下降トレンドで「売り」から入ることを覚える

現物買いから入ることは抵抗なくても「売り」から入ることは躊躇する方は多いと思います。

しかし「売り」から入ることを覚えればわかりやすい下降トレンドでエントリーできるというメリットがあります。

わかりやすい下降トレンドでエントリー

明らかに下落することがわかっている下降トレンドが発生したとします。

現物買いしかポジションをとれない環境の方は指をくわえて見ていることしかできません。

しかし売りから入れる環境の方はこのような下落トレンドでポジションをとることができるという強みがあります。

なぜ「売り」から入りにくいか

売りでエントリーする場合、信用取引を行う必要があります。

現物買いの場合はあまり破産したというような話は聞きませんが、信用取引(FX)の場合、「ロスカットされた」「証拠金とばした」「追証きた」という怖い話はネット上には珍しくありません。

信用取引が怖いのはレバレッジ取引ができるという点です。預け入れた証拠金にレバレッジをかけ何倍もの取引ができます。

現物買いよりも何倍も利益を上げる可能性がありますが、何倍も損害を被る可能性もあります。

特に倍率の高いハイレバレッジをかけた取引ではエントリーしたポジションから少し反対方向に値動きするだけで簡単にロスカットされてしまいます。

適切な資金管理で売りから入っても安心

信用取引を利用する理由はわかりやすい下落トレンドを確実にとるためです。レバレッジをかけ多く儲けようという気はありません。

レバレッジは1倍で十分です。

レバ1倍であれば現物買いと変わりません。ロスカットされる心配は限りなくゼロに近づきます。

逆指値がうてる

信用取引の最大のメリットはレバレッジではなく逆指値がうてることだと思います。

自分がエントリーしたポイントから逆に値動きした場合、逆指値を置いておけば自動で損切りしてくれます。損害を最小限に抑えることができるのです。

逆指値が打てない現物取引では放っておけば含み損がどんどん大きくなりますが信用取引では損切り額をコントロールできます。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”Crypto FP” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

投稿者:

Crypto FP

シニア世代が幸せに暮らすための情報を提供いたします。