Homeトレード日記ショート3連敗、利確ルールを見直します

ショート3連敗、利確ルールを見直します

ビットコイン4時間足です。

一時は利が乗っていたのですが損切りラインまで踏み上げられロスカットとなりました。このショート3連敗で思うところがあったので記録しておきます。

【エントリー】逆張りからのトレンドフォロー

4時間足で綺麗なエリオット上昇5波が完成していました。その後、20EMAにタッチしてダブルトップの2番目の山の上をショートで叩く、みつしろ氏の逆張りからのトレンドフォロー戦略でエントリーしました。

すでに下がり始めていたため多少追いかけ気味のエントリーでしたが、まあ悪くはなかったと思います。

【エグジット】利確ルールの甘さを痛感

今回の利確ターゲットは6000ドル割れの5900ドルを目標にしていました。

理由は、自分の中での利確ルールで唯一あるのは直近高値・安値で決済というのがあります。

今回の4000ドル割れのBTC大暴落の底値を基準として、2番底はここら辺まで下がるだろうという曖昧な決め方でした。

この連敗で感じたのは、損切り率は4%という明確な基準を設けており、それなりに機能しているのに、利確ルールが適当すぎるという点です。

特に現在のようなボラが高い相場環境においては、精密な利確ルールがないと簡単に欲望にのまれてしまい失敗すると感じました。

今後は利確にも定率制を導入することとします。

★利確ルール:10%利が乗ったら利確する

バルサラの破産確率で計算したところ、勝率40%、損切り4%・利確10%(リスクリワード比2.5)で破産確率0%だったので大丈夫だと思っています。

トレード成績

今回 △0.02071981BTC

2020年累計 +0.076279328BTC