出川組ガチホ負け組を体験し短期トレードの大切さを学ぶ

2017年末に仮想通貨投資を本格的に始め約1年が経過しました。2017年末参入者はコインチェックのCMで出川哲郎氏が起用されていた時期と重なるため「出川組」と呼ばれています。

寝ている間にお金が増える超上昇トレンドだった2017年から一転し大暴落とハッキングの1年だった2018年。

僕自身も1年後は大金持ちを夢見て投資した昨年でしたが実際は原資を50%以上減らすという目も当てられない状況です。多くの出川組はすでに退場済でしょう。

1年間仮想通貨相場と付き合ってきて何が必要だったか考えてみました。

出川組はどんな戦略で相場に向かい合うべきだったのか

投資の勝敗は「買い」「売り」どちらで入る場合も最初の入口でほぼ決まってしまいます。

そういった意味においてはマスコミやCMに煽られて参入した出川組は、その時点でもう負けていると言えます。入口が間違っていたのです。入ってはいけない天井時期に参入しているのです。

しかし初心者が投資を始めるきっかけはマスコミやインフルエンサーの買い煽りだったりするのは仕方ないことです。それさえ無かったら興味を引かずにスルーしてしまいます。

投資初心者=必ず負ける

これはもう避けようがない事実だと思います。

大事なのは負け額をいかに少額に抑えるかです。株や為替で相場に慣れている人でもない限り、いきなり仮想通貨で勝つなど不可能だと思います。

この事実を踏まえたうえで大切なことは以下のとおりです。

[aside type=”warning”]投資初心者が注意すべきこと①
相場に慣れ親しむまでは大金を投入しない [/aside]

まず少額で参入し試行錯誤して自分なりの勝ちパターンを見つけてから本格的に勝負に出ても全然遅くありません。

これは僕自身が現在7ケタの含み損を抱えてる上で感じていることです。

長期・分散投資は初心者向きなのか

一般的に安全で確実なのは長期・分散投資だと言われます。短期トレードは難易度が高く、初心者は無難な銘柄を長期保有するのがセオリー。投資信託のパンフレットなどでよく見かける文句です。

果たして本当にそうでしょうか。

金融のスペシャリストなどが「年末価格は〇〇円だ!」とか「〇年後の価格は〇〇円」、「webbotの分析によると〇ヶ月後の価格は〇〇円」このようなニュース記事は巷にあふれています。

僕が知る限り長期価格予想の記事が当たったという事実を知りません。皆外しています。それだけ長期予想は難易度が高いということです。

長期保有で勝利するには数年後に右肩上がりとなる銘柄を選定しなければなりません。分散投資や投資信託にするにせよ数年後に伸びる業界や銘柄を組み入れておかないと益が出ません。

金融のスペシャリスト達が外しまくる長期価格予想を初心者が予想できるとはとても思えません。

[aside type=”warning”]投資初心者が注意すべきこと②
長期保有投資は難易度が高い。初心者が気軽に手を出すべき投資法ではない [/aside]

価格予想の正確性を高めるには長期予想よりもより時間軸の短い短期トレードのほうが優れていると言えます。

投資初心者にはスイングトレードが最もおすすめ

投資初心者にはスイングトレードが一番おすすめです。

[aside]スイングトレードとは
スイングトレードとは数日~数週間(数ヶ月)で売買を済ませる短期トレードです [/aside]

初心者は長期保有の分散投資というイメージがあります。僕自身もそう思っていました。

しかし、長期保有投資の最大のリスクは失敗できないということです。数年後保有銘柄が思っていた通り上昇していればいいですが、そうならない可能性も多分にあります。

保有銘柄が数年後は無くなっているかもしれません。仮想通貨の世界は消滅するコインが毎年いくつも出ています。

短期のスイングトレードの最大のメリットは失敗できるということです。思い通りのチャートにならなかった場合は損切りしてまたポジションを取り直せばよいのです。

投資初心者にとって失敗できるというトレードは大いに安心感につながると思います。

以下デイトレードという書籍の中で紹介されている短期トレードのメリットです。

  1. 迷った時には、ポジションを手仕舞う
  2. ポジションを取り直すことはできる
  3. ポジションをすっきりさせれば、頭の中もすっきりする
  4. ボンクラが利益を上げるときも時にはある
  5. 20%下落した銘柄で5%の損失で済んだのなら、それは敗北ではなく勝利である
  6. 最良の防御は最良の攻撃である
  7. ポジションを手仕舞うことは、明日もポジションをとれることを意味する

