ファンダメンタル分析は仮想通貨初心者に可能か【ETH×TRON】




投資対象を選択する際はファンダメンタル分析が重要と言われます。仮想通貨初心者に正確なファンダメンタル分析は可能なのでしょうか。検証してみました。

ファンダメンタル分析とは

ファンダメンタル分析はwikipediaによると以下のとおりです。

企業のファンダメンタル分析とは、財務諸表、健全性、経営、競争優位性、競合相手、市場などを分析することである。先物や為替に適用する場合は、経済、金利、製品、賃金、企業経営の全般的な状況に着目する。

この用語は、他の種類の定量的な分析やテクニカル分析などの投資分析と区別するために使用されている。ファンダメンタル分析は過去と現在のデータを用いて行われるが、その目標は業績予想である 。

個人投資家においては長期保有を前提に配当などの利回りを重視する立場をとる。大手機関投資家すなわち各銀行の含み益にも関係することから株価に全く無関心なことはないが、短期の上げ下げに一喜一憂しないアプローチ手法である。

これを仮想通貨に当てはめると分析する項目は以下のとおりです。

  • 目指しているビジョン
  • 価格
  • 時価総額
  • 開発の進捗

こんな感じでしょうか。

Ethereum(イーサリアム)×TRON(トロン)ファンダメンタル分析

仮想通貨技術面に詳しいネット住民から絶賛されているイーサリアムと同ネット住民に酷評されているトロン。

初心者がファンダメンタル分析して判断できるのでしょうか。やってみましょう。

銘柄 Ethereun TRON
公式 公式ページ 公式ページ
ビジョン スマートコントラクト(契約)やDApps(アプリ)の開発実現 エンターテイメントシステムの構築
価格  154,818円/Eth  14.09円/TRX
時価総額  13.99兆円  8,481億円
開発の進捗  公式によると既に動いているプロジェクト多数 大手企業との連携あり

何も情報がなくまっさらな状態で公式ページのみ見せられたら、どうでしょうか。時価総額以外の情報でイーサリアム、トロンを正確に分析するのはとても困難です。

公式も当然日本語ではないので翻訳して読み込む必要があります。公式を翻訳して読んでみましたが両方とも意味不明部分が多数ありました。

まとめ

  • 技術面と英語に詳しくない人が仮想通貨のファンダメンタル分析を行うのは無理
  • 上記のタイプはおとなしくビットコインとイーサリアムを購入
  • 数百という銘柄をプロのトレーダーが運用してくれるETF商品が出てくれば購入
damoss
以上です。ご訪問ありがとうございました。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です