ブロックチェーンの仕組みを利用した具体的活用事例

2018年9月12日に金融庁の第5回仮想通貨交換業等に関する研究会が行われました。

その研究会で使われた資料の中に仮想通貨、ブロックチェーンの具体的活用事例がありましたので取り上げてみます。将来ブロックチェーンはどのように社会に浸透していくか参考になるかと思います。

ブロックチェーンの仕組みを利用した具体的事例

金融庁の仮想通貨交換業等に関する研究会資料から抜粋していきます。報道ベースの資料としてまとめてあります。作成者は一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会です。

自動車

安全運転へのインセンティブや自動運転に要する通信料・電気自動車の充電代金などのペイメントを見据えて、世界的自動車メーカーが仮想通貨発行体と連携或いは独自通貨を検討する流れ。(exメルセデスベンツの独自通貨・フォルクスワーゲンやボッシュとIOTAの連携)

自動車関連のデータの売買に独自通貨を利用し、優良ドライバーが自分のデータを事業者に提供して保険やレンタカーの料金優遇を得たり、自動運転事業者へのデータ売却・活用などをめざすMassVehicleLedgerはシンガポールにてコミッションフリーのライドシェアサービスをローンチするなど、ビジネスレイヤーの拡大も。

移動手段のインフラとしては圧倒的シェアを誇る自動車業界とクリプト界がつながれば規模は相当大きくなるでしょう。

しかしこのような完全な中央集権的なサービスに本当にブロックチェーンが必要なのだろうかという疑問もあります。

著作権

ネット上のコンテンツをブロックチェーン上に書き込み、著作権を主張できる上、記事への投げ銭や記事そのものの売却・買取を仮想通貨で行う等。中国の著作権ブロックチェーン「原本」から派生したPrimasはシンガポールに本社をおき、個人の書いた記事やブログ投稿を簡単にブロックチェーンに書き込むブラウザを開発、その中での支払いを仮想通貨で行う。

SteemやALIS、最近だとnemlogのように記事投稿とブロックチェーンは相性良さそうです。その他デザインなどクリエイター部門では中抜きが発生しない分、消費者とWin-Winの関係になりやすく社会に浸透しそうです。

トークン発行プラットフォーム

世界各地でプラットフォームの開発が進む。ロシアのwaves上には既に18,100種類のトークンがあり、モスクワ証券取引所証券保管振替機関とのパートナーシップを締結。
バイオ系の会社が発行した株式とペグさせたトークンから、現地バーガーキングのクーポンなど様々なトークンが存在。DEX取引所システムも内包。

scamコインをいかに排除するかが今後の課題でしょう。

地域(国家)通貨

岐阜県高山市・飛騨市・白川村のさるぼぼコイン、会津大学の白虎コインなど国内でもプロジェクトが増加中。地域振興券と同様のものが低コストで導入できるメリットがあり、実証実験多数。

海外では、エストニアのestcoin、カリフォルニア州バークレー市によるInitial Community Offeringの構想のほか、ブロックチェーンを用いたプロジェクトを複数国が検討。

地方財源確保の目的であれば、ふるさと納税よりも地域通貨のほうが可能性ある気がします。

不動産

細分化しての共有やシェア・レンタルと相性がよく、オンラインでの管理プラットフォームを活用し、レンタル料の支払いやその配分を仮想通貨で行う。

レンタルよりも登記関係にブロックチェーンを導入したほうが効率よくなるのでは。

医療

自己の医療データをブロックチェーン上で自分で保管し、提携企業に提供し活用するプロジェクトが多数持ち上がっている(韓国ベースのMediblocによるトークンMED等)

カルテ等のデータベースとは相性よさそう。

ソーシャル

ブロックチェーンを利用したSNSサービスが国内外で提供され、コミュニティが育成されている。メッセージングアプリのTelegramはICOのプライベートセールで17億ドルを調達。その他各メッセージングアプリは、送金やサービス利用の代金に仮想通貨決済と相性がよく、各アプリでの実装を進めている。

ひと昔前ではありえなかったですが最近はフォロワー数と収益がリンクしてきています。まさに評価経済社会への移行。

契約管理

イーサリアムを始めとして、スマートコントラクトの技術を使い、契約の履行と支払が同時に行われることが可能に。仮想通貨による産業改革の根幹となるコンセプト

契約や支払いはほんと面倒なので早く社会インフラとして普及してほしい。

スポーツ・e-sports振興

選手やチームへの投げ銭、支持・育成のための寄付・投票などに仮想通貨を利用する動き

クリエイター界同様、相性よさそう。

農業

農家と消費者を直接つなぎ、支払いに仮想通貨を利用することで、コストを削減しようとするプロジェクト等

農業とブロックチェーンというとどこかの国のスキャムICOを思い出してしまいます。

たしかNEMのチェーンを利用した精肉管理があったような記憶があります。

広告

動画や広告を見ることで仮想通貨を得ることができるプラットフォーム等。再生回数や広告クリック数のカウントが透明化でき、より効率のよいマーケティング戦略を練ることを可能にする。

