ビットコイン(bitcoin)を金庫に保管するサービスは将来必要になる




ビットコインをハードウェアウォレットで保管するのは何かと面倒です。自分の資産を守るためのセキュリティー対策なので仕方ないのですが、できればもっと安全かつ簡単に保管できる手段があればよいのにと思っていました。

先日、日本上陸が発表されたアメリカ最大手の仮想通貨取引所Coinbaseのサービスの一つにCoinbase Custody(Coinbase 保管サービス)というのがあるようです。

これいいんじゃないのと思い少し調べてみました。

ビットコインを普及させるためにも簡単・安全に保管できるサービスは必要

ビットコインはじめ仮想通貨の普及の妨げになっていることの一つに保管リスクがあります。

マウントゴックスやコインチェックのハッキング事件を見てもわかるように取引所ウォレットは常にハッカーに狙われています。

現状、一番安全な保管方法としては取引所から仮想通貨を取り出し自分のハードウェアウォレットで保管するしかありません。

しかしこの保管方法は一定以上のITリテラシーがないと難しいと思います。この保管方法の煩雑さが一般人への仮想通貨普及の妨げの要因の一つになっていると考えます。

もっと簡単かつ安全に仮想通貨を保管できるサービスがあれば新規参入する人は増加するのではないでしょうか。

保管サービスがあるCoinbaseが日本上陸

三菱UFJと連携し日本進出する米最大級仮想通貨取引所Coinbaseの影響とは?

Coinbase Custody(Coinbase 保管サービス)があるアメリカ最大手の仮想通貨取引所Coinbaseの日本上陸が発表されました。

この保管サービス魅力的だなと思い少し調べました。当然手数料がかかるでしょうから。

Bitcoin.comの記事です。

google翻訳で日本語に。

利用するには1,000万ドル(約11億円)の資産が必要で手数料は10万ドル(約1100万円)。小規模のhodlerは適用する必要はありません。

アホか。

どうやら機関投資家向けサービスのようですね。

しかし一般投資家向けの仮想通貨保管金庫サービスって必要だと思うんですけどね。今後、仮想通貨業界と銀行や証券会社が一体化してくるにつれ出てきてほしいサービスの一つです。

Crypto FP
以上です。ご訪問ありがとうございました。