ビットコインの急落時に生き残る意味はあるのか

ボラティリティの激しいビットコイン相場では度々急落が発生します。ガチホ派は急落した場合、ただただ嵐が過ぎ去るのを耐え忍ぶしかありません。果たしてそれは正しい行動なのでしょうか。考えてみます。

ビットコイン急落(2018年11月~12月)

2018年11月~12月BTC暴落チャート

2018年末にビットコインは73万から35万まで一気に大暴落しました。

この暴落は2017年参入組にとっては強烈なものでした。自分の円建て資産がマイナス70%~90%ほど減少していく恐怖。

多くの方はこの恐怖とストレスに耐えきれず手持ちのBTCを売却していると思います。それが普通の感覚でしょう。

含み損をトレードで取り返す?

誰でも一度は考える含み損をトレードで取り返すという方法です。

Twitter上では毎日FXトレーダーの爆益報告が上がっています。2017年にアルトコインの爆益報告に踊らされたように2018年は下落相場でのFXショートトレードに魅力を感じた方は多いと思います。

しかし多くの先行事例があるようにこれは相場からの退場コース一直線です。

現物買い→含み損→売却→FX→破産

最短で儲けることを最優先に考えるならば信用取引に手を出すことは有効ですが、生き残ることを優先させた場合あまり得策とは言えません。

投資初心者が手を出してはいけない投資法

今回の暴落で身に染みて感じました。

投資初心者はナンピンしてはいけない

ナンピンは下落時に買い増しして平均取得単価を下げ上昇時により多くの利益を生み出す投資法です。

ナンピンするには以下の条件を満たしている方でないと危険です。

  • 下落前に全力投資ではなくある程度余裕資金を残している
  • テクニカル分析によりある程度の底値予想を出して底値予想額まで段階的に指値していく

上記以外の方が適当な感覚でナンピンすると含み損が確実に増加します。初心者には危険な投資法です。

まとめ

2017年末から2018年年始にかけて初めてビットコインを購入した出川組の平均取得単価は約150万円から200万円だと思います。

現在の暴落時までガチホしていれば円建てで約70%~80%の含み損です。

含み損に耐えられず売却しトレード中心に切り替えて成功する人はわずかな人数でしょう。ほとんどは退場です。

「儲け」ではなく「生き残る」ことを目標にするならば急落時はただひたすらに耐えるのみです。

しかしガチホは将来取得価格まで上昇する見込みがある場合にのみ有効です。上昇しなければ損切りしたほうが正しい対処の仕方です。

将来ビットコインが上昇するという保証はどこにもありません。

しかしガチホはリスクを負ってトレードするよりは相場での生存確率は高いと思います。儲かるかどうかはわかりませんが生き残ることはできます。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

【土日投資】仮想通貨2025年までガチホ(2018/12/22)

仮想通貨長期保有の結果報告です。2025年までガチホします。

特に投資初心者は短中期トレードよりもまず長期保有投資で安定した資産を確保することをおすすめします。投資経験をある程度積んだうえで短中期トレードに挑むべきだという考え方です。

市場価格 購入コスト 損益
748,100円 2,541,700円 △1,793,600円

今週の気になる仮想通貨ニュース

ICO総合プラットフォーム「COMSA」 COMSA CORE β版(テストネット)を公開

ETHとNEMの異なるブロックチェーンを行き来できるCOMSA COREのβ版をリリース。

いいですね。ホワイトペーパーどおり順調に開発が進められています。トークン価格には全く織り込まれてきませんが、まあ市場はこんなものでしょう。

まとめ

BTCは一時的に上昇していますが、これが単なるショートスクイーズなのかトレ転なのかまだ判断しかねる状況です。

年明け1月も税金売り圧がありそうなので難しいですね。レンジ相場ですかね。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

【土日投資】仮想通貨2025年までガチホ(2018/12/16)

仮想通貨長期保有の結果報告です。2025年までガチホします。

特に投資初心者は短中期トレードよりもまず長期保有投資で安定した資産を確保することをおすすめします。投資経験をある程度積んだうえで短中期トレードに挑むべきだという考え方です。

