欲を抑えることの難しさ ~投資初心者の心理~




先日ビットコイン価格が80万円台から60万円台に暴落しました。

僕は暴落待ちで取引所に資金を入れ待機していたにもかかわらず買えませんでした。投資初心者の僕の中でどのような心理が働いたのか分析してみます。

投資初心者が欲を抑えるのは難しい

まずは暴落時のチャートを見てみましょう。

この時のビットコイン暴落の要因はビットコインキャッシュの暴騰に資金が流れていくことによるものでした。

僕は70万円台の時にとりあえず67万円で少しだけ指値を入れ様子を見ることにしました。結果67万円を軽くスルーしてどんどん下がっていきました。

ここで投資初心者の欲が暴走。

「これは大暴落きた」と興奮し59万円で指値を入れ待っていました。結果はそこまで届かずスルスルと上昇していき現在はもとの80万円台まで戻っています。

僕の初の暴落体験は2017年9月です。この時は中国の規制が入ったことによる不安が要因で暴落しています。

ここが底値かなと思うところから、底なし沼のようにグングン下がり当時50万円台だったビットコイン価格が一気に20万円台まで下がりました。暴落期間もたしか3~4日間続いたと記憶しています。

この暴落体験が僕のベースになっていたため、今回の短時間の暴落に対応できませんでした。

しかし、今回の暴落時購入失敗から学んだことは多かったです。

あらかじめ購入ラインと金額を決めておく

プロのデイトレーダーの方が、一度ポジションを取ったら「〇〇円まで下がったら売る」という損切りラインと「〇〇円まで上がったら利確」という利確ラインを事前に決めておくと言っていたのが印象に残っています。

投資タイミングで一番やっかいなのが人間の感情だと思います。

「底値で買いたい」「高値で売りたい」という欲望が投資タイミング失敗の原因となることを今回の暴落時購入失敗体験から学びました。

投資タイミング
自分がbotになったつもりで感情を捨て購入ラインと金額をあらかじめ決めておく

購入判断は迷わず即決

まだ下がるかな、まだ上がるかなと迷っていると買い時を逃します。目当ての価格がきたら迷わず買いましょう。感情を持たずbotになったつもりで購入です。

底値付近は一瞬で買いが入るためすぐに上がってしまいます。安い期間は短いと思っておいたほうがよいです。

まとめ

  1. 購入ラインと金額をあらかじめ決めておく
  2. 感情を入れない
  3. botのように購入
  4. 購入判断は早く
damoss
以上です。ご訪問ありがとうございました。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です