まとめ

投資初心者の方におすすめするのは短期のスイングトレードです。

まずは1万円~10万円くらいの少額で練習し、うまく利益が上げられるようになったら少し大きめの金額でトレードするのがよいと思います。

当然の話ですが1万円を1万2千円にできない人は100万を120万にはできません。まずは少額で練習して利益を出せるようにしてから徐々にロットを上げていきましょう。

初心者のくせにいきなり大金をつぎ込むと僕のように取り返しのつかない含み損を抱えてしまいます。

少額・安全な短期トレードから始めてなるべく相場に長く生き残れるようなトレーダーを目指してください。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

ビットコイン・スイングトレード実践日記(2018/11/23→11/25)

日々の生活が忙しくトレードに使える時間がなかなか確保できない方は、数日から数週間で取引するスイングトレードがいいのではないでしょうか。

目標は所得税が非課税となる年間20万円です。年間20万の利益を目指して実践記を記録していきます。

ビットコインスイングトレード・マイルール

[aside]マイルール
・予算⇒10万円
・目標⇒年間20万円
・利用取引所⇒bitbank
・利用チャート⇒日足
・利用インディケータ⇒移動平均線、ストキャスティクス、MACD、SAR、一目均衡表、RSI
[/aside]

こんな感じでやっていきます。

ビットコインスイングトレード実践記

買い

売り

内容 BTC/JPY 投入および換金額
買い 475,747円 73,265円
売り 428,020円 65,915円
損益 △7,350円
累計損益 △33,692円

実践の感想

買い

  • 利確目標 550,000円
  • 損切り額 460,000円

まだ下落する可能性もありますが、ポジションとってみました。

売り

完全に逃げ遅れました。おはギャーで損切り。

どこまで下がるんだろ。3000ドルいくのかなあ。

通算勝敗

2勝5敗

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

【土日投資】仮想通貨2025年までガチホ(2018/11/23)

仮想通貨長期保有の結果報告です。2025年までガチホします。

特に投資初心者は短中期トレードよりもまず長期保有投資で安定した資産を確保することをおすすめします。投資経験をある程度積んだうえで短中期トレードに挑むべきだという考え方です。

仮想通貨の長期保有投資ガチホ結果報告

Bitcoin

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
515,500円 1,031,600円 976,893円 △516,100円

やばい暴落です。4000ドル割れにアタックしそうな勢い。

暴落中にスイングトレードで2回入りましたがことごとく損切りさせられました。どこまで下がるのでしょうか。

Ethereum

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
142,600円 492,100円 48,979円 △349,500円

Bitmexの人が「イーサは2ケタドルになる」と予言していましたが、なりそうな勢い。

NEM

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
175,200円 499,900円 25.7円 △324,700円

XEM、10円が遠くなってきました。

COMSA(Mosaic)

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
19,400円 518,100円 200円 △498,700円

高い電子ゴミだったなあ。

まとめ

市場価格 購入コスト 損益
852,700円 2,541,700円 △1,689,000円

新車が買えるよこの含み損。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

ビットコイン・スイングトレード実践日記(2018/11/21→11/23)

日々の生活が忙しくトレードに使える時間がなかなか確保できない方は、数日から数週間で取引するスイングトレードがいいのではないでしょうか。

目標は所得税が非課税となる年間20万円です。年間20万の利益を目指して実践記を記録していきます。

ビットコインスイングトレード・マイルール

[aside]マイルール
・予算⇒10万円
・目標⇒年間20万円
・利用取引所⇒bitbank
・利用チャート⇒日足
・利用インディケータ⇒移動平均線、ストキャスティクス、MACD、SAR、一目均衡表、RSI
[/aside]

こんな感じでやっていきます。

ビットコインスイングトレード実践記

買い

売り

内容 BTC/JPY 投入および換金額
買い 512,000円 76,800円
売り 489,000円 73,350円
損益 △3,450円
累計損益 △26,342円

実践の感想

買い

  • 利確目標 710,000円
  • 損切り額 490,000円

すごい暴落でした。でかいの一発で終わると思いきや3発きました。僕が体験した暴落の中ではNO.1でした。

2017年8月に初めてBTCを買った45万円という価格に肉薄するという大暴落。

これ、2017年参入で我慢して現物もってた方がかなり投げ売ったのではないでしょうか。やはりこれくらい強烈な暴落が来ないと相場の人は入れ替わらないのでしょう。

2017年組がほぼ去ってプロ集団が乗り込んでいるのが現在の状況かなと見ています。これからプロ集団が笛を鳴らし新規参入者を呼び込む段階に入ったと見て「買い」を入れました。いわゆるバンドワゴン効果というやつです。

