移動平均線3本使ったトレンド把握パーフェクトオーダー




短期、中期、長期の移動平均線3本を使い、トレンド把握するパーフェクトオーダーという手法があります。これが初心者にはすごくわかりやすいので紹介したいと思います。

移動平均線(MA)3本使用のパーフェクトオーダー

チャート上に移動平均線(MA)を3本以下のように設定します。

  • 短期(赤)・・・5日
  • 中期(黄)・・・20日
  • 長期(青)・・・40日

移動平均線の上からの並び順で現在のトレンドを把握するという手法です。

移動平均線(MA)昇順

上図のとおりの並び順が見られれば上昇・下降いずれかのトレンドが発生しています。それ以外はもみ合い相場です。

実際のチャートで見るパーフェクトオーダー

実際のチャートで見てみましょう。

2019/01/06イーサリアム

線が細くわかりにくいかもしれませんが下降トレンド中はMAが上から「青・黄・赤」、上昇トレンド中は上から「赤・黄・青」と並んでいるのがわかるかと思います。

なお、MAの日数設定は短期・中期・長期の日数間隔のバランスがとれていれば何日に設定してもよいようです。

2019年始、ファンダ材料も出ているしイーサは買いですね。僕もスイングトレード用資金で少し買ってあります。

なぜトレンド把握が重要なのか

トレード初心者はわかりやすい上昇や下降トレンドでポジションをとる順張りが基本です。最近本を出した200億以上稼いでいるcisさんでさえ順張りです。

初心者にとって一番難しいのは今現在が上昇トレンドなのか下降トレンドなのか、もみ合い相場なのかが判断できないことです。

暴落が終わり少し反発しただけで「トレ転だ!」と思ってしまったり、レンジ相場を上昇トレンド発生と勘違いしてしまったりするのです。

正確にトレンド把握ができないと順張りできません。そのトレンド把握に役立つのが移動平均線3本を使ったパーフェクトオーダーなのです。

これはすごく簡単でわかりやすいのでおすすめです。ナンピンなんてしている場合ではありませんよ。

Crypto FP
以上です。ご訪問ありがとうございました。