退職後の年金受給額確認はねんきんネットで




現在40代、50代の方は退職後のライフプランを考えていると思います。退職後の収入で大きな割合を占めるのが年金です。年金の受給金額確認はねんきんネットが便利です。

自分が今まで支払った年金額をねんきんネットで調べ退職後に備える

ねんきんネットの登録方法は以下のページにアクセスし必要事項を入力します。

後日IDが記載されたハガキが届くので、そのIDと登録時に設定したパスワードでログインします。

ねんきんネット

ねんきんネットでは自分が今まで支払った年金額が表示されます。直近の年間支払額も表示されるので定年までの年金支払金額概算も出せます。

勤続年数が20年、30年となってくると結構な金額支払っていますので確認してみてください。

年別の年金受給金額をねんきんネットで確認する

ねんきんネットでは年金受給開始年度から約20年間分の年間受給額が表示されます。現在の条件で60歳まで働き続けた場合のシミュレーションです。

表示されている年額を12月で割れば1月の年金受給額がわかります。僕自身も計算してみましたが月額にすると最低限の生活は送れるだろうけど、もう少し欲しいなというのが率直な感想でした。

年金支払総額を年間受給額で割って損益分岐点を調べる

例えば60歳までの年金支払金額が1,000万、受給金額が年間200万であったとします。

10.000,000円÷2,000,000円=5年

この方の場合は、65歳から受給し5年後の70歳が損益分岐点です。70歳以上長生きすれば支払った分以上に年金が受給できるという計算です。

僕の場合は受給開始から約7年が損益分岐点でした。72歳まで生きなければ損をしてしまうという計算です。

このように具体的な数字が見えてくると健康面に気を付けて長生きしないといけないなという気持ちが湧いてくるのではないでしょうか。

まとめ

郵送されてくる年金定期便でも同じような情報が得られます。

しかし、ねんきんネットは、気軽に調べられることと最新情報が反映されること、さらには細かい条件設定も可能でかなり正確な年金額を知ることができるという点で優れているのではないかと思います。

damoss
以上です。ご訪問ありがとうございました。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です