[kanren postid=”2352″]

あとはTwitterで見た相場の格言上げ100日、下げ3日これも買いを入れる動機になりました。

売り

49万切ってきたので売りました。

ここからもう一段下がるのでしょうか。わからないですね。

通算勝敗

2勝4敗

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

【土日投資】仮想通貨2025年までガチホ(2018/11/17)

仮想通貨長期保有の結果報告です。2025年までガチホします。

特に投資初心者は短中期トレードよりもまず長期保有投資で安定した資産を確保することをおすすめします。投資経験をある程度積んだうえで短中期トレードに挑むべきだという考え方です。

仮想通貨の長期保有投資ガチホ結果報告

Bitcoin

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
652,300円 1,031,600円 976,893円 △379,300円

上に少し抜けたと思った矢先にサポートラインを割る今年最安値となる大暴落がドカンときました。

BCHのゴタゴタがあったとはいえ、こんな動き予想不可ですね。このまま素直に値を戻していくのか、もう一段下の5000ドルラインの底を試しにいくのか見どころです。

下落するにしても一旦は調整上げがくると思うのですが、どうなるのでしょうか。

Ethereum

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
195,300円 492,100円 48,979円 △296,800円

イーサ売られてますねえ。

NEM

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
204,000円 499,900円 25.7円 △295,900円

コインチャックがXEM取扱いを再開し少し値動きがありましたが長続きはしませんでした。

COMSA(Mosaic)

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
21,100円 518,100円 200円 △497,000円

コムサガチホ修行つらいです。このまま電子ゴミと化してしまうのでしょうか。

まとめ

市場価格 購入コスト 損益
1,072,700円 2,541,700円 △1,469,000円

2017年参入組にとってはこの下落は効きますね。もう一発食らったらさすがに全員吹き飛びそうです。

そのタイミングでバンドワゴンに乗り込んでくる集団がいるんだろうなあ。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

ビットコイン・スイングトレード実践日記(2018/11/16→11/19)

日々の生活が忙しくトレードに使える時間がなかなか確保できない方は、数日から数週間で取引するスイングトレードがいいのではないでしょうか。

目標は所得税が非課税となる年間20万円です。年間20万の利益を目指して実践記を記録していきます。

ビットコインスイングトレード・マイルール

[aside]マイルール
・予算⇒10万円
・目標⇒年間20万円
・利用取引所⇒bitbank
・利用チャート⇒日足
・利用インディケータ⇒移動平均線、ストキャスティクス、MACD、SAR、一目均衡表、RSI
[/aside]

こんな感じでやっていきます。

ビットコインスイングトレード実践記

買い

売り

内容 BTC/JPY 投入および換金額
買い 633,688円 82,379円
売り 589,550円 76,641円
損益 △5,738円
累計損益 △22,892円

実践の感想

買い

  • 利確目標 720,000円
  • 損切り額 600,000円

RSIが20を切るというなかなかお目にかかれない数値だったので買いました。

BTCは一旦73万オーバーして三角フラッグを上抜けしたなあと思っていたのですが、BCHのハッシュウォーのゴタゴタに巻き込まれ大暴落しました。

それにしても面白い世界ですね暗号通貨というのは。

今回のBCH分裂騒動は東さんの以下の動画がすごくわかりやすかったです。

暗号通貨のフォーク、スプリット、リプレイプロテクションなど基礎的な知識は以下の動画が勉強になりました。

しかし、ABC側、SV側どちらも自分たちが正式なBCHだと譲らずリプレイプロテクション無しの分裂で取引所もウォレット業者も怖くて触れないという現在の状況。いつまで続くのでしょうか。

今回はBCHでしたがPoWを採用しているブロックチェーンであればどのコインでも起こり得る出来事なのでどのような着地点を見せるか今後も注目していきたいです。

売り

やばい下落がきました。

2発目があるとは思いませんでした。完敗ですね。ここまで下がるとあとはどこで止まるかです。下げ止まってヨコヨコしだしたら再度入りたいと思います。

通算勝敗

2勝3敗

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

【土日投資】仮想通貨2025年までガチホ(2018/11/10)

仮想通貨長期保有の結果報告です。2025年までガチホします。

特に投資初心者は短中期トレードよりもまず長期保有投資で安定した資産を確保することをおすすめします。投資経験をある程度積んだうえで短中期トレードに挑むべきだという考え方です。

