ビットコイン(bitcoin)におけるP2P(peer to peer ピアツーピア)

ビットコインで出てくるP2Pとはどのような意味なのでしょうか。

ビットコインのP2P(ピアツーピア)

インターネットはプロバイダが提供するサーバーがあり、その下に利用者であるクライアントがいる、いわゆるサーバークライアント方式です。サーバー側が管理している中央集権です。

一方、ビットコインの仕組みはブロックチェーンを利用しクライアント同士がつながるネットワーク方式です。これがP2Pと言われるものです。

中央集権ではない仕組み作りを最大のビジョンに掲げるビットコインにとっては根幹を成す技術といえます。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”damoss” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

 

投稿者:

Crypto FP

シニア世代が幸せに暮らすための情報を提供いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です