ビットコイン(bitcoin)の購入方法 ~初心者が安全に楽しむために~

ビットコインって話題になってるし使えるお店も増えてきたので試しに一度購入してみたい。でも怪しそうだし詐欺や犯罪の話も聞くし大丈夫かな、と思っている方は多いのではないでしょうか。

ここでは初心者でも安全に楽しむことができる方法を紹介したいと思います。

ビットコインの購入方法

ビットコインの購入方法は取引所や販売所など色々ありますが少額でスタートする場合は、コインチェックがおすすめです。理由は以下の通り。

[aside type=”boader”]コインチェックおすすめの理由

  • 5,000円程度の少額で始められる
  • アプリが使いやすく、見やすい
  • ビットコインだけではなく10種類以上のアルトコインも購入可能
  • 扱っているアルトコインは年単位で見るとどのコインも安定して価格が上昇している
  • チャット機能もあり暴騰、暴落に一喜一憂しているデイトレーダー(?)的な方々の姿が見れて面白い
  • ビットコインで電気代を支払える仕組みもあってお得

[/aside]

 

僕自身もまだ使い始めて間もない初心者ですが、とても便利で楽しいです。

取引所リスク

ビットコインには取引所リスクがあります。2014年にはマウントゴックス事件があり、多くの方のビットコインが消滅しています。そのため多額の資金を投入する場合は一つの取引所だけでなく複数の取引所を利用しリスク分散したほうが賢明だと思います。

僕はまだ少額で遊んでいるだけなのでコインチェックだけでいいと今は思っていますが、将来的には複数の取引所を使っていきたいと考えています。

投機ではなく投資目的で

ビットコインは暴騰、暴落が短期的に引き起こされるため投機的商品に見られがちです。

[aside]memo
投機とは、ハイリスクのもとで短期的な利益の確保をめざすこと [/aside]

投機、言い換えるとギャンブルですね。僕自身も以前スロットや競馬にハマった経験がありますが、よほどの才覚が無い限りギャンブルで安定的に収益を上げることはできないと思います。

ビットコインが面白いのはこうした投機的な一面と同時に長期的視野でセカンドライフ資金等将来のためのお金として育てていく、いわゆる育てるお金としての側面も兼ね備えている点です。

まとめ

ビットコインは、株や投資信託のように法律や投資者保護の整備がなされていないため投資リスクは高いです。しかしパチンコや競馬にお金を使うよりは、はるかに安定していると思います。お小遣い程度のお金で遊ぶには最適なのではないでしょうか。

競馬で万馬券を狙いにいったり、スロットで一発10万出る台を探したりするよりも、 コインチェックで10年後に100倍、1000倍になる第2のビットコイン狙いをしていったほうが収益化できる確率は高いような気がします。

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”damoss” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

シニアの年齢って何歳からなの?

シニアの年齢の定義はあるのか

シニアという名称でイメージするのは上品な中高年齢層だと思いますが明確な定義はあるのでしょうか。少し調べてみたところ「シニアは〇〇歳から」という明確な定義は無いようです。定義がないということは各個人が主観的にイメージする年齢ということになります。

ビデオリサーチが実施したアンケート結果によると呼び名による年齢のイメージは以下のとおりです。

この結果によると呼び名から連想される年齢のイメージは、

  • シニア 50代後半~60代前半
  • シルバー 60代後半
  • 高齢者 60代後半~70代前半
  • 老人 70代前半

という結果となりました。

しかし普段仕事で高年齢層に接している僕の感覚からすると70代前半の方を「老人」と呼ぶと確実に怒られます。20年以上今の仕事をしていますが、高年齢層の方々は以前に比べ見た目や行動など確実に若返っているような気がします。

このアンケート調査ではもう一つ面白い調査結果がありました。

70代以上の方にとっては43才までは「男子・女子」なのですね。若者は25歳までというイメージなのに男子・女子の年齢が幅広いです。そして70代以上の方は「男子・女子」からいきなり「おじさん・おばさん」になっていきます。まるで浦島太郎状態。

このように呼び名というのは世代や時代によって変遷していくものだということが分かりました。

シニア世代におすすめの資産運用記事はこちら。

[kanren postid=”670″]

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”damoss” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]

仕事がつらい、つまらない人への3つのアドバイス

ある調査によると日本人の94%は仕事に対して無気力でやる気がないとの結果が出ています。仕事がつらい、つまらないというのは社会人であればごく普通の感情だと言えます。

でも、そのまま何もせず放置ではストレスが溜まり病気になるかもしれません。少しでも改善できる方法があれば知りたいですよね。

そこで、つらい、つまらない仕事が少しでも楽しくできる方法を考えてみました。

仕事がつらい、つまらないのは好きな事ではないから

単純に仕事に興味がないから、つらい、つまらないと感じてしまうと思います。逆に今やっている仕事の一部分に自分の趣味や好きな事を入れてみてはどうでしょう。少しはやる気が出てきて楽しくなるような気がします。

僕の場合は、音楽を聴くのが趣味なのですが、イベントのBGMで自分のipodの音源を流すことにし、あれこれ選曲した経験があります。いつもの仕事の何倍も楽しめました。

このようにいつもの仕事に何か一つ好きな事を入れるだけで随分気持ちは変わるような気がします。

人間関係の悩み

人間関係が上手くいかなくて、仕事がつらいという方も多そうです。

相性というのは必ずあります。相性合わない相手や、部下を潰して出世していくクラッシャー上司に当たってしまうと災難としか言いようがありません。

運が悪かった、交通事故だと思い相手が異動・退職等で去っていくのをひたすら待つしかありません。

もし人間関係が原因で体調崩すことがあるようなら迷わず逃げたほうが良いと思います。仕事ごときにそれほど真剣にならなくても良いです。

タモさんの名言で僕の好きなものを貼っておきます。

真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!

副業を始めてみる

本業がつらいなら好きな分野で副業を始めてみるというのはどうでしょう。

副業はこれからの人生100年時代において重要になってくる気がします。収入源が一つよりは複数あったほうがリスク軽減にもなります。体力・気力が衰えてくる定年後も安定した収益があるというのは心強いと思います。

中高年シニア世代におすすめしたいのは在宅でできるネットビジネスです。体力・気力では若者に負けてしまいますが、ブログやアフィリエイトなど知識や経験を生かしたネットビジネスはシニア世代の得意とするところだと思います。

副業を考える場合、本業と少し接点がある分野を選ぶほうが良いと思います。理由は今まで培ってきたスキルや経験を活かせるからです。

また、特別スキルを持っていなくても可能なネットビジネスも沢山あります。

例えば、ランサーズというクラウドソーシングなどは特別スキルがなくてもできそうな仕事の募集が多く掲載されています。

ランサーズ

また、ライティングに特化したクラウドソーシングもあります。

【サグーライティングプラチナ】

ライティングのスキルアップができて、お金も稼げるのは魅力的です。僕もやってみようかと思っています。

まとめ

「仕事はつらいのが当たり前、耐えろ」という古い考えのオジサン管理職は未だ多そうですが、もうそんな時代ではないと思います。我慢と忍耐を重ね会社の奴隷のように働く必要はないと思います。

自分の好きな事をマネタイズできるサービスやツールもどんどん出てきていますで、上手く利用して幸せなワーキングライフを実現したいものです。

 

[voice icon=”https://damoss.net/wp-content/uploads/2017/08/cropped-.jpg” name=”damoss” type=”l”]以上です。ご訪問ありがとうございました。[/voice]