種類損益
Bitcoin△650,700円
Ethereum△397,000円
NEM△372,900円
COMSA△502,700円
合計△1,923,300円

まとめ

BTCどこまで下がるのでしょうか。

3000ドルのサポートラインで止まるのかどうか注目しています。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

【土日投資】仮想通貨2025年までガチホ(2018/12/08)

仮想通貨長期保有の結果報告です。2025年までガチホします。

特に投資初心者は短中期トレードよりもまず長期保有投資で安定した資産を確保することをおすすめします。投資経験をある程度積んだうえで短中期トレードに挑むべきだという考え方です。

仮想通貨の長期保有投資ガチホ結果報告

Bitcoin

市場価格購入コスト平均取得価格損益
403,200円1,031,600円976,893円△628,200円

いったいどこまで下がるのでしょうか。40万がサポートラインかと思っていましたが軽く突き抜けました。

3000ドル(約34万)は死守してほしいところです。

Ethereum

市場価格購入コスト平均取得価格損益
105,500円492,100円48,979円△386,600円

BTCが気になりすぎてアルトコインのことまで頭がまわりません。

NEM

市場価格購入コスト平均取得価格損益
154,900円499,900円25.7円△345,000円

2017年の今頃たしかXEMが20円台から60円台にムーンしたような記憶があります。

COMSA(Mosaic)

市場価格購入コスト平均取得価格損益
16,000円518,100円200円△502,100円

コムサ年初価格約300円、現在6円、下落率98%。

まとめ

市場価格購入コスト損益
679,600円2,541,700円△1,862,100円

もうギブアップです。誰か下落を止めて下さい。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

ビットコイン・スイングトレード実践日記(2018/12/01→12/04)

日々の生活が忙しくトレードに使える時間がなかなか確保できない方は、数日から数週間で取引するスイングトレードがいいのではないでしょうか。

目標は所得税が非課税となる年間20万円です。年間20万の利益を目指して実践記を記録していきます。

ビットコインスイングトレード・マイルール

[aside]マイルール
・予算⇒10万円
・目標⇒年間20万円
・利用取引所⇒bitbank
・利用チャート⇒日足
・利用インディケータ⇒移動平均線、ストキャスティクス、MACD、SAR、一目均衡表、RSI
[/aside]

こんな感じでやっていきます。

ビットコインスイングトレード実践記

買い

売り

 

内容 BTC/JPY 投入および換金額
買い 470,000円 64,860円
売り 435,100円 60,043円
損益 4,817円
累計損益 △38,509円

実践の感想

買い

  • 利確目標 550,000円
  • 損切り額 440,000円

30万円代をつけた大暴落のリバ中の44万で一度ポジションとりましたが下落してきて同値撤退しました。迷走しています。

サポートラインの47万まで戻ってきたので再度ポジションとりました。

売り

全然読めません。難しい。

通算勝敗

2勝6敗

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

【土日投資】仮想通貨2025年までガチホ(2018/12/01)

仮想通貨長期保有の結果報告です。2025年までガチホします。

特に投資初心者は短中期トレードよりもまず長期保有投資で安定した資産を確保することをおすすめします。投資経験をある程度積んだうえで短中期トレードに挑むべきだという考え方です。

仮想通貨の長期保有投資ガチホ結果報告

Bitcoin

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
475,400円 1,031,600円 976,893円 △556,200円

まったく方向性が見えません。47万くらいで耐えてくれれば素直に上かなあと思っていましたが、切ってきたのでもう一波乱あってもおかしくないかと。

Ethereum

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
127,100円 492,100円 48,979円 △365,000円

イーサ本当に2ケタドルになりましたね。

NEM

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
164,200円 499,900円 25.7円 △335,700円

何も言うことがありません。

COMSA(Mosaic)

市場価格 購入コスト 平均取得価格 損益
16,000円 518,100円 200円 △502,100円

言葉になりません。

まとめ

市場価格 購入コスト 損益
782,700円 2,541,700円 △1,759,000円

含み損右肩上がりをそろそろ止めたい。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]