サウナが健康に効果的である11の理由

サウナは健康に良いという何となくのイメージはありますが、具体的にどのような効果があるのでしょうか。調べてみました。

サウナの効果で健康ライフを送りましょう

日本サウナ・スパ協会によると、サウナが健康に良い理由が11挙げられています。さっそく一つずつ見ていきましょう。

①酸素摂取をよくして疲労回復

サウナに入ると血流は安静時の2倍近く亢進します。その結果酸素の摂取量が増え、筋肉疲労物質を分泌するなど、肉体疲労を回復し、エネルギー再生産がなされて疲労回復の効果が上がります。

血流2倍はすごいですね。

僕が良く行くサウナはブルーカラー層が多い気がします。普段体を使った仕事をしている方にとっては、仕事終わりのサウナは疲労回復にもってこいなのでしょう。

②温度刺激でストレス解消

サウナによる高温の空気が全身の皮膚を刺激し、中枢神経の興奮が高められます。これによって、神経による身体機能の調整が促され、ストレスの解消になるのです。

現代人の多くが抱えるストレス。これを食事やお酒で解消しようとすると体を壊します。買い物やギャンブルも危険。サウナの温度刺激でストレス解消できるなら体にも財布にも優しいですね。

③血管が拡張して血圧低下

入浴の直後は一時的に血圧が上昇しますが、その後血管の拡張によって最高血圧・最低血圧ともに低下します。特に最低血圧の低下は、高血圧の人にとって、サウナならではのうれしい効果です。しかし残念ながら入浴後は次第に普段の血圧に戻ります。

高血圧にも効果があるのですね。仕事柄シニア世代の健康診断結果を見る機会があるのですが、高血圧の方多いです。サウナに行きましょう。

しかし高血圧の方は無理は禁物です。以前通っていたサウナで入浴中に倒れ救急車で運ばれていった方を2度目撃しました。自分に合った入浴法でサウナを楽しんでください。

④低温サウナは安眠効果

低温サウナにゆっくり入ると、鎮静作用が働きます。活動的な昼のリズムから休息のリズムへの自然な転換がはかれ、快適な睡眠に役立てることができます。営業サウナでは下段の椅子に座るとよいでしょう。

不眠症で悩んでいるような方には寝る前のサウナは良いでしょうね。

⑤血行促進で肩こり解消

肩こりや筋肉痛の原因は、主に筋肉の過度の緊張や血流の不足です。サウナ浴をすると血行がよくなり、筋肉内を循環する血液量が増え、汗と共に疲労物質(乳酸)が排出されるので、肩こり、腰痛などの神経感覚的症状が改善されます。

スーパー銭湯にはよくジェット風呂や滝に打たれるような風呂があるので、それとサウナと組み合わせて入浴すると肩こりには効果的な気がします。

⑥減量効果

サウナに入ると大量の汗をかきますので、入浴後に体重を計れば1㎏くらい減っています。しかし入浴後は適度の水分補給が必要です。減量は運動や食事とサウナを組合わせるとより効果的です。

これは確かにありますね。「サウナ⇒水風呂」を5回程度繰り返すといつも1kgほど体重は減ります。しかし、サウナ後にお酒や食事を大量に摂取するとすぐ戻るというか増えます。

サウナ後のビールは美味しいんですよねえ。

⑦自律神経を調節して血管強化

サウナの温度刺激は自律神経の調節力を高め、血行をよくします。また毛細血管内の血流も促進されます。

自律神経系の病気を持っている方はよく利用するというのは聞いたことあります。

⑧心臓機能も亢進

サウナに入ると脈拍がしだいに増えてくることからわかるように、心臓の血液拍出量が増加します。したがって血液循環量も増え、酸素や栄養が全身によく供給されます。

僕は健康診断で軽度の不整脈でいつも引っかかるので心臓機能に効果あるのは嬉しいですね。

⑨交代浴で自律神経の訓練

交代浴といって、サウナと冷水浴・冷水シャワーなどを併用する入浴法があります。交代浴による温度変化は、自律神経系の訓練となり、それによって自らの器官機能を調整しますので、大きな健康効果が期待されます。

この交代浴は本当におすすめですね。結構集中力が高まって考え事などする時に良いと思います。

⑩汗腺・皮脂腺も清潔に

サウナによる筋温や血液温の上昇によって老廃物や疲労物質は、汗とともに体外に分泌されます。
体温が約38℃になると、全身の汗腺から汗がでます。同時に毛穴にある皮脂腺からあぶらが、アポクリン腺からは鼻を刺す臭いがでて、汗腺の機能を高め、皮膚や皮下組織を洗浄します。

これがサウナのコンディショニング効果で、疲労をいやし、労働や運動に適した身体状態をつくります。

体がきれいになって明日からの仕事もがんばれると。

⑪身体を温めるとHSPも増加

私たちの身体は約60兆という数の細胞で作られており,そのほとんどがタンパク質からできています。その細胞に熱を加えると細胞内のタンパク質は損傷を受けますが同時にHSP(ヒート・ショック・プロティン)というタンパク質が生まれます。

このHSPは損傷を受けたタンパク質を元通りに修復します。細胞は高熱だけでなく疲労、汗腺、血管の梗塞、虚血状態、紫外線などさまざまなストレスによっても損傷を受けますが,これらの細胞異常に効果があるのがHSPです。冷えは万病のもと、身体を温めると病は治ります。

細胞が復活して病気も治る。

まとめ

素晴らしかったですね、サウナの効果。ではまとめてみます。

  1. 酸素摂取をよくして疲労回復
  2. 温度刺激でストレス解消
  3. 血管が拡張して血圧低下
  4. 低温サウナは安眠効果
  5. 血行促進で肩こり解消
  6. 減量効果
  7. 自律神経を調節して血管強化
  8. 心臓機能も亢進
  9. 交代浴で自律神経の訓練
  10. 汗腺・皮脂腺も清潔に
  11. 身体を温めるとHSPも増加

以上、サウナが健康に効果的である11の理由でした。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”damoss” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

投稿者:

Crypto FP

シニア世代が幸せに暮らすための情報を提供いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です