ボリンジャーバンドを使った買いパターン【仮想通貨】




仮想通貨ビットコインの短中期トレードを始めました。

今回はボリンジャーバンドというテクニカル指標を使った買いパターンを紹介したいと思います。

ボリンジャーバンドを使った仮想通貨の買いパターン

ボリンジャーバンドとは何なのでしょうか。

ボリンジャーバンド
移動平均線を中心にして、その上下に標準偏差の線をバンド状に描いたもの。統計的に95%の確率で価格の動きが収まるとされる水準。

上段のローソク足チャートの周りにブルーのバンドがかかっています。これがボリンジャーバンドです。

この時はバンドの上下幅が狭くなっていました。この状態から価格が上放れした場合、強い上昇トレンドが発生したと考えられ買いパターンです。

この時は1,185,500円でポジションを取り、約1時間後に1,200,000円を突破しています。

以下の時間足のチャートを見ると上昇トレンド中ということがわかります。

戦略としては、しばらく保有し続け、時間足や日足チャートで下降トレンドが確認でき次第「売り」を入れる予定です。

まとめ

買いパターン
ボリンジャーバンドが狭まったところから上抜けしたら「買い」
damoss
以上です。ご訪問ありがとうございました。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です