フィスコのZaif買収はコムサの今後に追い風か




Zaifがハッキング被害にあい、まるでシナリオがあるかのごとく速攻でフィスコが買収を発表しました。

フィスコのトップが語る動画を見て、この買収劇はコムサにとってはプラスに働くかもしれないなと思ったのでまとめてみます。

フィスコのザイフ買収は今後のコムサにどう影響するか

まずはフィスコトップが今回の事件を語るコインテレグラフ提供の動画2本です。

Zaifは個人、フィスコは法人という棲み分け

動画にも出てきますがZaifは個人口座を多く持つのが特徴でフィスコは法人を対象にしているとのことです。

たしかにZaifは業界内では異端児的な存在で、そこが同時に魅力でした。

ICOまで実施したビットガールズ。

わけのわからない草コインの上場。

 

変なことばかりして面白いので多少サーバーが弱いまま放置されていてもファンがついてきたのだと思います。

対してフィスコは他取引所との差別化を図るためターゲットを法人に絞ると公言しています。

コムサへの影響

コムサのコンセプトは基本的に法人相手のBtoBビジネスです。

それを考えると自由奔放なテックビューロが主導するよりフィスコが入ったほうが世間に対しては信用度が上がるのかなと思いました。

今回のプレスリリースでは以下のとおりコムサへの言及がされています。

どういう方針が立てられるかまだわかりませんが、対法人や対金融庁に強いフィスコが介入することはコムサにとってプラスに働くのではないでしょうか。

Crypto FP
以上です。ご訪問ありがとうございました。