ビットコインは上がり続ける!?長期と複利の罠




投資未経験者を市場に誘い込む常套句として「短期で判断してはダメですよ、長期で見れば右肩上がりです」、「複利運用で〇年後には原資金の〇〇%達成です」という言葉があります。

長期投資や複利運用は本当に信頼できる事実なのでしょうか。

長期と複利が成立するための条件

長期投資と複利運用が成立するためには目標としている年次まで相場が上がり続けなければなりません。

目標としている10年後、20年後に上昇トレンドにのって購入価格を上回っていれば成功です。

相場は究極的には「上がる」か「下がる」かの2拓を予想するゲームです。

10年、20年後に現在価格を上回っている確率は50%。

長期、複利の運用は言い換えれば10年後、20年後に「上がる」ほうにベットした投資法です。成功する確率は50%。

年始に著名な経済アナリストの方々が「年末は〇〇円」と株価やBTC価格を予想します。しかし当たったところを見たことがありません。

専門家ですら1年後も予想できないのに10年、20年後のことなど誰も予想できないでしょう。

「上がる」ほうにベットして失敗すれば運用年数的に新たなポジションを取り直すことは困難です。結構ハイリスクだと思いませんか。

下落トレンドで長期・複利運用したらどうなるか

下落トレンドで複利運用した場合、上昇相場と真逆のことが起こります。

複利効果により雪だるま式に含み損が増加していきます。

失敗が許されない長期運用では特に長期のトレンド判断が重要だと言えるでしょう。

Crypto FP
以上です。ご訪問ありがとうございました。