ゼロサムゲームのない平和なHODL(ガチホ)の世界




相場の世界は食うか食われるかの戦場です。自分に有利な取引を成立させるためダマし、ダマされ皆必死です。

そんなギスギスした世界は捨てて平和なHODL界に来てみませんか。心も体も安定してリラックスできますよ。

相場の世界はゼロサムゲームの戦場

株、為替、仮想通貨の相場の世界には必ずプロのトレーダーがいます。トレーダーの仕事は株や仮想通貨を安く買って高く売ることです。

トレーダーはテクニカル分析技術を磨き、最新のニュースを常にチェックしチャートがどう動くのか予想します。

トレーダーが安く買って高く売るためには取引相手が必要です。安い時に売ってくれる相手、高い時に買ってくれる相手です。いわゆる養分と揶揄されている方々です。

言い換えれば養分の存在なくしてはトレーダー業は成立しません。大切なお客様です。養分の方々は証券会社や仮想通貨取引所にとっても手数料を落としてくれるという意味において大切なお客様です。

ゼロサムゲームにおいてトレーダーの利益の裏には必ず損をしている養分の方々がいます。養分は市場を形成する大切なパーツの一つなのです。

しかし当然ですが自分から喜んで養分になるような人はいません。ここで争いが勃発します。

トレーダーにとって必要な養分がいなければ商売になりません。悪質なトレーダーはネットで煽ったり、仕手でチャート操作をしたり、フェイクニュースでかく乱したりと色々やってきます。

ダマし、ダマされのギスギスした勝負の世界が形成されるのです。

平和なHODL(ガチホ)の世界

トレーダーの世界に対してHodlerの世界は平和そのものです。理由は簡単で売買しないですから。

最初にファンダメンタル分析して将来性のある銘柄を選んで購入し、あとは価格が上がろうが下がろうがお構いなしで永遠に放置プレーです。

Hodlerはトレーダーや取引所にとっては存在していないのと同じで全く無意味です。

しかし投資初心者の方は最初はHodlerとしてデビューすることを強くおすすめします。

最初からトレーダーとしてデビューしようとしても、よほどの才能がなければ養分と化し、早々に市場から退場させられます。

Hodlerとして経験や知識を身につけ、資金も増えた段階でトレーダーとしてデビューしても全然遅くはないと思います。

Hodlerは法定通貨(JPY)を求めていない

トレーダーはJPY資産を増やすことを最終目的としてトレードを行っています。

対してHodlerはJPYを求めていません。仮想通貨のHodlerの場合、通貨の保有が最終目的です。すなわち購入した時点で目的は達成しているのです。

お金というのは物と交換できることに価値があります。例えばビットコインはまだ利用できる店舗は少ないですが、わざわざJPYに替えなくてもBTCのままで物やサービスと交換できます。

HodlerがJPYでなく仮想通貨で資産を保有している理由は将来的に値上がりし、JPYで資産を保有しているよりも多くの物と交換できる権利を得られると思っているからです。

僕は今1BTC所有しています。Satoshi単位に直すと100,000,000Satoshiです。10年後くらいには1Satoshi=1円くらいにはなっているのではないかと考えています。

将来はスーパーなどで円表示と並列し仮想通貨単位の表示もされるのではないでしょうか。

こんなイメージです。

Crypto FP
以上です。ご訪問ありがとうございました。