Homeトレード日記トレンドラインでレジサポ転換か

トレンドラインでレジサポ転換か

ビットコイン日足です。

長らくサポートが続いた上昇のトレンドラインが昨日抜かれて今度は逆にレジスタンスに転換しそうな動きを見せています。

資金管理

ショートの指値が刺さりました。

損切りまで証拠金の3.72%のリスクをとっています。

環境認識

ステージ2のため一応上昇トレンドの範疇です。

ステージ1→2→1の押し目はよく目にする光景ですが、他の要素を鑑みるとステージ1に戻る可能性は限りなく低いと判断しています。

ステージ2→3→4と順行していくパターンと考えショートポジションを入れています。

ただ気になるのは日経225やS&P500,ダウ平均など主な株価指数がやたら強い点です。

コロナショックで大きく下落した時、BTCも主要株価指数の下落に連動していた点を考えると、これらの指数が大きな上昇を見せた際、引っ張られる可能性があります。

ローソク足

昨日の下落から戻していますが、上昇トレンドラインと5EMA、20EMAが重なったポイントで止められています。

約2か月サポートされていた上昇トレンドラインは強力だと思うので簡単には抜けないと思っています。

自分の損切りポイントもこのラインの少し上に置いてあります。

ポジション

どこでショートエントリーするか悩みましたが、昨日の下落からよく戻してもフィボナッチの0.618(9037ドル)だろうと判断しました。

上述したように強力なレジスタンスがあるのでここは抜けないだろうと。

また、オーダーブックを見るとエントリー時の価格(8700ドル)に近いところにロングの玉がかなり入っているのである程度戻すと思いました。

損切りを0.786付近の9200ドルに置いておけば安心できると考え、エントリーポイントは確実に刺さりそうな0.382の8870ドルに指値を置いて寝ました。朝起きると刺さっていました。

利食いは5/10に大きく下落した時の安値と200EMAが重なっているポイントである8100ドルに置いています。

当面の目標はローソク実体部分でサポートされている40EMAを下抜けすることですかね。

  • ポジション:8870ドルショート
  • 損切り:9200ドル
  • 利食い:8100ドル