COMSA(コムサ)新案件 IP.Gold社にプラットフォーム提供

年明け以降目立った動きが無く日本最大級のスキャム案件と揶揄されていたコムサですが、ようやく本来の役割であるICO支援の動きがありました。

ICO実施中のIP.Gold社が取り扱うトークンIPGについてコムサのプラットフォームを利用するとのニュースです。値動きがあった原因はこれだったんですね。

やっと出たCOMSA(コムサ)新案件 IP.Gold社のICO支援

年明け数ヶ月何も動きがなく具体的な案件のニュースを待ち望んでいた方も多いと思いますが、やっと出ました。

IPアドレスを取り扱って収益化を図る事業を計画しているIP.Gold社にプラットフォームを提供し、同社のトークンであるIPGについて発行、配布を行うというニュースです。

IP.Gold社が実施しているICO詳細についてはCOINJINJAさんの記事を参照してください。ICO期間は2018/4/2~6/3までのようです。

以下、IP.Gold社側のコメントです。

[aside]IP.Gold社CIOのDavid Greieshaber氏によるコメント

「トークン発行・配布に関して様々な手法・選択肢がある中で、COMSAが最も安定し、包括的でした。COMSAによりトークン発行・導入にかかるプロセスは大幅に短縮されます。トークンに関与する他の企業も、検討することを薦めています」 [/aside]

「トークンに関与する他の企業も、検討することを薦めています」

いいですね。コムサ360円高値掴みマンの自分としては、どんどん他の企業にも薦めてもらいたいです。

内容詳細はコムサのホームページで確認できます。

テックビューロ・ヨーロッパ COMSA Global ソフトウェア・プラットフォームの提供を開始

上記の記事中にもありますが、今回コムサはIP.Gold社のICO全体をプロデュースするのではなく、あくまでソフトウェアのみを提供するとのことです。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

投稿者:

Crypto FP

シニア世代が幸せに暮らすための情報を提供いたします。