広告のあり方もどんどん変化していくでしょうが、現状のアフィリエイトやアドセンスに導入されれば効率はよくなりそうです。

IOT

モノがインターネットにつながり自律的に発注・決済をするにあたり、IOTを活用するためのマイクロペイメントに焦点をあてたIOTAが提携先を増やしている。

IOTAはそういうコンセプトなんですね。知らなかったです。

エネルギー

個人が発電した電気の販売・支払に仮想通貨を利用。マイニングへの協力により仮想通貨の分配を受ける等

仮想通貨を利用する必要性がいまいちわかりません。

エンターテイメント

イーサリアム上のDappsは現在はゲームなどのエンターテイメントが多い。ゲーム内アイテムの売買等に利用できる。

Dappsもいまいち浸透しませんね。

保険

ブロックチェーン上でデータをやりとりし、保険料の支払いが迅速に行われるサービスの開発が進んでいる。

ブロックチェーンを使う必要あるのでしょうか。

トークンエコシステム

楽天・メルカリなどがEコマース・PtoPでの決済手段として仮想通貨を利用する展望を示し、エコシステムの構築・拡大を目指している。

ここらへんのPtoP取引はステーブルコインでしょうね。

まとめ

報道ベースで出た話だけでもいろいろあるんですね。知らなかったものも多数あったので面白かったです。

これから仮想通貨やブロックチェーンが社会インフラとして浸透していくには「これは便利だ!使いたい!」というような強烈なインパクトのあるサービスが登場すると一気に拡散するのではないでしょうか。

と、ホリエモンが言っていた気がします。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

【土日投資】仮想通貨2025年までガチホ(2018/09/29)

仮想通貨長期保有の結果報告です。2025年までガチホします。

特に投資初心者は短中期トレードよりもまず長期保有投資で安定した資産を確保することをおすすめします。投資経験をある程度積んだうえで短中期トレードに挑むべきだという考え方です。

仮想通貨の長期保有投資ガチホ結果報告

Bitcoin

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
794,800円 1,031,600円 976,893円 △236,800円

以下のツイートにもあるように、そろそろ三角フラッグの先端に差し掛かるので上か下どちらかに動く時が近づいてきています。

Ethereum

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
253,000円 492,100円 48,979円 △239,100円

そんなに変化なしイーサリアム。

NEM

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
206,400円 499,900円 25.7円 △293,500円

Zaifが新規登録停止しました。日本のアルトコインは新規流入がほとんど見込めない状況は厳しいですね。

COMSA(Mosaic)

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
28,400円 518,100円 200円 △489,700円

コムサヨコヨコ。

まとめ

市場価格 購入コスト 損益
1,282,600円 2,541,700円 △1,259,100円

BTCの今後の動き次第でガチホ収支はだいぶ左右されます。

現在の三角フラッグを願わくば上に飛んで欲しいですが、いったん下落しその後上昇というシナリオもかなり現実的だと思います。

三角フラッグ下落の場合は2018年内はもう上昇はないかと思われます。2019年1~2月の税金対策売りシーズンを超えたあたりから上にいってほしいですね。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

フィスコのZaif買収はコムサの今後に追い風か

Zaifがハッキング被害にあい、まるでシナリオがあるかのごとく速攻でフィスコが買収を発表しました。

フィスコのトップが語る動画を見て、この買収劇はコムサにとってはプラスに働くかもしれないなと思ったのでまとめてみます。

フィスコのザイフ買収は今後のコムサにどう影響するか

まずはフィスコトップが今回の事件を語るコインテレグラフ提供の動画2本です。

Zaifは個人、フィスコは法人という棲み分け

動画にも出てきますがZaifは個人口座を多く持つのが特徴でフィスコは法人を対象にしているとのことです。

たしかにZaifは業界内では異端児的な存在で、そこが同時に魅力でした。

ICOまで実施したビットガールズ。

わけのわからない草コインの上場。

 

