ナノウォレットの着金が確認できない時はノード切替を




今まで仮想通貨を取引所でしか持っていませんでした。リスク回避とネムでハーベストがやりたいという理由で所持しているネムをナノウォレット(web上の財布のようなもの)に移すことにしました。

ウォレットは何の問題もなく開設できたのですが、取引所から送金したはずの仮想通貨の着金が確認できません。どうしたらいいのでしょうか。

ナノウォレットの着金が確認できない時はノード切替

 

結論先に言うと着金が確認できない時はノード切替により着金確認できます。

何時間経っても着金確認できない時は「一体僕はどこに送金してしまったんだろう」と焦りました。

公式からウォレットをダウンロードしたつもりだけどフィッシング詐欺?これってもしかしてセルフGOX?5000xemも送っちゃったけど少額にしておけばよかった、とパニックです。

サポートに聞こうと思いましたが英語。

ネット上を検索すると「着金未確認」では欲しい情報が見当たらず、「ハーベストが開始されない」の解決方法としてノード切替がありました。

ノードってよくわからないけど切り替えてみるか、とやってみたらビンゴ。これでした。

ウォレットのノードとは何か

そもそもノードとは何なのでしょうか。事前に調べればいいのですが今回のようなトラブルに見舞われたり必要に迫られたりしないと調べないという学習能力低めの僕です。

Wikipediaによると以下のとおりです。

英語で節、交点、結節点のこと。

  • ネットワークの節点。
    • ノード (ネットワーク) – コンピュータネットワークではサーバ、クライアント、ハブ、ルータ、アクセスポイント等、センサネットワークではセンサ端末。
    • 交通分野においては、交通結節点。
  • 連結リストや二分木、二分探索木における節点。
  • グラフ理論において、リンクによって結ばれる頂点。
  • 交点 (天文)。特に、月の交点。
  • 電子回路において、2本以上の配線が接続される点。回路図では黒丸で描く。
  • Node.js – サーバサイドJavaScriptのフレームワーク。

インターネット接続でいうところのハブやルータの役割のようですね。要するにサーバーと自分のパソコンをつなぐための中継地点。

ノードとはネットとウォレットをつなぐ中継役のことですね。

今回着金確認できたのは、電化製品がうまく作動しない時に電源落として再起動すると直るというあれと同じ現象ですね多分。勉強になりました。

まとめ

ナノウォレットで着金確認できない時はノード切替

次はハーベストに挑戦です。

またトラブルに遭遇したら僕のように困っている人が読んで役に立つよう記事にしていきますのでよろしくお願いします。

damoss
以上です。ご訪問ありがとうございました。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です