仮想通貨の長期保有投資ガチホ結果報告

Bitcoin

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
762,000円 1,031,600円 976,893円 △269,600円

三角フラッグ上抜けして年末までは上がっていきそうです。

今はBTCよりもBCHのフォーク問題が注目されています。11月中旬以降は相場が荒れそうですね。

Ethereum

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
238,400円 492,100円 48,979円 △253,700円

もうそろそろ上がってほしいです。

NEM

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
202,400円 499,900円 25.7円 △297,500円

逆三尊を作っているように見えなくもない。

COMSA(Mosaic)

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
23,300円 518,100円 200円 △494,800円

ネムに似て逆三尊かWボトムくずれのような形。出来高少ないからテクニカルはあまり意味ないかもしれません。

まとめ

市場価格 購入コスト 損益
1,226,100円 2,541,700円 △1,315,600円

今年中に含み損を6ケタにもっていきたい。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

ビットコイン三角フラッグ上放れで上昇トレンド転換か

2018年初から続いていた三角フラッグがついにブレイクしました。下値にサポートラインがある三角だったので下にブレイクすると予想していましたが上でした。チャート読みは難しいです。

なんにせよこれでテクニカル的には大きな方向性が示されたことになるので今後の戦略を書いていきます。

ビットコイン三角フラッグ上放れ

ブレイクする方向が上か下か注視していましたが上に放たれました。

今後は約1年間続いた日足レベルでの下落トレンドが終わりしばらく上昇トレンドへ転換するのではないでしょうか。

上昇トレンド中のスイングトレード戦略

おそらく年末までは上昇トレンドが続くと思われます。ただし2017年のような急騰ではなくゆるやかに上昇していくのではないでしょうか。

あの2017年末バブルが2年連続で起こるとは考えにくいです。

年末までのトレード戦略は各種インディケータを見ながら下がったところを拾う押し目買いで値幅をとっていこうかと思います。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

仮想通貨スイングトレードで迷うエントリーポイント

トレードは損小利大が基本ですが実践ではなかなか思いどおりにいきません。

利益を最大化するためには適切なエントリーポイントで入る必要があります。エントリーする際、自分の感情を優先してしまい入れなかった経験をしたので記事にしてみます。

仮想通貨スイングトレードのエントリーポイント

2週間ほどヨコヨコが続いて約1万円幅の下落を見せたのが赤丸の地点です。

この時はヨコヨコに耐えられず下落前日に持っていた現物を売りました。その時のトレード記事は以下をご覧ください。

[kanren postid=”2607″]

下落した時は「良かった売っておいて、これもっと下がるだろうな」と思っていました。

しかし、結果は全戻し雲手前までの上昇がきました。

エントリーの際は感情コントロールが必要

なんとなくカンで予想する上下トレンドほど当てにならないものはありません。

上のエントリーポイントの画像でいくと赤丸の部分がストキャスティクスの下線に一度タッチして青線の%Dがゴールデンクロスしているためドテン買いポイントでした。

しかしこの時は「まだ下がるんじゃないか」という感情に支配され手を出せなかったです。当然このような局面でさらに下落することもあるため損切りポイントを決め入らなければなりません。

感情コントロールは必要ですが難しいです。経験を積み一定のルールを確立しBOT的にトレードしなければ勝ち組には回れないと思いました。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

【土日投資】仮想通貨2025年までガチホ(2018/11/03)

仮想通貨長期保有の結果報告です。2025年までガチホします。

特に投資初心者は短中期トレードよりもまず長期保有投資で安定した資産を確保することをおすすめします。投資経験をある程度積んだうえで短中期トレードに挑むべきだという考え方です。

仮想通貨の長期保有投資ガチホ結果報告

Bitcoin

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
756,600円 1,031,600円 976,893円 △275,000円

もう少し落ちるかなとおもいきや少し持ち直してきました。

本格的な下落は税金も絡んでくる年明けくらいでしょうかね。

Ethereum

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
226,200円 492,100円 48,979円 △265,900円

動きないですね。

NEM

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
203,300円 499,900円 25.7円 △296,600円

少し買われてるようですねXEM。

COMSA(Mosaic)

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
23,300円 518,100円 200円 △494,800円

コムサまずは10円超えてほしい。

まとめ

市場価格 購入コスト 損益
1,209,400円 2,541,700円 △1,332,300円

早く来年の春になってほしい。その頃には今よりはいくぶんましな相場になっていることを願います。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]