儲かる?儲からない?本を読んで仮想通貨の今からを考えた




仮想通貨は今後どのように発展していくのでしょうか。

堀江貴文さんのこれからを稼ごう: 仮想通貨と未来のお金の話を読みました。タイトルだけ見て「稼ぐ」に重点を置いた内容なのかなと思っていましたが大石哲之さん監修ということで仮想通貨を前面に出した内容だとわかったので手に取りました。

仮想通貨は今から儲かる?儲からない?

この本の最初のページに出てくる言葉です。

いつまで君は円建てで人生を考えているんだろう?

儲かる、儲からないというより上の言葉が全てを物語っています。

円建てで考えている時点で古いというかダサいというか前時代的なんでしょうね。

前半は日本で人気のビットコイン、イーサリアム、リップルについての考察が書かれており堀江さんの仮想通貨に対する考え方がよく分かりました。

僕のイメージでは堀江さんは法定通貨と仮想通貨に対して中立的な考えかなと思っていたのですが、この本を読むと割とクリプト寄りだなあと思いました。

評価経済への不安

一番印象的だったのは後半に書かれていた「評価経済への不安」です。

「最強伝説黒沢」というマンガを例に出し主人公黒沢のようなタイプ<若くなく、イケメンでもない独身。努力をするけど空回り。友達も恋人もなく、一度もモテたことがない。自分に自信はないけど承認欲求は高い>

このような「低信用」「低評価」の人たちは今後訪れるであろう評価経済社会は少々生きづらいかもしれないと書かれています。

お金2.0 (NewsPicks Book) やWeb3.0の考え方に触れても未来は評価経済社会が確実に訪れるだろうと思います。

そのような未来に良いポジションを取るには今のうちから試行錯誤しながら行動して信用と評価を獲得しておかないと間に合わないと感じました。

Crypto FP
以上です。ご訪問ありがとうございました。