出川組として仮想通貨界で生きるために必要なこと




2017年12月にコインチェックのCMで仮想通貨界に新規参入した通称「出川組」は2018年に入りひどい状況が続いています。かくいう自分も投資額の1/5は出川です。

そんな1/5出川の僕が今後の仮想通貨界を生き抜くためのマインドセットを考えました。もうあまり残っていないであろう出川ガチホ組の参考になれば幸いです。

出川組のためのビットコインテクニカル分析

仮想通貨の高値更新はいつになるのでしょうか。以下は現在のBTCのチャートです。

次に過去のBTCチャート。

上は状況が酷似していると言われている2013年から2017年のBTCチャートです。

1BTC12万の高値を記録しGOX事件を経由し暴落、再び高値更新するまでに約4年の月日を費やしています。

こちらは日経平均株価のチャート。1989年の3万円台後半のバブル高値を約30年経過後も超えることができていません。

BTCのテクニカル分析では過去のバブルチャートを見ると高値更新は4~5年はかかってもおかしくはないと言えます。日経平均のバブルチャートを見るとそれ以上の年数かかる可能性もあります。

しかしBTCのファンダメンタル分析的には機関投資家の参入や企業や各国政府のブロックチェーンに対する関心度の高さから過去の状況との違い、もっと早期に高値更新することも考えられます。

出川組はチャートやJPY価格を頭の中から消すべし

出川ガチホ組は早くても数年単位で高値更新を考える必要があります。それまではチャートやJPY価格は気にせず過ごすほうがよいです。

ビットコインは発行枚数が決まっているためJPYのようなインフレリスクはありません。JPYの価値はインフレによって数年後は下落している可能性がありますがBTCの価値は上昇している確率が高いです。

仮想通貨のベンチマーク的存在のBTCが上昇すれば他のアルトコインも連動すると思われます。

資産保有という観点から考えるとJPYで保管するよりもBTCで保管したほうがインフレリスクは回避できるのではないでしょうか。

ジンバブエのようにハイパーインフレになりJPY紙幣が紙くず同然になる可能性もゼロではありません。先進国通貨がそのような状況になる可能性は低いとは思いますがリスクはあります。

1BTCを200万で買おうが80万で買おうが所有しているコイン1BTCに変わりはありません。いくらで買ったかよりも1BTC所有していることに資産価値があるのです。

資産の保有状況を考える場合、JPY価格を頭の中から消し去り、仮想通貨単位で考えるクリプト脳が出川組には必要だと考えます。「BTC>JPY」に脳内を変換するのです。

保有するコインが作り出す未来を信じる

出川組がテクニカル分析すると暗い気持ちになりがちなので、おすすめはファンダメンタル分析です。保有通貨の未来を妄想しましょう。

例えば僕が出川買いしたコムサでみていきましょう。JPY換算すると約50万円分投資したコムサが10万円ほどに下落している状況です。

価格は下落していますが、ファンダメンタル的には少しづつ良い材料が出てきています。

テックビューロ・ヨーロッパを中心にICOのプラットフォーム提供の具体的な案件が出てきており、コムサ本来の目的であるICO支援が実現されつつあります。

イーサリアムがDAppsのインフラ環境整備を目指すように、コムサはICOのインフラ環境整備を目指します。数年後にはいい感じに普及してきている未来が想像できます。

このように出川組に求められるのは、価格の上下を気にせず、保有コインが掲げるビジョンが具体的に進行していく過程を楽しむ姿勢です。

仮想通貨やブロックチェーン技術が未来を変えるイノベーションなのは間違いありません。その革新的なプロジェクトにおそらく仮想通貨の歴史に刻まれるであろう出川組という存在で関われるのは人生において貴重な体験だと思います。

出川組はJPY換算すると今は損していますがブロックチェーンプロジェクトに寄付したと思えば気が楽になります。

こんな感じでマインドセットしていけば出川組として今後強い気持ちで生き抜いていけるのではないでしょうか。

Crypto FP
以上です。ご訪問ありがとうございました。