サバ缶そぼろは作り置きも美味しい

サバ缶ブームがあって家にサバ缶が大量にあったのでそぼろを作ってみました。当日だけではなく2日目も味がしみ込んで美味しいです。

サバ缶三色そぼろ

サバの水煮缶を水ごとフライパンにぶっこんで醤油、酒、生姜で炒め、最後にゴマを振りかけるだけの簡単レシピです。

これが初日もいいですが2日目もまた美味しいのでおすすめです。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

BitMEXは先物取引 満期日には気を付けよう

朝起きたらBitMEXで持ってたはずのライトコインのポジションが決済されていました。

よくよく調べてみるとBitMEXで取り扱っているアルトコインは満期日がある先物取引だったのです。知らずに持っていると満期日に自動決済されるので気を付けましょう。

BitMEX先物取引の満期日訪れる

10日間ほどBitMEXでライトコインのロングポジションを持っていたのですが、朝起きたら決済されていました。

最初は意味がわからず、ハッキングされた?とさえ思いましたが、調べた結果先物の満期日が訪れていただけでした。

恥ずかしながら自分が先物取引を行っていると思っていませんでした。FXだと思っていました。

[aside]先物取引
先物取引とは、ある商品を将来の特定の日(期限日)に現時点で取り決めた価格で売買することを契約する取引です。

決済に関しては、限月と呼ばれる決済月の決済期限日までに反対売買を行って、その差額を決済する差金決済制度が設けられています。
 [/aside]

FXとの大きな違いは満期日が設定されていることです。

MEXではBTCとETHは無期限となっていますが他のアルトコインは期限付きです。取引される際はくれぐれも気を付けてください。

トレード結果

区分内容
通貨ライトコイン
ポジションロング
レバレッジ1倍
エントリー0.01470XBT
エグジット0.01492XBT
ROE1.01%
ライトコイン日足

ここ数日もみ合っていましたが、まだまだ綺麗な上昇トレンドを描いているライトコインです。

20EMAをサポートラインとしてもう一段上にいくかなと思っていましたが先物強制決済によりポジション解消させられました。

再度入る気にもなれなかったので今はライトコインよりも勢いのありそうなカルダノのロングポジションを握っています。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

映画「マネー・ショート」を観て思ったこと

以前から気になっていた映画マネー・ショートを観ました。

優秀なトレーダーはショーターが多いと言いますから、これを観れば一流トレーダーの何かがわかるかもしれません。

映画「マネー・ショート」を観た感想

住宅バブルに沸いていた時にファンダメンタル的に崩壊すると読んで空売りを仕掛けるという内容です。

リーマンショック当時の様子がよくわかり興味深かったです。映画としてはすごく楽しめました。

しかし、この映画の手法を現実世界に落とし込むと、「ファンダ1本で逆張りして損切りせずに逆転狙い」という荒っぽいものになります。

本当にこれをやってしまったら確実に死亡するだろうなと思いました。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

コムサはなぜ上昇しているのか

ここ数日コムサのチャートに動きがあり上昇しています。なぜ上がっているのか材料が出てきたので記録しておこうと思います。

コムサが突如上昇した

comsaの日足チャート

5円付近をさまよっていたCOMSAが突如7円以上に吹き上がりました。

なぜ上がっているのか情報を調べましたが、当初はよくわかりませんでした。しかし、徐々に材料が出てきたのでまとめておこうと思います。

日本国内ICOの方向性が見えてきた

以下のCOIN POSTの記事にあるように日本国内ICOの方向性が示されたことがコムサ上昇の要因です。

https://coinpost.jp/?p=75438&from=market_top

仮想通貨に関する改正法案が閣議決定されたことをうけ 日本仮想通貨ビジネス協会(JCBA) は新しいICO規制についての提言を発表。

上図はJCBAのプレゼン資料の一部抜粋です。

企業がICOした発行したユーティリティートークンは法的規制除外とすることでICOを促進させる

このような提言をしているというわけですね。

結果、COMSAトークンが買われているという現状なのです。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

