ガチホBTCをBitMEXに送りイーサリアムをロング




世界最大手FX取引所のBitMEXでイーサリアムを初めてロングした際に気づいた事が数点あったので書き留めておきます。

BitMEXでイーサリアムロング

BitMEX イーサリアム日足

ローソク足と移動平均線を見てもらえばわかるようにイーサリアムが綺麗な上昇トレンドに入っています。

BTCを先行する形でトレンド形成していたのでロングでポジションを取りました。

FXする際に重要な損切り設定

トレードスタイルは数日から数週間のスイングトレードです。

上昇トレンドでポジションとる場合、重要だと感じたのは損切り設定です。最初2%下落ポイントにストップロスを置いていたのですが押し目形成時に見事に引っ掛かってポジション解消させられました。

仮想通貨はボラティリティがあるため浅めのストップロス値はすぐに引っ掛かってしまいます。

しかし、あまりにも深めの価格で損切り設定すると損失額が大きくなってしまうので悩みどころです。

いろいろ試行錯誤した結果、以下の設定でしばらく様子見することにしました。

バルサラの破産確率 by FX SQUARE

資金率が損切り設定価格です。現在価格からポジションと逆方向に5%動いたら損切りです。

BitMEXでの損切り設定は手数料はかかりますがストップ成行(テイカー手数料0.075%)をおすすめします。

BitMEXの指値は 現在価格より上値でロング、下値でショートを入れることができません。

したがってストップ指値は手数料はかかりませんが、刺さらずにキャンセルになってしまうリスクがあります。

チャートにいつも張り付いていられれば手動で損切りできますが、暴落時に指値が刺さらなかったら最悪です。

出口戦略

上表のレシオは利確時価格が損切り価格の何倍にあたるかという数値です。上の設定の場合、損切りが5%なので、5%×2.5=12.5%

つまり、ポジション時価格の12.5%が利確目安の価格となります。

トレンド転換時にはMACDに一番早めにサインが出るため、MACDがデッドクロスしそうであれば利確タイミングだと思っています。

Crypto FP
以上です。ご訪問ありがとうございました。