変なことばかりして面白いので多少サーバーが弱いまま放置されていてもファンがついてきたのだと思います。

対してフィスコは他取引所との差別化を図るためターゲットを法人に絞ると公言しています。

コムサへの影響

コムサのコンセプトは基本的に法人相手のBtoBビジネスです。

それを考えると自由奔放なテックビューロが主導するよりフィスコが入ったほうが世間に対しては信用度が上がるのかなと思いました。

今回のプレスリリースでは以下のとおりコムサへの言及がされています。

どういう方針が立てられるかまだわかりませんが、対法人や対金融庁に強いフィスコが介入することはコムサにとってプラスに働くのではないでしょうか。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

仮想通貨相場の格言「噂で買って事実で売る」

相場の格言として「噂で買って事実で売る」というのがあります。

2018年9月のリップル高騰もこの格言に当てはまるのではないかと感じてキーボードを叩いています。

「噂で買って事実で売る」相場の格言でリップルはどうなる

わずか3日ほどで約3倍の価格に高騰したリップルです。

人気の通貨だけに最近の下落相場で元気の無かった仮想通貨界隈が盛り上がっていたような気がします。

2017年末の仮想通貨バブルを彷彿させる値動きです。

上昇要因としては10月1日、2日に行われるリップル社主催のカンファレンスSWELL2018がファンダメンタル的に大きいのかなと思います。

クリントン元大統領がスピーカーってすごいですね。

相場の格言に「噂で買って事実で売る」というのがあります。これは何か大きなファンダが控えていると事前に買いが殺到し、いざイベント当日になると買い余力がなくなり利確のため売りが優勢になるという現象です。

リップルは噂で買って噂で売る!?

リップルの場合もSWELLの日程が近づくにつれ価格が上昇し、ついにMoonしました。月まで飛びましたね。

そしてSWELLまで約1週間あるにもかかわらず買い余力が無くなったように見えます。

リップルは2017年も数回「噂で買って事実で売る」現象があったように記憶しています。

今回はイベントを待たずして下落が始まるという新しい展開です。さすがリップルトレーダーは学習能力が高い。事実の前に売りを仕掛けるという高等テクです。

リップルは噂で買って噂で売る

もうリップルにとって事実は必要ないのではないでしょうか。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

【土日投資】仮想通貨2025年までガチホ(2018/09/22)

仮想通貨長期保有の結果報告です。2025年までガチホして億り人を目指します。

特に投資初心者は短中期トレードよりもまず長期保有投資で安定した資産を確保することをおすすめします。投資経験をある程度積んだうえで短中期トレードに挑むべきだという考え方です。

仮想通貨の長期保有投資ガチホ結果報告

Bitcoin

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
798,000円 1,031,600円 976,893円 △233,600円

今週のクリプト界はいろいろ動きがありました。ZaifがGOXやリップルのMoonなど。

BTCはCboeが申請していたETFが延期となるというニュースがありました。通常の延期とは異なるとのことですが、どうなるのでしょうか。

Ethereum

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
284,400円 492,100円 48,979円 △207,700円

リップル高騰に連動するようにアルトコイン全般が上昇しています。イーサもジワジワ上がっていますね。

NEM

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
219,500円 499,900円 25.7円 △280,400円

ネムもリップルのようにMoonしてくれないかな。

COMSA(Mosaic)

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
31,100円 518,100円 200円 △487,000円

ZaifのGOXで大暴落しましたが、アルト祭りに乗って戻しています。

今回のGOXで知ったのですがあの与沢氏がコムサ握っていたとは意外でした。

まとめ

市場価格 購入コスト 損益
1,333,000円 2,541,700円 △1,208,700円

リップル主導のアルト祭りで相場に活気が出てきました。

ただ、完全にトレ転して上昇相場になるには、まだちょっと早いかなと個人的には思っています。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

ビットコイン・スイングトレード実践日記(2018/09/21→9/25)

日々の生活が忙しくトレードに使える時間がなかなか確保できない方は多いと思います。

そんな方々のために朝の10分間を使って数日から数週間の中短期間でビットコインスイングトレードを行うBTCモーニング10をスタートしました。獲得目標日本円は年間20万円です。

20万円までなら所得税も非課税ですので安心です。年間20万目指して実践記を記録していきます。

BTCモーニング10ルール

[aside]BTCモーニング10ルール
・予算⇒10万円
・目標⇒年間20万円
・利用取引所⇒bitbank
・利用チャート⇒日足
・利用インディケータ⇒移動平均線、ストキャスティクス、MACD、SAR
[/aside]

こんな感じでやっていきます。

BTCモーニング10実践記

買い

売り

内容 BTC/JPY 投入および換金額
買い 756,000円 83,916円
売り 722,000円 80,142円
損益 △3,774円
累計損益 △19,858円

