ビットコインのショートポジションを一気に踏み上げられる

途中までシナリオどおりに動いていたBTCのショートポジションですが、わずか数時間で一気に踏み上げられ、ロスカットラインを突き抜けていきました。

【エントリー】エリオット波動で戻り売り狙い

 

エントリーは1回目のエントリーでロスカットにあった後、200MA付近まで戻ってきたので、いい売り場だなと思いエントリーしました。

直後に踏み上げられてロスカットラインぎりぎりまで迫られましたが、なんとか耐えて下落トレンドに乗れたと思っていました。

ヘッドアンドショルダーの形からきれいに下落してくれ、一時は含み益15%までいき、どこで利確しようか考えていたところ衝撃のオハギャーが訪れます。

【エグジット】テクニカル無視の大暴騰で一気に狩られる

エリオットのC波がどこまで伸びるかなと思い利確ポイントを考えながら眠り、朝起きたら一瞬にして建値まで戻っていました。

損小利大のスイングトレードだと下落直後に利確はできないため、このロスカットは諦めるしかないですね。

200MAと平行チャネルを一瞬でぶち抜くこの暴騰は予想できないです。

今にして思うとグーグルの研究チームが量子コンピュータの発表をしてブロックチェーンの暗号技術危うしBTC下落!というニュースが大々的にメディアに出ており、新規ショートの過剰誘致が疑わしかったですが、こんな大がかりなダマシが行われるとは想像以上でした。

今回は、むしろ損切りをきっちり入れて損失を最小限に抑えることができたので良かったと考えます。これもし損切り入れてなかったらと考えると震えます。

[aside type=”warning”]注意
テクニカル無視の急な暴騰・暴落はあきらめる。損切りに感謝する。
 [/aside]

トレード結果

取引所 BitMex
通貨 ビットコイン
ポジション ショート
レバレッジ 1倍
エントリー 8586.5ドル
エグジット 8940.0ドル
損益額 △0.02673900XBT
資金率 4.0%
勝率 33%
ペイオフレシオ 7.12

今後の予定

9月下旬から始まった下落トレンドはいったんこれで終了かなと思っています。

もちろんここからすぐに下落して平行チャネルに戻って再度下落が始まる可能性もありますが、この暴騰でかなりのエネルギーを放出しているため、限りなくその確率は低いと考えます。

また、暴騰したとはいえ完全に上昇トレンドに移行したわけではありません。ここから上に行くにしろ、下に行くにしろ、エネルギーを貯める期間が必要だと思うので、どこかの価格帯でレンジ入りすると思います。

イーサのチャートも見ながら、レンジ入りした時に優位性がありそうなポイントで上か下を見極めエントリーしていきたいです。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

投稿者:

Crypto FP

シニア世代が幸せに暮らすための情報を提供いたします。