Homeトレード日記下落へのカウントダウン

下落へのカウントダウン

ビットコイン日足です。

下落への条件が一つまた一つと徐々に揃いつつあります。どのタイミングで落ちていくのかは誰にもわからないのですが、もういつ下落してもおかしくない状態なのではないでしょうか。

資金管理

ショートポジを保有中で証拠金の4%のリスクをとっています。

先日のBybitのトレードバトル結果で思い知らされましたが、資金管理ができるだけでトレーダーの上位30%に入れます。

手法とかエントリーポイントで悩むより先に決めることは、1回のトレードで証拠金の何%リスクを取るか、目標勝率、リスクリワードといった基本的な資金管理ルールの確立だと思われます。

環境認識

下落トレンドです。

なかなか思うように落ちてこないのでショーター勢はイライラしているのかもしれません。

しかし、いつ落ちるかは誰にもわからないので仕方ないと思います。

相場の7割はレンジと言われているので、自分のようなスイングトレーダーはレンジの間に仕込んでトレンドが出たら決済というスタイルです。

そう考えるとほとんどの時間を”待ち”で使っていることになります。自分の場合気が長いほうなのでストレスは全くないですが、せっかちな性格の方には合わないかもしれません。

気が短い方やせっかちな性格の人は、デイトレードやスキャルピングのほうが向いている気がします。

ローソク足

上ヒゲつけた陽線です。

大きな下落の前にはロンガーを誘うような陽線上ヒゲがよく見られます。そのローソク足にしては少し上昇が弱くロンガーを誘えない気がしますが、どうなるのでしょうか。

理想としては、9000ドルと8600ドル付近で指値しているロンガーのロスカットを巻き込んで一気に8100ドルラインにタッチという形ですが、そう上手くはいかないのが相場の世界なので見守るしかありません。

ポジション

  • ポジション:9500ドルショート
  • 損切り:10000ドル
  • 利食い:8100ドル目安に手動決済

苦手の利食いで悩んでいます。

8600ドルで一部利確も考えましたが200EMAの距離感的に一度下落が走り出したらここは軽く抜いてくるような気がしてスルーしてみます。

下落した後の反発具合を見て明らかにショート利確が入っているような戻しを確認して決済しようかと考えています。目安は8100ドル付近でしょうか。

しかし、利食いはエントリーの10倍は難しいです。