Homeトレード日記夏のビットコイン打ち上げ花火

夏のビットコイン打ち上げ花火

ビットコイン日足です。

今年の夏は新型コロナの影響で花火は軒並み中止となっていて見るのを諦めていましたが、まさかビットコイン相場で花火が見られるとは思ってもいませんでした。

資金管理

ノーポジのためリスクゼロです。

環境認識

  • 日足:上昇トレンド
  • 4H:上昇トレンド
  • 1H:上昇トレンド

相場分析するのが虚しくなるくらいのテクニカル無視イケイケどんどん相場です。まさにコロナバブル。

各種レジスタンスライン、チャート形状、CMEの窓、今のBTCにとっては何も関係ありません。ただひたすらバカになって上がっていくのみです。

この上げを取れるのは、一部の変態的上級者トレーダー(スキャ勢)と初心者トレーダーのみだと考えます。

自分も含めた一般的なトレーダーには無理です。

逆にこんな上げを取ってしまうと、どうしても潜在意識に刻み込まれるので、後で苦しむ気がします。

むしろこの上昇は取るべきものではなく、見るものだと思います。

そう、花火を鑑賞するように「わぁー、大きくてきれいな花火だな」という感覚で見届けるのが一般トレーダーの立ち振る舞いだと考えます。

そして花火終了後の下落直後は上下に大きく揺さぶられるため、ここも参戦すべきではないかもしれません。

祭りが終わり落ち着いた値動きが戻っていつもの日常が始まりだしてから少しづつ相場に参加していくのが一般トレーダーの正しい姿のような気がします。

ローソク足

見事な大陽線です。画像がやたら縦長です。

日足レベルでここまでの上昇は久しぶりなのではないでしょうか。2017年はよく目にしましたが2018年以降は無かった気がします。

この上げで何人のショーターがお亡くなりになられたでしょうか。ご冥福をお祈りいたします。

自分もアフターコロナ相場でのショートで相当やられていますので、お気持ちお察しします。

損切りさえきちんと入れていれば、また自分の戦略にハマる相場がくると思うので今は我慢の時だと思います。

ポジション

ノーポジです。

今は何もシナリオがありません。フラットな状態で相場が落ち着くまで待ちます。

値動きが落ち着いたら優位性のありそうな形状の時間足で上下両方のシナリオを立て対応していきたいです。