仮想通貨相場の格言「噂で買って事実で売る」




相場の格言として「噂で買って事実で売る」というのがあります。

2018年9月のリップル高騰もこの格言に当てはまるのではないかと感じてキーボードを叩いています。

「噂で買って事実で売る」相場の格言でリップルはどうなる

わずか3日ほどで約3倍の価格に高騰したリップルです。

人気の通貨だけに最近の下落相場で元気の無かった仮想通貨界隈が盛り上がっていたような気がします。

2017年末の仮想通貨バブルを彷彿させる値動きです。

上昇要因としては10月1日、2日に行われるリップル社主催のカンファレンスSWELL2018がファンダメンタル的に大きいのかなと思います。

クリントン元大統領がスピーカーってすごいですね。

相場の格言に「噂で買って事実で売る」というのがあります。これは何か大きなファンダが控えていると事前に買いが殺到し、いざイベント当日になると買い余力がなくなり利確のため売りが優勢になるという現象です。

リップルは噂で買って噂で売る!?

リップルの場合もSWELLの日程が近づくにつれ価格が上昇し、ついにMoonしました。月まで飛びましたね。

そしてSWELLまで約1週間あるにもかかわらず買い余力が無くなったように見えます。

リップルは2017年も数回「噂で買って事実で売る」現象があったように記憶しています。

今回はイベントを待たずして下落が始まるという新しい展開です。さすがリップルトレーダーは学習能力が高い。事実の前に売りを仕掛けるという高等テクです。

リップルは噂で買って噂で売る

もうリップルにとって事実は必要ないのではないでしょうか。

Crypto FP
以上です。ご訪問ありがとうございました。