定年制度は70歳まで延びるのか




公務員の定年年齢を65歳以上とする案が検討されているというニュースを見ました。おそらく実現し、近い将来70歳まで延長するのではないかと言われています。果たしてこれはシニア世代にとって幸せな事なのでしょうか。

定年制度70歳に感じること

20代で働き始めたとして70歳まで約50年。

50年間同じ職場で働き続けるのは、さすがに長すぎるでしょう。

労働者側から考えて、50年も同じ職場だといくらお金のためとは言っても、さすがに飽きてきてモチベーションも維持しづらいと思います。

また、使用者側としても50年勤務の方にはそれなりの給与と地位を与えなければなりません。

これは労使にとってあまり良い状態とは言えないのではないでしょうか。

中高年は使えないのか

組織、特に最前線の現場は、若い人中心に回っているところが多いと思います。若いほうが時代の流れに敏感に反応できますし、体力もあります。

40代で管理職となり50歳半ばで役職定年、あまり重要でない部署へたらい回し。このような会社のお荷物コースを進む団塊ジュニア世代が大量に発生し組織を蝕んでいくケースが増えそうです。

しかし、こういった中高年は知識と経験があります。これを活かし仕事に対するモチベーションを取り戻す方法はないのでしょうか。

40代の就活市場が必要

70歳までの50年間の職業人生を半分で分け、約25年目の40代半ば過ぎの転職市場が必要なのではないでしょうか。

現実は、40歳過ぎのおじさんの再就職は非常に困難です。それが分かっているから皆、嫌々今の会社にしがみついており、組織のお荷物と化していきます。

中高年も使い方次第で十分な労働力となると思うので、もう少し市場が受け入れる態勢を整えれば生産性の高い組織作りができるような気がします。

ステージ移行期間が必要

理想を言えば、最初の20何年勤め終わった後、「自分はこれからの職業人生で何がしたいのか」という自分を見つめ直す充電期間があると良いです。

この充電期間に自分の興味のある事、好きな事を小さく実践しながら次のステージに移行していくのが理想的だと考えます。

しかし、これには各家庭の経済状況等、複雑な要因が重なるため困難なケースが多々あるでしょう。

定年を考える際のおすすめ書籍

この本を読んで輝かしい定年後を過ごしている方は全て40代後半から50代前半に第ステージの準備を開始していることを知りました。

また、この本では人生100年時代に突入しているから、それに合わせたライフプランを再構築する必要性があることを知りました。

まとめ

人生100年時代を乗り切るには、在職中に何らかの準備をしていくことが必要不可欠だと思います。

金銭面、精神面ともに充実させ、安心で幸せなシニアライフを送りたいですね。

damoss
以上です。ご訪問ありがとうございました。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です