相場で生き残るためにはナンピン買いをしないこと




初心者が投資で失敗してしまう一番の原因はナンピン買いではないでしょうか。下落相場で「今は安い、買い時だ!」と煽られ思わず買ってしまって含み損を抱えこむ経験をしているのは自分だけではないはずです。

逆張りの典型例であるナンピン買い

ナンピン買いとは下落相場で買い増ししていき保有銘柄の平均取得単価を下げ、価格上昇時に売り抜く手法です。

下落時に買いで入るためトレンドに逆らう逆張りとなります。

ナンピン買いはトレンド転換が前提

ナンピン買いは上昇トレンドに転換することが前提のポジション取りです。

この先の相場状況がトレンド転換し買値を上回る確証はどこにもありません。下落トレンドが続くこともあるでしょうし、もみ合い相場が長く続くことも考えられます。

現在のトレンドに逆らった買い方なので当たればデカいですが、それだけリスクがある買い方です。

ナンピン買いよりも損切りして新たなポジション取り

ナンピン買いは上級者向けのテクニックだと思います。初心者がやってはいけません。

ナンピン買いするくらいならポジションを手仕舞って、新たに売りポジションを立てたほうがよいです。

逆張りではなくトレンドにのった順張りで利益を上げる手法のほうが確実にリスクは軽減できるのではないでしょうか。

Crypto FP
以上です。ご訪問ありがとうございました。