ライトコインは半減期まで上昇するのか

仮想通貨には約4年に1回マイナー報酬が半減する半減期なるものが存在します。過去のBTC等の事例では半減期までは上昇トレンドを維持することが多いです。

そんな半減期が2019年8月に迫っているライトコインはこのまま上がっていくのでしょうか。

ライトコインは2019年8月の半減期まで上昇するのか

BitMexのライトコイン日足チャート

美しいライトコインの上昇トレンドチャートです。

最近知ったのですがライトコインは半減期が2019年8月にあるようです。以下のサイトでカウントダウンしています。

http://www.litecoinblockhalf.com/

一般的に半減期前は上昇するケースが多く、半減期後に下落するというパターンです。

マイナーによる半減期前の駆け込みマイニングによりハッシュレートが上昇し一時的なインフレ状態となり価格が上昇します。

ライトコインとりあえずロング

BitMexでライトコインが0.001520XBTくらいの時に買おうと思ったのですがローソク足で陽線が3日続いていたので、そろそろ少し調整しそうだと思い0.001470XBTで指値を入れました。

思惑通り指値が刺さりましたがそこから特に動かず現在に至るという感じです。

もちろんここから下落するパターンも全然あるので、20EMA付近でロスカットを入れています。

下落して、5EMAが20EMAを刺すデッドクロスが見られるような展開になったら手を引いて様子見します。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

損切り、利食いは出川組が生き残るために必要な出口戦略

出川組が相場から退場してしまった要因の一つとして出口戦略の失敗があると思います。どのような出口戦略をとればこの過酷な相場環境を生き残ることができるのか考察してみました。

ポジション取りより重要な損切り・利食い出口戦略

一般的に相場への参入タイミングは気にする方が多いと思います。なるべく安く買って高く売ろうと考えれば底値を見極めて参入したいと思いポジションを取る価格帯を探します。

ポジション取りと同等またはそれ以上に重要なのが損切り・利食いの出口戦略なのではないでしょうか。

適切な損切り・利食い設定で資金管理すれば破産する確率は限りなくゼロに近づきます。

ダメな出口戦略の実例

bitMEX ETH日足

上図はイーサリアムの日足チャートです。赤枠で囲ったところにでかい陰線が発生しています。

この時、自分はポジションを持っていて前日まで10%以上の含み益が出ていました。

しかし一夜にしてこの大陰線により損切り設定に引っかかり負けトレードとなりました。まさにオハギャーですね。

ストップ設定は利食いでも利用できる

上の負けトレードで思ったのは利食いに対する姿勢の中途半端さです。

まだ上がるかもという中途半端な思いでポジションを保持していたのですが、目標の利益を確保できた時点でさっさと利確すべきでした。

チャートに張り付くわけでもないスイングトレードの場合、目標価格を超えた時点でストップ設定を置いておくのをおすすめします。

損切り設定をキャンセルして利食いストップを置いておけば価格が下がってきた時に強制利確されるので安心です。

ポジション取得時に出口を決めておく

ポジションを取ってから価格は上にいくか下にいくかの2択です。

上下どちらに動いても対応できるようポジションを取ったらすぐに出口を決めておいたほうがよいです。

自分の場合は、損切り5%、利食い12.5%のスイングトレードという設定で動いていますが、トレードスタイルは十人十色ですから自分に合った適切な資金管理を見つけてください。

以下のサイトで資金管理の計算ができるのでトレードのルールづくりに役立ちます。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

EOSのロングと今日の音楽

EOSのチャートが上がりそうに見えたのでロングポジションをとってみました。

EOSのロング

BitMEXのEOS日足チャート

上昇トレンド発生してるし、何となくダブルボトムの形になりそうに見えるのでロングで入ってみました。

直近高値(0.0010500XBT)くらいを目標にします。

今日の一曲

このアジアンテイストな動画はおしゃれな曲調とあいまってクセになります。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

美しいライトコインのチャートとTENPOREX

チャートの美しさで投資先を決めてもよいのではないでしょうか。自然な形で上下に推移するローソク足を見ると安心できます。

ライトコインの美しいチャートにTENPOREXの音楽を聴きながら投資してみた話をしたいと思います。

美しいライトコインのチャート

ライトコイン日足チャート

ミンブルウィンブルという匿名技術で一気に仮想通貨市場の注目を集めたライトコインのチャートが美しく上昇しています。

こういう上昇チャートを見せられるとロングで入りたくなります。

理由は美しいからです。逆にいったら諦めます。

TENPOREX

これは久々にやられましたね。

このアートワークからしてグッときます。LOVEですからね。

このアルバムを聴きながらライトコインのチャートを見ていたらロングポジションとってしまうのは仕方ないのではないでしょうか。

美しいです。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]