家事分担を見直すべきシニア世代




日本の場合、女性に負担が偏りがちな夫婦間の家事分担。皆様のご家庭ではどのように分担されているでしょうか。

家事の分担内容を視覚的に分析

AERAが出した家事分担表が素晴らしいです。1日の家事内容を100のタスクとして表示しています。

こうやって一つ一つ書き出していくと、いかに家事タスクが多いかよく分かりますね。

僕自身も料理や掃除はそこそこやっていますが、育児関係をほとんどやっていないことを自覚しました。一度自分が家事全体の何割ほど負担しているか確認してみると良いと思います。家事に対する意識が変わる気がします。

家に居場所がない中高年

働き方改革で残業せずに早めに帰宅できる中年サラリーマン男性や退職後に時間を持て余すシニア男性は家にいても邪魔者扱いされ居場所がないというケースがあります。

このような方は上記の家事分担表の中から自分で出来そうなタスクを責任もってやってみてはどうでしょうか。家で役割があれば少なくとも居場所がないということにはならないと思います。

おすすめ家事は料理

男性におすすめしたい家事は料理です。

特にお酒が好きな方は料理したほうが良いと思います。自分が食べたいと思うおつまみを作るのは楽しいですよ。そのうえ家族にも感謝されます。

料理は材料の仕入れから、冷蔵庫の在庫管理、調味料の選定などやることが沢山あります。

そしていざ調理にとりかかればアーティストが一つの作品を作り上げるのと同じです。創意工夫やアイデア力、分量の調節能力やアレンジ力など上級者になればなるほど高い能力が必要となります。それだけ奥が深い世界ですので極めれば楽しくなります。

まとめ

  • 家に居場所がなくつらいと感じている人は家事を分担
  • おすすめ家事分担は料理

現役で働いている頃から積極的に家事に関わっていけば、定年後すぐに奥様に熟年離婚を迫られつらい思いをすることもないかと思います。

自分の得意分野を仕事だけではなく家庭でも活かして幸せなシニアライフを実現したいですね。

damoss
以上です。ご訪問ありがとうございました。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です