NEM財団の闇とビットコイン相場分析

NEM財団の選挙がありゴタゴタしていたのは知っていましたが内部事情の詳細はよくわかりませんでしたが、ビットコイナー反省会の動画でよく理解できました。

NEM財団の闇

NEM財団役員選挙のゴタゴタで何が起こっていたかは以下のビットコイナー反省会の動画を見ていただくとほぼ理解できるかと思います。

しかしNEM財団に毎月900万XEMが支払われていたとは驚きです。大きな売り圧力になっていたのでしょう。

個人的にはオープニングとクロージングに流されたヒップホップ曲が気に入りました。

オープニングに使われた曲 The Notorious BTC
クロージングに使われた曲 Crypto Rap Up

ビットコイン相場分析

2019年2月17日現在のBTC相場分析をしてみたいと思います。

2017/2/17 btc日足チャート

移動平均線を見ると下落相場が終わったかのように見えますがそもそも数日前の陽線が最近のBTC相場でよく見られるシンプソン型の急騰です。

この陽線は大口のヘッジファンド的なところが一般投資家のショートポジションを狩り取った跡です。

数日前にシンプソンが発生したのと同様のロングを狩り取る急落があっても不思議ではありません。

一方で移動平均線やMACDに示されているように本当に下落相場の終焉であれば上昇していく可能性もあります。

結論的には今、初心者はノーポジションのほうがよいのではないでしょうか。

大口ヘッジファンドが稼いだ後のわかりやすい下落や上昇の値幅を取りにいくほうが安全だと考えます。決して大きな値幅は取れないでしょうが確実なトレードではないでしょうか。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

投稿者:

Crypto FP

シニア世代が幸せに暮らすための情報を提供いたします。