実践の感想

買い

日足のSARで上昇トレンドサインが出たため約2週間ぶりにインしました。

200MAや一目均衡表から判断すると上値目標は79万~80万ですかね。逆にここを上抜けすれば本格的な上昇トレンド突入です。

損切りは下落SARが点灯した時です。

前回もそうでしたが、日足SARで上昇トレ転サインが出た場合直後に反動で下落することが多いのでインする場合少し間を置いたほうがよいかもと思いました。

売り

75万から上に行く気配がなく、73万切って下抜けしたので売りました。

SAR中心にポジション取りましたが、SARは初動が遅れると感じました。もう少し複数のインディケータを見ながらトレードするように心がけます。

通算勝敗

1勝2敗

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

Zaifビットコイン等ハッキング事件発生~コムサ大暴落~

Zaifがとうとうやらかしました。詳細は未発表ですがBTC,MONA,BCH67憶分がハッキング被害にあったとのこと。

Zaifはたびたびサーバーダウンしセキュリティー面に不安があることは巷では有名でした。コインチェック事件からわずか7ヶ月、またも類似の事件発生です。

Zaifビットコイン等67憶円ハッキング事件発生

Zaifではここ数日間BTC等の入出金を停止するというアナウンスがされていました。何かあったなと予感していた方は多いと思いますが、やはりハッキングでした。

BTC、MONA、BCHの67億円相当額がホットウォレットからハッキング。残念な事件ですね。

深夜2時半に以下のプレスリリースです。


これを受けZaifトークンやComsaトークンは大暴落しています。

BTCも深夜から早朝にかけ乱高下。

繰り返されるハッキング事件、取引所ビジネスモデルは限界か

上のツイートを見てもらえばわかるように有名なGOX事件をはじめ毎年のように取引所ハッキングが発生しています。

もうここまでくると取引所がハッカーから資産を守るというのは物理的に無理なんだろうと思われます。

法定通貨や暗号通貨の交換を仲介し手数料を稼ぐ取引所というビジネスモデルの限界なのではないでしょうか。

今後はサトシナカモトの論文にあるようにP2Pで暗号通貨を交換する方向に移行していかざるを得ないタイミングに来ている気がします。

法定通貨にペッグしたステーブルコインもどんどん出てきそうなので軌道にのれば暗号通貨を所有するための選択肢として取引所スタイルからDEXなど別の方法に移行していく流れが加速するのではないかと思われます。

ドルにはすでにテザーがありますが日本も円にペッグしたトークンが開発されてきています。

最後に今回の世間を騒がしたハッキング事件、Zaifトップページのコメントがなかなかシュールでした。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

仮想通貨の将来性予想 メジャーになるきっかけ起こる!?

今後3~5年以内に暗号通貨がメジャーになるきっかけが何か起こるのではないか。

ホリエモンが動画の中で予想したコメントです。

仮想通貨の将来性をホリエモンが予測

ホリエモンはメジャーになるきっかけが何かわからないが法定通貨を超える瞬間が来るのではないかとの意見です。

確かに世界中でスマホ一つあればその国の通貨に両替しなくても決済できるのは便利です。

メジャーになるきっかけは何なのでしょうか。QRコード決済やアマゾンポイントなど動画の中で語られていますが、今予想もできないような出来事かもしれません。

メジャーになるという根拠は特に語られていませんが、テクノロジーの進化とともに普及していくだろうというホリエモンのカンみたいなものなのでしょう。

今は投機筋のみしか興味を示さない暗号通貨ですが、投資に興味のない一般層に普及していくきっかけが近いうちに起こると考えるとワクワクしますね。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

仮想通貨下落幅がITバブル超え アルトガチホは危険か

仮想通貨相場の下落幅がITバブル崩壊時の下落幅を超えたというニュースがありました。

ITバブル崩壊時にも多くの企業が消えていったように現在下落しているアルトコインも多くは消えていく気がします。アルトガチホはリスクある戦略と言わざるを得ません。

仮想通貨下落幅がITバブル崩壊時を超える

仮想通貨下落幅が世界中の株式市場を巻き込んだITバブル崩壊時の下落幅を超えるというニュースがありました。

仮想通貨相場の下落幅、ITバブルを超える 今後は…? by cointelegraph

アルトコインガチホはリスクある危険な戦略

アルトコインガチホ戦略は当たればでかいです。XRPやXEMを1円未満の時から保有していて爆益というのはよく聞く話です。

以下2013年時の時価総額トップ10です。

わずか5年前ですがビットコインとライトコイン以外、何これ?という状態です。

2018年と比較すると顕著です。

ITバブル崩壊後に多くのIT企業が消えていったように、5年後の2023年に上のランキングを見ると2~3のコイン以外は名前も聞いたことのない状態になっている可能性が高いです。

