仮想通貨ネムの将来性について

2017年末から2018年初めにかけ高騰した仮想通貨ネムの将来性について考えてみたいと思います。

ハーベストに感じる仮想通貨ネムの将来性

現在僕の仮想通貨ポートフォリオは以下のとおりです。

約半分の50%をネムが占めています。かなりの割合ですね。

ネムの魅力の一つにはハーベストがあります。ハーベストとはビットコインでいうところのマイニングです。nano Walletにネムを入れておくと勝手に報酬がもらえるというシステムです。

他の仮想通貨のマイニングはある程度高性能なスペックを搭載したPCが求められます。しかしネムのハーベストはPCの性能は関係ありません。計算の速さや保有量などに応じて報酬を支給しているわけではなく、ネムの取引量によってランダムに報酬を支給しているのがネムのハーベストです。

富める者がますます富むというマイニングの世界とは違い、誰でも均等に報酬を得られるチャンスがあるというのはネムの強みの一つだと思います。実際僕は4万円のノートパソコンでハーベストしています。ネムのハーベストは将来的にもっと利用者が広がる気がしています。

開発者に開放されているネムのAPI

APIとはウィキペディアによると以下のとおりです。

アプリケーションプログラミングインタフェースAPI、英: Application Programming Interface)とは、広義の意味ではソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。

簡単に説明するとネムのブロックチェーン技術を使ったアプリを開発しようとした場合に提供されているプログラムのことです。

このプログラムが他の仮想通貨のものと比べ断然簡単らしいです。ある程度基本の形ができた状態で提供されているようです。実際に開発者がこのAPIを利用し提供しているサービスも出てきています。

[aside]XEMBook
NEMアカウント情報に関連した様々なNEM上の活動を確認できる便利サイト [/aside]

今後はより多くのプログラマーの方がネムのAPIを利用したサービスを開発すると思われます。このような開発者にフレンドリーという点でネムの将来性を感じます。

テックビューロ社に依存する半中央集権

ネムの画期的な技術としてトランザクションの処理速度が速まるカタパルトやプライベートブロックチェーンのmijinがあります。

これらの技術はZaif取引所を運営するテックビューロ社に依存したものです。言い換えればテックビューロがこければネムもこけるということです。

この1社の企業に依存した体制はビットコインやイーサリアムと比べ少し不安材料だと思います。

テックビューロは有望な企業だとは思いますが今後どうなるかはわかりません。Zaifのサーバーが頻繁に落ちたり、Bitgirlsとかデビューさせちゃうことを考えると、社長の朝山さんが「もう会社やめます」と言ってもなんら不思議ではありません。

Bitgirlsですからね。ブッ飛んでますよ。

今後のテックビューロ社、一発当たるか、消えていくか、ギャンブルですね。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”damoss” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

 

投稿者:

Crypto FP

シニア世代が幸せに暮らすための情報を提供いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です