サウナにおける湿度の大切さ




サウナというと温度が強調されがちですが、体感温度には湿度も密接に関わっています。サウナと湿度の関係について調べてみました。

サウナの湿度

サウナというと温度が気になりますよね。一般的には80℃~90℃くらいでしょうか。時々高温サウナで100℃前後の部屋もあります。

しかし、人間が感じる熱さには湿度も大きく関係しています。

サウナ室の湿度は10%~15%です。

かなり乾燥している状態が保たれていると言えます。

なぜ湿度が大事か

公益社団法人日本サウナ・スパ協会によると以下のとおりです。

人のからだは100℃の湯に入ったら瞬間に大やけどをします。にもかかわらず、サウナは100℃という高温なのに、なぜやけどをしないのだろうと不思議に思うでしょう。サウナではやけどどころか、むしろ快適と感じるのです。水と空気では身体への熱の伝わり方が大きく異なります。この違いがやけどをするかどうかの違いです。

さらに湿度について、

例えば、室温28℃を示しているアルコール温度計を浴槽に入れると瞬間的に湯温 の40℃に達する時間が0.5秒としましょう。同じ条件でサウナ(40℃の室温に入れる)に入れて計った場合は約300秒かかります。これは水の場合の熱の伝わり方が空気の場合の約600倍であるといえます。

つまり、100℃のサウナでやけどをしない理由は、空気と水の熱の伝わる速さの違いがあるから、とのことです。

サウナ店によっては湿度を上げるサービスも

僕が時々行くサウナ店では、決まった時間に店員さんがサウナ室に入ってきて、ワインやレモンなどの香料のついた水を熱源の石にかけて湿度を高めるサービスがあります。

さらに、高まった湿度を帯びた空気を大きなうちわで、その時サウナ室にいる一人一人に10回づつ仰いでくれます。これはかなり熱く、汗が一気に噴き出します。

10回では物足りないという強者もいて「おかわり」と言うともう10回仰いでもらえます。

僕もそうですが、サウナに慣れてくるとより高い温度でないと満足できなくなります。そういったサウナユーザーにとってはありがたいサービスです。

まとめ

  • サウナの湿度は10℃~15℃
  • 湿度が高ければ高いほど熱く感じる

シニアの方は、温泉やスーパー銭湯が好きな人が多いですよね。時々サウナ室でシニアの常連さんが「ここに通い出すと家の風呂では満足できないな」と話しているのを耳にします。

僕自身は若い頃からサウナ好きで時間があるとよく行きます。僕の場合、サウナは最低2~3時間かかるので、まとまった時間が必要です。

今は結婚して小学生の子どもが2人いるので、家族サービスや家事・育児に時間を取られ思うようにサウナに通えてないですが、もう少し子どもが大きくなって自分の時間が増えた時にはサウナ通いを復活させたいと思っています。

damoss
以上です。ご訪問ありがとうございました。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です