ビットコイン(bitcoin)10万円投資が5年後に1億円になる!?




余剰資金が10万円あったとしたらどうしますか。定期預金、株、投資信託、不動産、金など投資対象は様々です。ここでおすすめしたいのはビットコインです。

ビットコインというと何やら怪しい感じがしますが、きちんと調べて投資すればそんなに怪しいものでもありません。自己資産保全及び増加という目的としても役に立つと思います。

ビットコインに10万円投資すれば5年後に1億円になるかもしれない

現在、FP(ファイナンシャルプランナー)の勉強をしているのですが、テキストの中に終価係数を用いた複利運用の計算が出てきました。

例えばこんな感じです。

元本100万円を年利率2%で複利運用すると10年後はいくらになっているか
1,000,000円×1.219(終価係数)=1,219,000円

ビットコイン10万円投資で1億円達成するのはどのような条件が必要なのでしょうか。シミュレーションしてみました。

Keisanという非常に便利なサイトを利用しています。計算結果がこちら。

10万円が年利率300%の複利運用で5年後には1億円オーバーです。

この年利率300%というのが果たして現実的な数字かどうかが問題となってきます。ちなみに株の世界で投資の神様と呼ばれ個人資産数兆円を持つウォーレン・バフェット氏の年平均利率が22%です。

神様をはるかに超えてしまうのだから年利率300%というのはとんでもない数字です。

ここまでシミュレーションした結果で無理だと思われる方が多いでしょうが、ビットコインの今までの歴史を振り返るとあながち不可能ではない数字なのです。

ビットコインの価格推移と年利率

ビットコインの価格推移を見ていきましょう。

2011年 2012年 2013年 2014年
1btc価格 43円 418円 1,940円 94,026円

 

2015年 2016年 2017年 2018年(推定)
25,483円 46,119円 107,537円 2,000,000円

✻各年1月時点での価格です。2018年は推定額。

次に上記のbtc価格をもとに年利率を出してみます。

2012年 2013年 2014年 2015年
年利率 872% 364% 4,746% -73%

 

2016年 2017年 2018年
81% 133% 1,759%

✻各年1月時点で1年前のbtc価格と比較した場合の年利率です。

2012年から2018年のビットコイン平均年利率は、なんと驚愕の1126%です。

この数字を見ると10万円から1億円達成までの年利率300%は軽くクリアできそうです。

しかし、上記の年利率表を見てわかるとおり、1126%というのはあくまで平均値です。年単位でみるとプラス4746%からマイナス73%まで乱高下しています。ビットコインらしいと言えばらしいのですが全く不安定です。

ビットコイン長期保有投資は資産の乱高下に対する耐性が必要

この7年間のビットコイン年利率がマイナス73%からプラス4746%。

これが何を意味するかと言うと自分の投資した総資産が40倍、50倍になることもあれば7割減少することもあるということです。

ポイントは2014年から2015年にかけての年利率マイナス73%だと思います。取引所が吹っ飛んだGOX事件があった年。

あなたは自分が投資した総資産が7割減少することに耐えられますか。下落に対する耐性を持っていないと仮想通貨長期保有投資は難しいと思います。

総資産が7割減少するかもしれないという事実を受け入れる覚悟が必要なのです。この覚悟がないとおそらく下落した時点で手離してしまうでしょう。

一度手離してしまえばそこで終了です。複利効果は得られません。

投資の神様ウォーレン・バフェットの名言を紹介しておきます。

ウォーレン・バフェット名言
株の理想の保有期間は”永遠”だ。 

今から5年後の2022年ビットコイン価格はいくらになっているのか

10万円の原資を平均年利率300%で複利運用すれば5年後に1億円です。では、年利率300%というのはビットコイン価格がいくらになっているのでしょうか。

2018年 2019年 2020年 2021年 2022年
1btc価格 2,000,000円 8,000,000円 32,000,000円 128,000,000円 512,000,000円

1ビットコイン価格が平均年利率300%で上昇すると2022年には5億1千2百万円。

この数字を見てこんな事あるわけないと思うでしょうか。

ちなみに僕はこの数字を見て「普通にありうるな」と思いました。この数ヶ月仮想通貨を触ってきて金銭感覚がマヒしているせいもあるかもしれません。

まとめ

10万円の投資が5年後に1億円になる。その時の1ビットコイン価格は5億円オーバー。

にわかには信じられない数字ですが、ビットコインの今までの歴史を考えると可能性はある話だと思います。2017年初めに1ビットコイン価格が200万に上昇すると誰も予想できなかったように5年後の価格などは想像できないことになっているのではないでしょうか。

当然その逆もありえます。誰も予想しなかった額に下落している可能性もあるでしょう。誰かが言っていましたが仮想通貨投資に回す金額は投資資金全体の10%~20%に抑えておくべきというのは正しい見解だと思われます。

投資開始直後に長期の暴落に襲われてしまうと精神的ダメージが大きいですが投資後半年から1年後十分に資金が増えた後の暴落ならば耐えることができると思います。

例えば10万円投資して利率300%で40万円まで増えたとします。ここでGOX事件のようなことがあり利率マイナス70%となったとしても12万円です。元金は割っていません。これなら1,2年我慢し回復するのを待つことができるのではないでしょうか。

長期的な暴落よりも短期的暴落で手離してしまう方も多い印象があります。僕も経験しましたが投資開始直後は投資額が半減することなどは珍しくありません。

一度購入したらまずは黙って3ケ月は保有することをおすすめします。資金がある程度増え安全圏に入った後ならば多少の暴落は気にならなくなります。

僕もそうでしたが最初の購入取引所はコインチェックがおすすめです。スマホアプリが扱いやすく初心者向きの取引所です。

数千円の少額から始められます。この機会に仮想通貨投資を体験してみてはいかがでしょうか。

damoss
以上です。ご訪問ありがとうございました。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です