2018年はコムサ日本発仮想通貨ICO案件に期待




2018年僕が最も期待しているのはCOMSA(コムサ)です。

昨年末に行われた事前のトークンセールでは国内外からなんと109億円を集めるという巨大プロジェクトです。僕も1万円という少額ながら参加させていただきました。

ICOに投資すること自体初めてだったのでビビッてましたが、今思うともっと突っ込んでおけばよかったです。

日本発仮想通貨ICOコムサとは

コムサとはどのようなプロジェクトなのでしょう。公式がわかりやすい動画を作ってくれていますので貼っておきます。

ホワイトペーパー(いわゆる事業計画書)も読んでみると理解が深まります。

COMSA-Whitepaper-Japanese

僕は技術的な知識に乏しいため100%は理解できませんが、コムサを一言で表すと以下のとおりかなと思っています。

ブロックチェーンを利用したICO案件をワンストップで全面的に支援するプラットフォーム

ICO案件をナノウォレットからコミュニティー投票できる

僕が魅力的に感じたのはホワイトペーパーのP5に記載されている以下の文面。

コミュニティ投票
ICO案件はテックビューロとICO協議会によって審査されるが、中には意欲的且つ信用に足りるにも関わらず、トークンの購入者に対して潜在的なリスクを含有するものがある。そのような場合には、COMSAはそれら候補となるICO案件をコミュニティ投票へと意思決定を昇格する。

CMSのトークン保有者はそれらICO案件に対して、COMSAにおいてそのICOを受け入れるかどうかを、一定Block Height(ブロックの高さ)におけるCMSトークンの保有数に応じて投票する権利を持つ。

Ethereum上のETH:CMS保有者に対しては、投票用コントラクトを作成し、投票用のトークンを指定したアドレスに送付させることによって投票権を与える。
NEMブロックチェーンでは投票は至って容易である。NEMからオープンソース提供されているソフトウェアNanowalletには、既に公式の投票モジュールが用意されている。NEM:CMS保有者は、ウォレットから直接ICO案件への投票が可能となる。

リスクがあるICO案件についてコムサトークン保有者が投票して受け入れるかどうか決める。これは非常にブロックチェーン的な考え方で好きですね。普通の人が気軽に組織決定に参画できるというのは仮想通貨ならではのメリットなのではないでしょうか。

コムサがICO案件をふるいにかける役割を担う

今や仮想通貨界は高校生から専業主婦まで億単位の資産を保有するパラレルワールドです。

こういう状況に付け込んで高齢者や情報弱者を狙い撃ちにする詐欺的ICOが乱立することが予想されます。すでに海外では多くのスキャムICOが存在するようです。日本でも金融庁が注意喚起していますが法整備が追い付いていないため悪徳ICOが横行しやすいです。

ここで登場するのがコムサです。コムサを通したICOであれば信用という大きなアドバンテージを得ることができます。

信頼できるICOかどうか素人では判断しづらいです。コムサがICOをふるいにかける役割を担ってくれることにより安心してトークンを購入できるのです。

スキャムICOが横行すればするほどコムサの存在感は増していくと考えられます。

まとめ

以上のようにコムサにはすごく将来性を感じています。

投資面ではプレセール+ザイフ上場数日後の130円台の時に購入しています。その後、本業でボーナスが出た際、奥様から「そんなに増えるならこのボーナス運用してよ」と渡されました。

昨年8月にビットコインを初めて買った時はさんざん文句を言われ投資資金をストップされていたのに変わるものですね。お金の力は怖いです。

このような状況で臨時投資資金が入ったのでコムサに全部突っ込んでおきました。買い増し時はちょうど12月のアルトコイン祭りで360円台でした。

現在暴落してボーナス投資分は思いっきり含み損ですが今後の投資資金確保のために奥様には内緒にしています。まあ、長期的に見れば上昇する要素がたくさんあるので心配していません。

damoss
以上です。ご訪問ありがとうございました。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です