全塩漬け状態ですね。来年に期待しています。

今年は下落相場を乗り切る短中期トレードを練習中です。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

ビットコイン・スイングトレード実践日記(2018/08/18→09/05)

日々の生活が忙しくトレードに使える時間がなかなか確保できない方は多いと思います。

そんな方々のために朝の10分間を使ってビットコイントレードを行うBTCモーニング10をスタートしました。獲得目標日本円は年間20万円です。

20万円までなら所得税も非課税ですので安心です。年間20万目指して実践記を記録していきます。

BTCモーニング10ルール

[aside]BTCモーニング10ルール
・予算⇒10万円
・目標⇒年間20万円
・利用取引所⇒bitbank
・利用チャート⇒日足
・利用インディケータ⇒移動平均線、ストキャスティクス、MACD、SAR
[/aside]

こんな感じでやっていきます。

BTCモーニング10実践記

内容 BTC/JPY 投入および換金額
買い 708,400円 76,500円
売り 781,000円 84,348円
損益 7,848円

実践の感想

買い

買ってすぐ70万割れして、少しフライング気味かなあと思いましたが買いました。

ストキャスティクスは買いポイントでした。MACDは確実にいくならゴールデンクロスを確認してからでしょうけど、クロスしそうな動きだったし、トレ転を示すSARも確認できたのでINしました。

理想は前回高値の90万、悪くても前々回の85万くらいまでは伸びてほしいですね。

途中で失速した場合、目標価格に到達していなくても売るつもりです。

売り

まだ上に行くかと思っていましたが突然暴落しました。

大口の海外ウォレットから取引所にBTCが送金されたという情報があったので、近いうちにガラガラっと来るかなと思っていましたが早かったですね。

暴落して、しばらく見ていましたが日足でSARの下落サインが点灯したので、これはあかんヤツだと思い売りました。

家にいてトレードできたから良かったものの外出中、仕事中、就寝中だと対応できないですね。恐ろしいボラティリティです。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

パラボリックSARで仮想通貨のトレンド転換を判断しよう

テクニカル指標の一つにパラボリックSARがあります。初心者にもわかりやすいテクニカル指標です。

パラボリックSARでトレンド転換を判断

ローソク足の上下に点線で表示されているのがパラボリックSARです。

パラボリックSARがローソク足より上にあれば下降トレンド、下にあれば上昇トレンドです。単純でわかりやすいのでトレンド転換の判断に使うと有効です。

だまし上げなどがあり、トレンド転換は判断しづらいです。プロのトレーダーでも100%チャートの動きを読むことはできません。

しかし、このようなテクニカル指標を使いトレンド判断の正解確率を少しでも上げていけばトレードに役立つのではないでしょうか。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

ビットコイン(bitcoin)のチャートグラフをTradingViewでチェックする

ビットコインの価格だけではなくトレンドをつかんでトレードに役立てるためにもチャートは常にチェックしておきたいものです。

ビットコインのチャートグラフはTradingViewでチェック

ビットコインのチャートグラフはTradingViewがわかりやすいです。


テクニカル分析もあります。

各取引所にも必ずチャートはありますので要チェックです。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]