仮想通貨の各銘柄の特長を一言でまとめてみました




コインチェックで取り扱っている仮想通貨の各銘柄の特長をわかりやすく一言でまとめてみました。

仮想通貨の銘柄

Bitcoin

世界中のお店で使える仮想通貨。いまはまだ使用店舗は限られていますが将来的には使用可能店舗は確実に広がっていくはず。

Ethereum

決済だけではなく、契約・執行もできてしまう仮想通貨。煩わしい契約行為から解放される。法人にとっては非常に便利で魅力的。

Ether Classic

イーサリアムがハッキングされた時に誕生したコイン。

Lisk

Java Scriptが開発言語。ブロックチェーンではなくサイドチェーン。

Factom

電子データの記録・管理

Monero

匿名性が高い。

Augur

未来予想。占い師。

Ripple

通貨間のやりとり。

Zcash

匿名性高い。

NEM

お金持ちが有利になりがちな仮想通貨市場で、取引数が多い方を優遇するという富の再配分を実施。

PoI (Proof-of-importance)という仕組みにより、ビットコインやイーサリアムのようにマイニングという概念がないため、電力をあまり消費せず、一部の富裕層に富みが偏らない。

Litecoin

ビットコインの弟分。

DASH

取引スピードが速い。

Bitcoin Cash

ビットコインから枝分かれ。

まとめ

各コイン特長があるので、将来性のありそうなコインに投資したいですね。

ちなみに僕はビットコイン、イーサリアム、ネム、ビットコインキャッシュの4種類持っています。この中で一番期待してるのはネムです。

ネムをコインチェックで売買すると手数料が高いため、Zaifでの購入をおすすめします。

あと気になるコインで今度買ってみようかなと思っているのはAugurです。コンセプトが未来予測って他のコインと比較すると異質感があって気になります。

damoss
以上です。ご訪問ありがとうございました。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です