【土日投資】仮想通貨ガチホして2025年までに億り人を目指す(2018/05/05)




仮想通貨長期保有の結果報告です。2025年までガチホして億り人を目指します。

特に投資初心者は短中期トレードよりもまず長期保有投資で安定した資産を確保することをおすすめします。投資経験をある程度積んだうえで短中期トレードに挑むべきだという考え方です。

仮想通貨の長期保有投資ガチホ結果報告

Bitcoin

市場価格 購入コスト 損益
1,117,400円 1,031,600円 85,800円

今週は、ゴールドマンサックスが仮想通貨市場参入意向を示すという大きなニュースがありました。やはり2018年は機関投資家の参入年です。

しかし、改めて思うのは国や大企業など権力を持っている機関が介入してきても、その非中央集権性、decentralizedを貫き通すビットコインのブロックチェーンシステムはかっこいいですね。ロックです。

Ethereum

市場価格 購入コスト 損益
862,000円 492,100円 369,900円

アメリカでリップルとともにICOからスタートしたイーサリアムは証券なのではないかという議論が巻き起こりました。証券と見なされれば当然仮想通貨取引所では取扱いができず証券会社で売買するという形となります。

これからは仮想通貨市場の純利益を狙った証券会社の思惑とセキュリティー技術の確保がしたい仮想通貨取引所との吸収合併やM&Aの話が多く出てくるのかもしれないなと思いました。

そういった意味ではハック事件をきっかけにマネックスの傘下に入ったコインチェックは偶然にも最先端を走っているのかもしれません。

NEM

市場価格 購入コスト 損益
910,000円 499,900円 410,100円

ネムハック事件から初の和田元社長のツイートがありました。

苦労をかけたNEMコミュニティーに一言ないのかという意見も目にしましたが、まあいいんじゃないでしょうかね。あれだけの事件があったにもかかわらず逃げずにここまで立ち直す27歳なんてそうそういないと思います。

COMSA(Mosaic)

市場価格 購入コスト 損益
143,400円 510,100円 △366,700円

メジャーなアルトコインに上昇気配があるのにコムサは全く動きがないです。チャートの形はペナント(三角もち合い)から下げですかね。

コムサのテレグラムにテックビューロヨーロッパ社員の投稿で「IP.Goldは最初のICO支援にすぎず案件がいくつか控えている」とか「Binanceへの上場が決定していてる」という情報を見ました。

真偽のほどは定かではないですが、この程度の情報にすがるしか希望を見出せないところが悲しいところです。正にワラにもすがる思いです。

僕の場合は含み益のコインがあるのでまだ気が楽ですが出川ガチホ組は毎日このような思いをしているのかと思うと頭が下がります。出川ガチホ組生存率は高くはないとは思いますが。

まとめ

市場価格 購入コスト 損益
3,032,800円 2,533,700円 499,100円

ベンチマークであるビットコインが上昇トレンドなのでいい感じですね。

昨年高騰したGW前後の動きをなぞるのではないかというようなツイートをよく目にします。しかし昨年は個人投資家の参入が高騰の要因でしたが、今年のポイントは機関投資家の参入だと思います。

個人投資家と機関投資家では投資金額や参入タイミングは全く異なると思うので去年と同じような動きはしないのではないかなと個人的には思っています。

Crypto FP
以上です。ご訪問ありがとうございました。