相場状況によって使い分けるテクニカル指標




チャート分析するためのテクニカル指標にはトレンド系とオシレーター系の2種類があります。相場状況を見極め使い分けることが必要です。

トレンド系のテクニカル指標

上昇トレンド、下降トレンドを発見し売買サインを出すのがトレンド系のテクニカル指標です。

  • 移動平均線
  • MACD
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表

代表的なものは以上です。

出川組として相場で生き抜くためには上昇・下降トレンドを確実にとっていく必要があります。その意味でもトレンド系のテクニカル指標は重要です。

オシレーター系のテクニカル指標

オシレーター系テクニカル指標の役割はトレンドの過熱状況を分析し売られすぎ、買われすぎを示します。それによりトレンド転換を事前に発見します。

主にはレンジ相場で機能することが多いです。

  • RSI
  • ストキャスティクス

テクニカル指標使用でよくある失敗例

よくある失敗例としては上昇・下降トレンドなのにRSIやストキャスティクスを頼りに売買してしまうことです。

上昇・下降トレンドではオシレーター系はダマしばかりで全く機能しません。

オシレーター系指標はレンジ相場で機能しやすいです。

出川組はレンジ相場に手を出さないほうがよいです。すなわちRSIやストキャスなどのオシレーター系テクニカル指標は使わないほうがいいということです。

Crypto FP
以上です。ご訪問ありがとうございました。