ビットコイン(bitcoin)の仕組みと歴史




ビットコインはどのような仕組みでどんな歴史をたどってきたのでしょうか。また将来的にはどのようなものになっていくのかを考えてみます。

ビットコインの仕組み

ビットコインは一言でいうと仮想通貨です。通貨といっても円やドルのように国が管理している通貨ではありません。ブロックチェーンと呼ばれる仕組みの中でユーザー全員で管理している通貨です。

法定通貨のように国にコントロールされない非中央主権的な仕組みが特徴です。

これからの社会はヒエラルキー型から分散型へ変遷していくといわれています。分散型社会の象徴がビットコインなのではないでしょうか。

ビットコインの歴史

2008年10月31日にSatoshi Nakamotoと呼ばれる人物が論文を発表し、2009年1月3日に最初のブロックが誕生しています。

実店舗での最初の決済として有名なピザ2枚と10,000btcの交換は2010年5月22日です。

その後さまざまな出来事を経て現在に至るわけです。ビットコインの歴史詳細は以下の記事が非常にわかりやすいです。

Bitcoin(ビットコイン)チャート仮想通貨の値段変動|2009年~2017年

ビットコインの将来

「バブルだ!終了だ!」とことあるごとに言われ続け今までしぶとく生き残ってきているビットコインですが今後はどのようになるのでしょうか。

僕の個人的な意見では投機的な側面も含め今後さらに発展していくと思っています。理由はビットコインに関わっている天才といわれる方々が多くいるという事実です。そのような環境下におかれたプロジェクトは自然と良いものが出来上がっていくはずです。

ビットコインの数年先という意味では以下の記事が面白いです。アメリカの掲示板サイトに2013年に投稿されたネタです。

少しネガティブな内容ですがこのような未来も十分ありえるなという内容でした。ビットコインの未来について関心のある方はぜひご一読ください。

未来から来たビットコイナー:和訳記事

 

Crypto FP
以上です。ご訪問ありがとうございました。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です