プライスアクションのインサイドをフル活用

BitMexで主にビットコインのトレードを練習中です。

勝率や資金管理、負けたトレードの反省点など忘れないように記録に残しておきます。時々見返しながら次のトレードに活かすためのトレード日記です。

【エントリー】プライスアクションのインサイド

エントリーした理由

  • ステージが2→1へ移行
  • 帯の中に入った陰線を母線として7日間もみ合った後、上に抜けた(プライスアクションのインサイド)

【エグジット】大陰線の出現

エグジットした理由

  • 前日ローソク足の安値を下抜けする大陰線の出現
  • 節目の水平ライン(11,698ドル)下抜け
  • エリオット5波、上昇トレンドが開始して3つ目の山完成に見える

トレード結果

取引所BitMex
通貨ビットコイン
ポジションロング
レバレッジ1倍
エントリー8,250ドル
エグジット11,914ドル
損益額0.12574221XBT
資金率4%
勝率50%
ペイオフレシオ6.77

今後の予定

6/27の大陰線を母線としたインサイドで上抜けした場合はエリオット5波継続と判断し、ロングエントリー。

下抜けした場合は5EMAが40EMAをデッドクロスした時点(第3ステージ)でショートエントリー。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

ステージの戻りは損切りすべし

移動平均線大循環での第2ステージから第1ステージへ一瞬戻ったのでロングで入ったのですが、すぐに第2ステージへ逆戻り。

逆戻りした場合は、一旦手仕舞いしたほうがよいと思いました。

ステージの戻り

BitMex日足

ステージの推移が2→1→2。2→1となったところでロングインしました。

結果、第1ステージは1日しか滞在せずにすぐに第2ステージへ移行してしまい損切り設定にひっかかりロスカット。

インサイドはブレイクした方向へ売買

プライスアクション的には、2段下げの2段目の大陰線を母線とすればインサイドにあたります。

インサイドの基本はブレイクした方向への売買なので、ここは上か下か見極めてインすべきでした。

トレード結果

区分内容
通貨ビットコイン
ポジションロング
レバレッジ1倍
エントリー8034
エグジット7712
ROE-4%

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]