特に移り変わりのスピードが激しいクリプト界では上位の入れ替わりは頻繁に起こるのではないでしょうか。

バブル崩壊時にアマゾン株を買えるような目利きができるか

cointelegraphの記事にもありましたが、ITバブル崩壊時にアマゾン株も100ドルから10ドル以下へ暴落しました。数年後2000ドルを超え超優良企業となったのは誰もが知るところです。

アルトコインガチホ戦略はITバブル崩壊時に数多のIT企業からアマゾン株を買える目利きが必要となります。目利きができなければ損切りできないガチホ戦略は多大な損失が出ます。

アルトに大金注ぎ込んでガチホ戦略というのは当たればでかいですが、それだけリスクのある行為ということです。


このようにアルト保有者が利確に走る例は多いのではないでしょうか。

仮想通貨をガチホするならビットコイン一択

ガチホ戦略をとるならBTC一択です。

BTCは仮想通貨のベンチマーク的存在で、ほぼ全てのアルトコインはBTCのチャートの動きに連動します。ビットコインは株でいうところの日経平均とかナスダック、NYダウ平均、S&P500という指標に近いのではないでしょうか。

いくらBTCがガチホに向いているとはいえ、株や為替クラスタから言わせれば仮想通貨そのものがまだ信頼できないレベルなのだと思います。

実際、機関投資家は参入してこないしETFでさえ否決され続けています。BTCが信頼を獲得するにはもう少し時間がかかるでしょう。

ブロックチェーン技術は将来有望だし期待もできます。ただ未来の話は何一つ確実なものはありません。BTCへの投資はベンチャー企業株や新興国国債にベットするのと同じくらいの感覚でよいのかと思います。

最近読んだデイトレードという本の中で次のような一節が出てきます。

抜かりのないスウィング・トレーダーは、数日後についての相場観のほうが数年後についての相場観よりも正しい確率が極めて高いことを知っている。

熟練したトレーダーは、数時間後についての相場観のほうが数日後についての相場観よりも正しい確率がさらに高いことを知っている。

数分後についての相場観のほうが数時間後についての相場観よりも正しい確率が驚異的に高いことを知っている。

優れたトレーダーは根本的なところで確率を重視することを忘れてはならない。

完全に正確を期することは不可能ではあるが、トレーダーは短期の時間軸で行動することによってマーケットの確率を味方にすることが可能である。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

日本政府は仮想通貨ブロックチェーンで経済大逆転を狙っている!?

30年前は世界制覇していた日本企業群もいまや見る影もありません。

そんな日本ですがクリプト関連事業で一発大逆転を狙っているんじゃないかと思われる動画を見たり資料を読んだりしたので共有したいと思います。

日本企業群の衰退は仮想通貨ブロックチェーンで救えるのか

上の日経平均株価チャートを見てもわかるとおり、この30年間日本企業群はバブルが弾けた後、衰退の一途をたどっています。

その間、以下のツイートを見てもわかるように世界情勢は一変しています。

現在の世界経済は完全に米中企業に支配されています。

日本は仮想通貨ブロックチェーンで大逆転!?

コインテレグラフが取材したゴックス事件で資産の半分を溶かした元弁護士の密着取材が面白かったです。

特に会議でクリプト否定派のじいさんとやりあうシーンは見ものでした。彼の主張を聞いていると日本チャンスだなと感じますね。

未来投資戦略にブロックチェーンが頻出

政府が2018年6月に閣議決定した「未来投資戦略2018」にはブロックチェーンという単語が頻出します。それだけ仮想通貨・ブロックチェーンは気になる存在なのだと思います。

日本政府はイノベーション企業を育て世界のトップに再び躍り出るためには、仮想通貨・ブロックチェーンは不可欠だと考えているのではないでしょうか。

未来投資戦略2018

まとめ

動画に出てくる元弁護士の言葉で「中国は自国通貨を守るため、米国はIPOを守るためクリプトを規制する」というのが印象的でした。

また、日本は決定スピードが遅すぎるのが弱点でクリプト企業が日本をあきらめマルタなどの新興国に流れていっているというのも、その通りだと思いました。

個人的には何も決められず変な規制ばかりする日本はもうダメだろうなと思っていましたが、コインテレグラフの動画とか未来投資戦略2018を読むと案外いけるかもしれないなと考えを改めました。

このチャンスを逃すと今後30年は衰退の一途をたどると思われるのでぜひモノにしてほしいですね。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]